毛がない猫、スフィンクスの人気の秘密。ETのモデルにも!

猫と言えばモフモフの被毛がたまらなく大好きという猫好きさんは多いですよね。でも猫は全世界で100種も存在し、その一匹一匹特徴が違います。今回ご紹介するスフィンクスもとても強烈な個性を持っていますよね。

そう猫の特徴である被毛がない無毛の猫なのです。今回はそんな無毛の猫種、スフィンクスについてご紹介します。

スフィンクスの基本情報

それでは早速、毛がなくてしわしわという個性的な見た目を持つスフィンクスの基本情報をご紹介していきます。

体重と身体の特徴

スフィンクスの体重は3~5Kgと通常の猫と同じくらいの大きさです。その身体は筋肉質で皮膚に刻まれたしわしわ感が、まるで猫ではないような風貌を一層際立たせ宇宙人を想像してしまう人も多いはず。

ボディラインは筋肉質でありながら手足はほっそりとしています。くさび型のお顔と大きな耳が印象的で、鞭のような先に行くほど細くなっていく尾は体とのバランスがよく取れている長さですね。

目のカラーと特徴

目のカラーはグリーン、カッパー、ゴールド、ブルー、ヘーゼルといった様々な色のスフィンクスが存在しています。

中にはオッドアイのスフィンクスも確認されています。ただオッドアイのスフィンクスはとても珍しいようであまり見ることはありません。またスフィンクスの目は大きく丸みを帯びたレモン型をしています。

被毛カラーと特徴

全くの無毛のように見えるスフィンクスですが、実はよくよく見てみるとうっすらと産毛が生えています。この産毛は仄かにあたたかく、まるで桃のような手触りです。また手足の先などに僅かに毛が生えることもあります。

被毛カラーはブラック、ホワイト、クリームミンク&ホワイトなどがよく見られシャム猫のようなポイントカラーのような柄になっているスフィンクスも見かけます。

被毛がないため見た目の通り寒さがとても苦手です。冬になったら暖房などを使いしっかりと防寒対策をしてあげるようにしましょう。

さらに夏の紫外線も要注意です。通常の猫なら被毛が日光を防いでくれますが、被毛がほぼないスフィンクスは直射日光を肌に直接浴びることになります。夏の強い日差しを浴びないように工夫してあげましょう。

性格

スフィンクスの性格は好奇心旺盛でとにかく明るく愛情豊かだというちょっと意外な一面があります。また人見知りは一切なく遊び好きで、ユーモラスな行動に出ることも多いのだとか。

そのため欧米では「スフィンクスは猿と犬と猫でできている」と言われてしまうほどです。とても人間が好きでよく気を引くために何かをしようとする姿がとても可愛いです。

スフィンクスの歴史

無毛猫の歴史は古く、古代アステカ文明などで毛のない猫の存在は記録に残っています。しかしかつては毛のない猫は価値のない猫として認識されており、悲しいことですが早いうちから処分されてしまうことが多かったのです。

そんな無毛の猫でしたが1966年カナダのトロントで生まれた無毛の猫を繁殖し、世界に広めようとしたのです。しかしこのカナダで生まれた無毛の猫は残念ながら繁殖がうまくいかず絶滅してしまいました。

1970年代に、カナダで見つかったこの猫意外の4匹の無毛の猫を繁殖し、現在のスフィンクスは誕生したのです。

ちなみに無毛の猫は決して奇形ではなく、自然発生する突然変異であることがすでに判明しています。

猫とは思えないようなその見た目と、明るく愛嬌のある性格からスフィンクスは人気の猫種となり、毎年発表される人気猫種ランキング、トップ10入りを果たすことも珍しくない猫種と成長を遂げています。

スフィンクスはETのモデルになった猫

このスフィンクスの風貌を見ているとあの有名な映画を思い出しませんか?1990年代に人々を熱狂させた宇宙人と人間の男の子の触れ合いを描いたSFファンタジーの金字塔「E.T.」です。

何を隠そう、そのETのモデルこそこのスフィンクスなのだそうです。あのしわしわの身体と皮膚の質感、確かにETと酷似していますよね。

スピルバーグ監督もこの無毛の不思議な猫を異次元から現れたような猫と感じたのでしょうかね。

スフィンクスは猫アレルギーの人でも飼える

猫が好きだけど猫アレルギーがあるから飼えない!そんな悩みを抱えている人に猫アレルギーでも飼いやすい猫として注目されているのが、このスフィンクスなのです。

スフィンクスは毛がほとんどなく抜け毛も少ないのでアレルギー対策をしやすく、症状の軽い猫アレルギーを持っている方なら比較的アレルギー反応が出にくい猫種なのです。

しかし、スフィンクスはまったく無毛というわけではなく産毛のような毛が生えていますし、猫アレルギーのアレルゲンは猫の被毛の他にも分泌物や唾液もアレルゲンとなっています。

猫アレルギーの人がスフィンクスを飼う場合、まずはお部屋の掃除は徹底し少ない抜け毛でもしっかりと掃除をすること、空気清浄機を使うこと。

フケや被毛がつきやすい布製品は極力お部屋の中に置かないようにすることで猫アレルギーの症状を防ぐことができます。

しかしあまりにもひどい猫アレルギーをお持ちの方はスフィンクスとは言え、症状が出ることがやはり予想できます。残念ですが猫を飼うのはあきらめて画像や動画などで猫を楽しむようにしましょう。

スフィンクスの飼い方

スフィンクスを飼う上で一番気を付けたいのが室温管理です。前述したとおりスフィンクスはほぼ無毛の猫なので、寒さにはとても弱い猫です。

スフィンクスの飼い主様の中には猫用の衣類を着せてあげている方もいらっしゃいます。室温は十分に気を付けてあげることと、留守番が苦手で非常に寂しがるので長時間留守番をさせる家庭であれば2頭飼うことも検討したほうがいいでしょう。

2匹いれば寒い冬も2匹で体を寄せ合い温め合うこともできますのでおすすめです。

スフィンクスは被毛がほとんどないため、ブラッシングの必要はありませんが代わりにタオルなどで皮膚の表面を拭いてあげる必要があります。

これは本来被毛に行くはずだった皮脂が、体表に溜まってしまうため脂っぽい皮膚になってしまうからです。朝夕1回ずつ拭いてあげるのが理想的です。

特に皮膚のしわの間に皮脂が溜まりやすいのでマッサージをするように優しく丁寧に拭いてあげるようにしましょう。怠ると雑菌が繁殖し皮膚病の原因にもなりかねませんので注意してあげるようにしてください。

スフィンクスのかかりやすい病気

突然ですが猫ちゃんの最長寿猫って何歳まで生きたかご存知ですか?現在ギネス認定の歴代最長寿猫は34歳です。

猫の平均寿命が10~15歳なので、普通の猫ちゃんの2~3倍!まさにご長寿猫といったところです。その猫ちゃんはグランパというお名前のスフィンクスだったのです。

このことからスフィンクスは体の強い猫です・・・と言いたいところですが、スフィンクスは遺伝疾患を多く持つ猫なのです。

スフィンクスのかかりやすい病気を知れば、ギネス記録の34歳よりもっと長生きしてくれるかもしれません。是非確認しましょう。

皮膚疾患

スフィンクスは皮膚が直接外気に触れている為皮膚疾患が多く見られます。その中であげられるのが蕁麻疹です。皮脂により皮膚に雑菌が繁殖して引き起こされたり、乾燥が原因で痒みを引き起こしたりします。

対策は小まめに体を拭いてあげることと、少しでも皮膚に炎症が見られた場合はひどくなる前に獣医さんに相談し塗り薬を処方してもらうようにしましょう。

心臓病

スフィンクスの遺伝疾患の1つとして心臓病があげられます。特に肥大型心筋症と僧房弁疾患が多く見られます。全体的に元気がなく、ぐったりと寝ていることが多くなったら注意が必要です。

完治は無理でも投薬で症状を軽くすることもできます。何かの異変に気づいたら獣医さんに相談するようにしましょう。

呼吸器疾患

出生直後から数週間の間、スフィンクスの子猫は呼吸器系の感染症がおきやすくなります。これは無毛の劣性遺伝の影響によるもので、免疫力が極めて弱いことが原因と考えられています。

そのためスフィンクスのブリーダーは子猫が生まれた場合、病気を決してもらわないよう厳戒態勢で子猫のお世話をします。

生後2~3ヶ月になれば随分とマシにはなりますが、それでも免疫力が弱いため皮膚を清潔に保ち清潔な環境でスフィンクスを育てる様にしましょう。

スフィンクスの購入方法

スフィンクスはその人気からペットショップなどでも見かける様になってきました。購入価格の平均は25万円ほどで、しわが多いほど稀少性があがり値段も上がっていきます。私が見た中での過去最高価格は79万円でした。

またペットショップからの購入もいいですが、信頼のおけるブリーダーやキャッテリーから購入することもおすすめです。

特にスフィンクスは皮膚のトラブルが多いのでブリーダーから購入するとその後何かあった時に相談することもできます。是非信頼のおけるスフィンクスのブリーダーやキャッテリーを探してみてください。

スフィンクスの魅力にはまる人が続出している

毛のない世にも奇妙なスフィンクス。猫と言えば豊かな被毛をモフモフするといったイメージは確かに根強いですが、スフィンクスのこの不思議な見た目と人懐っこい性格にはまる人が全世界に急増しています。

日本でも注目を集めつつあるスフィンクスを貴方も是非家族に迎えることを検討してみてはいかがでしょうか?

みんなのコメント

  • スフィ飼い より:

    我が家にもスフィンクスがいます。とても甘えん坊で陽気で社交的な優しい猫です。
    案外毛は生えていて、冬場は薄っすら巻き毛に覆われています。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ