猫がチャオチュールに夢中になる理由。原材料・成分と利用法を解説

猫が大好きなおやつといえば、CIAOちゅ~る。「チャオチュールを食べない猫はいない」「必死で食べるけど、なにか危ないものでも入っているのでは?」などと言われるほどの人気です。

おとなしい猫でも目を輝かせて食べる姿がかわいくて、ネット上にもたくさんの写真や動画が投稿されています。

飼い主さんが手に持ったチャオチュールを熱心に舐めたり、自分で持って食べたりする姿には、つい笑ってしまいますよね。そんな、猫が夢中になる「チャオチュール」の秘密に迫ります。

夢中になる猫ちゃん続出。魅惑のチャオチュール

CIAOちゅ~る(チャオチュール)は、猫用のスティックタイプの液状おやつです。作っているのは、いなばペットフード株式会社。

チャオチュール商品イメージ

開封したとたん、猫の好きな香りが漂うため、猫の嗅覚をくすぐります。

たいていの猫が大喜びで食べるこのおやつは、1回分ずつパウチに入っていて値段もお手頃のため、飼い主さんにもありがたい商品です。

どれにしようか迷うほどの豊富な種類

チャオチュールには、「まぐろ」「かつお」「とりささみ」などのスタンダードなものから変わり種まで、たくさん種類があります。

「11歳からの」シリーズ、「子猫用」シリーズ、「エナジーチャオチュール」「ミルキーチャオチュール」「グルメ」(コラーゲン入り)シリーズなど、豊富な品揃えです。

チャオチュールに入っているものと安全性は?原材料・成分を解説

爆発的人気のチャオチュールには、あまりの人気さゆえに、猫の体に悪いものが入っているのではないかと心配されます。「まぐろ」を取り上げて、その成分を見ていきましょう。

原材料 まぐろ、まぐろエキス、タンパク加水分解物、糖類(オリゴ糖等)、植物性油脂、増粘剤(加工でん粉)、ミネラル類、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、ビタミンE、緑茶エキス、紅麹色素。(緑茶消臭成分配合、国産品)。
成分 粗たんぱく質7.0%以上、粗脂肪0.2%以上、粗繊維0.1%以下、粗灰分1.5%以下、水分91.0%以下、カロリー約7kcal/本

原材料に含まれる増粘剤(加工でん粉)は、合成されたデンプンであり、その原料は不明です。内容によっては、アレルギーを引き起こす場合もあります。

増粘多糖類は食品添加物。調味料(アミノ酸等)は、化学調味料で添加物。紅麹色素の紅麹はカビの一種で、人間に対してもその安全性は確立されていません。

本来、添加物は猫に不要のもの。濃い味に慣れてしまうと、無添加のフードに戻れなくなってしまいます。

塩分が含まれているので、腎臓病を患っている猫、高齢の猫には与えすぎないようにしましょう。

また、水分が多く柔らかい食べ物なので、口の中が汚れやすくなります。歯磨きをするなど、衛生面にも注意が必要です。

1日4本まで…でもチャオチュールは毎日与えても大丈夫なの?

チャオチュールのパッケージには「1日4本まで」と書かれていますが、それでは塩分の摂り過ぎになりますし、肥満にもつながります。1日1本までにしましょう。

チャオチュールに限らず、おやつを毎日与えていると、おやつばかりを食べて、肝心の食事をあまり食べなくなる恐れがあります。

おやつは総合栄養食ではなく、栄養的に偏っていますので、与えすぎは禁物です。長時間のお留守番の後など、思い切り褒めてやりたいときに与える程度にしましょう。

チャオチュールやその他のおやつは猫に必要か

本来、猫におやつは必要ないものです。特に子猫には、子猫用の消化のいいフードを与え、おやつは与えないようにしてください。おやつを与えるなら、生後6カ月を過ぎてからにしましょう。

しかし、猫は犬と違って散歩をしないので、1日の楽しみといえば食べることくらいしかありません。そのため、大好きな飼い主さんからおいしいおやつをもらえることは、猫にとって楽しみな時間だと言えます。

ですから、絶対に与えてはいけないというわけではなく、キャットフードだけでは不足しがちな栄養を与える補助食品と考えたり、何かのご褒美として与えたりしてはいかがでしょうか。

その他にも、触られることが苦手な猫を移動させるときに、おやつで誘導するという方法もあります。

あくまでも総合栄養食のキャットフード優先で、その妨げにならない程度に与えるのなら、おやつをうまく利用するのが良いですね。

チャオチュール利用法。こんな食べさせ方がおすすめ

チャオチュールは、その嗜好性の高さを利用して、こんな食べさせ方もできます。

あまり水を飲まない猫に

チャオチュールは、そのほとんどが水分でできています。水の飲み方が足りない猫に、無理なく水分を補給させるのに便利です。

薬を飲ませるときに

猫に飲み薬をそのまま飲ませるのが難しい場合も、チャオチュールに混ぜると苦労せずに飲んでくれる可能性が高くなります。薬やサプリメントを砕いたり、すり鉢ですったりして混ぜましょう。

食欲のないときに

猫が病気で食欲のないとき、口内炎で硬いフードが食べられないときにも、喉越しの良いチャオチュールが活躍してくれます。歯が弱くなった高齢の猫にも良いですね。

チャオチュールに夢中になる猫は多い!うちの子も大好き

「きなお」も例外ではなく、チャオチュールが大好き。私がチャオチュールを開封しようとしたときから、身を乗り出してきます。

チャオチュールを食べる猫のきなお写真1

そして、他の猫さんたちと同じように、うっとりぺろぺろ…ではなく、勢いよくかじりつきます。

チャオチュールを食べる猫のきなお写真2

「ちょ、ちょっと待って!」と言っても、もちろん待ってくれません。写真を撮るのもひと苦労です。

役目を果たしたチャオチュールの、無残な姿。

チャオチュールを食べる猫のきなお写真3

与え方に気をつけて、ときどきの楽しみに

上手に利用すれば便利なチャオチュール。ここぞというときに使うためにも、猫の健康のためにも、頻繁に与えすぎないようにしましょう。

みんなのコメント

  • ねこにひき より:

    チャオチュールの唄を歌うと猫が🐈やって来ます、どうして?

  • スイ より:

    ウチの子は今皮膚炎の薬を飲んでいるので毎日カリカリにオブラートで包んだ薬を混ぜた上からちゅーるをかけて与えています。これだと確実に薬を飲んでくれるので重宝しています。

  • 匿名 より:

    チュールの

  • 匿名 より:

    チュールのふりかけみたいなもはできないですか

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ