アメリカンカールの魅力は耳だけじゃない!子猫のような性格も人気

外側にカールした耳が特徴的なアメリカンカール。ペットショップで見かけることも多いですが馴染みがない人も案外多いですよね?

この不思議な耳を持った猫、アメリカンカールっていったいどんな猫?性格は?猫のピーター・パンと呼ばれる由縁は?

そんな知っていそうであまり知らない、アメリカンカールについて今回はご紹介します。

アメリカンカールの基本情報

ただ耳が反り返っている。それだけなのに他の猫と一線を引く可愛さを持つアメリカンカール。果たしてアメリカンカールとはどんな猫なのでしょうか?まずは基本情報をご紹介します。

体重と身体の特徴

アメリカンカールの平均体重は3~5Kgと平均の猫よりやや軽く、スレンダーでバランスのよい身体をしています。

根本が太く先に行くほど細くなる尻尾は、身体と同じ長さがありスレンダーな身体をさらに優美な印象にしてくれています。長方形の身体は強くてしなやかな筋肉がついていて、意外と骨太です。

アメリカンカールの最大の特徴である耳、耳が外巻きにカールしているのは突然変異で起きた軟骨の変形によるものです。

アメリカンカールの写真

あくまでも突然変異でおきたもので、奇形ではなく優性遺伝だと言われています。

外側に耳がカールした猫の両親から産まれた子猫は100%カール耳の子猫が産まれます。

産まれた時はどの子猫もまっすぐな耳をしていますが生後1週間から徐々に後方にカーブし始め、生後3ヶ月ほどで目に見えたカーブを描くようになります。

耳のカーブは最低でも90度の弧を描くことが理想とされていますが、少ししかカーブしていない個体もいれば180度以上カーブしている子も存在します。

目のカラーと特徴

クルミ型の大きな目がとても魅力的です。目のカラーの種類はとても多く、グリーン、ヘーゼル、イエロー、ゴールド、サファイアブルー、オッドアイなどが見られます。

被毛のカラーと特徴

被毛カラーやパターンも種類が多く、ダビー&ホワイト、チョコレートスモーク、シールポイント、ホワイト、ブラック、クリームなどあげだしたらキリがないほど存在します。

人気のカラーはホワイトで真っ白な身体にフワフワの毛、カールした愛らしい耳は愛猫家の中でも人気が高いです。

被毛は長毛種、短毛種が存在し一般的に短毛種のことをアメリカンカールショートヘアと言います。シルクのような、なめらかな被毛を持ち長毛種は尻尾がフサフサしています。脱毛は少な目なので手入れが楽なのも特徴の一つですね。

歴史

アメリカンカールが誕生するきっかけとなったのは1981年、カリフォルニア州に住む夫婦が玄関先で見つけた子猫に魅了されたことから始まります。ブラックの艶やかな被毛を持つその子猫は不思議なことに外側に耳がカールしていました。

その子猫を保護して飼い始めたこの夫妻の元でこの猫は半年後出産をします。すると4頭産まれたうちの2頭の子猫の耳が外側にカールしていました。

こうしてアメリカンカールのブリーディングが始まり僅か2年で新猫種として登録されるまでに個体数を増やしました。

また同じ耳の特徴を持つ猫として内側に耳がカールしているスコッティシュフォールドがいます。

スコティシュフォールドのたれ耳は奇形であり、身体の弱い個体が多いことで知られていますが、アメリカンカールは健康な猫の突然変異であり身体が弱いということもありません。

まだ繁殖が開始されてから年数が経っていない為、現在は健全な品種とするために雑種猫との交配を認めている団体も多く、アメリカンカールはまだ経過途中の猫種なので特徴が変わっていく可能性もあります。

アメリカンカール意外の雑種猫との交配も認められているため、耳がカールしていない個体も存在しています。もし、アメリカンカールの購入を考えている方はそのあたりも含めて検討してください。

アメリカンカールの性格と飼い方

アメリカンカールは見た目の魅力はもちろん、その性格もとても魅力的です。アメリカンカールの気になる性格と飼い方をご紹介します。

性格

アメリカンカールはとても好奇心が強く甘えん坊で、成猫になっても子猫のような性格をしています。そのため「猫のピーター・パン」と呼ばれています。

この人懐っこい無邪気な性格もアメリカンカールの魅力の一つで表情豊かでキュートな猫にメロメロな愛猫家が後を絶ちません。

人見知りも少なく、暇つぶしに人間にちょっかいを出したり子供や他のペットと遊んであげたりと、とても親しみをもって接してくれます。家族に対する愛情表現もわかりやすくしてくれるので、犬のようだと言われたりします。

遊び

運動量は多い猫ですがハンティングは好みません。ちょっとした遊び、たとえば小さな猫じゃらしを追いかけたりちょっとしたおもちゃで遊んだりといった方が好みに合っているようです。

人にかまわれることは好きなので一緒に遊べるおもちゃを使ってちょっとした遊びをしてあげるようにしましょう。ただ十分に運動できる空間は用意してあげましょう。

留守番

人にかまわれることが大好きな猫種なので留守番は非常に寂しがります。長時間の留守番をしなければいけない家庭なら2頭飼育することを初めから検討するようにしましょう。

テリトリーへの執着は少ないので、多頭飼いでもトラブルは起きにくい猫なので安心してください。

ブラッシング

アメリカンカールは抜け毛が少ない猫として知られています。絡まないように週に数回ブラッシングをしてあげるだけでいいのでお手入れが非常に楽です。

耳のケア

アメリカンカールの耳は非常にデリケートなので触るときは注意をしてあげましょう。また外側に耳がカールしている特性上、耳のケアが重要になってきます。

耳の掃除などは丁寧に行わないとケガの原因にもなりますので十分注意してあげましょう。

アメリカンカールのかかりやすい病気

基本的に遺伝疾患などはないとされていますが、まだ比較的新しい猫種なのでこれから見つかる可能性は十分にあります。

アメリカンカールの平均寿命は15才程度なので、年齢にあった猫の病気に注意を向けるようにしましょう。

特に猫のかかりやすい病気、腎不全、結石、心疾患、肥満などには注意を向けるようにしてあげてくださいね。

また長毛種なので毛球症には注意が必要です。毛球症とはグルーミングしたときに飲み込んだ自分の毛がお腹の中に溜り吐き出せなくなる病気です。ブラッシングはこまめにしなくてもいいですが定期的に行うようにしましょう。

アメリカンカールの購入方法

ペットショップでも時々目にするアメリカンカールですが、小さなペットショップだと取り扱っていない場合も多いです。

アメリカンカールが欲しい場合は、お近くのブリーダーやキャッテリーを探すのが一番確実な方法です。

アメリカンカールは特に新しい猫種なので、信頼できるブリーダーを探しアドバイスを受けながら飼育をする方が安心です。

購入平均価格は10万~15万円程が多くチャンピオン猫を両親に持つ場合は20万円近くになることもあります。

近年アメリカンカールの人気は高まってきているので、里親募集サイトで見かけることも稀にあります。

里親制度を利用すると生体代金がかからない他、事情があり飼えなくなった飼い主からもらい受ける、捨てられた猫をもらい受けるなど、猫の命を助けることもできます。

ただし、里親制度を利用する際多くの場合はワクチン代やそれまでにかかった医療費を支払う他、里親になるに当たって適しているのかの審査があります。

ワクチン代や医療費は合わせて平均 2万円程の支払い、審査内容は猫を飼育できる環境かの訪問チェックと経済力、人柄、年齢、家族構成、先住猫の有無などがあります。

里親になる審査は、その人がその猫を最後まで責任を持って飼えるのか?虐待したり物みたいに捨てないか?などをしっかりと判断するために行われます。

少し手間はかかりますが、猫を救うことができる素晴らしい制度なので是非里親制度を利用することを一度検討してみてはいかがでしょうか?

アメリカンカールは性格も愛らしい

アメリカンカールの最大の特徴であるカールした耳はやはり魅力的ですが、その人懐っこい性格も可愛くまさにいつまでも無邪気な子供といったところですよね。貴方もアメリカンカールを家族に迎えてみてはいかがでしょうか?

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ