アメリカンワイヤーヘアの毛は針金!?不思議な魅力と人気の秘密

アメリカンワイヤーヘアの見た目はアメリカンショートヘアですが、まるで針金のような不思議な被毛を持っています。

世界的にも稀少なこの猫ちゃんはどのような猫なのでしょうか?

今回はアメリカンワイヤーヘアについて、見た目の特徴や性格、お迎えしたときのケアや注意点をご紹介します。

アメリカンワイヤーヘアの基本情報

アメリカンショートヘアに似た見た目とワイヤーのような被毛を持つ猫、アメリカンワイヤーヘアはいったいどんな猫なのでしょうか?まずはこの稀少な猫の基本情報を見ていきましょう。

体重と身体の特徴

アメリカンワイヤーヘアは通常の猫よりも少々大柄で、その平均体重は3~6Kgです。猫の体重は平均で4.5Kgと言われているので少し大きいのがわかりますね。

身体と四肢はアメリカンショートヘアと同じく筋肉質です。大きすぎず、四肢は長すぎず、すべてにおいてバランスが取れた身体をしているのも特徴です。

目のカラーと特徴

丸顔によく似合う大きなつり目の瞳、まさに猫の典型的な顔をしています。目のカラーも種類が多くグリーン、ヘーゼル、イエロー、ゴールド、オレンジ、カッパー、オッドアイ、ブルーが存在しています。

被毛カラーと特徴

アメリカンワイヤーヘアの最大の特徴はやはりその被毛でしょう。少しカールしている被毛はまるでスチールたわしのように弾力があり固いです。まさに細いワイヤーのような感触と言ったところですね。

被毛カラーなセピア系以外の全ての色を持っていますが、やはりアメリカンショートヘアと同じシルバークラシックタビーが一番有名です。

その他、ソリッドやバイカラー、ポインテッドなんかのアメリカンワイヤーヘアがいます。

歴史

1966年アメリカのニューヨーク州の農家で産まれたアメリカンショートヘアの子猫。この数匹の中に紛れて不思議な被毛を持つ猫が紛れていました。

固くゴワゴワな縮れ毛を持つ、アメリカンショートヘアとは明らかに違った被毛の特徴を持つ突然変異した猫。この猫こそアメリカンワイヤーヘアの祖先なのです。

このなんとも不思議な子猫は「アダム」と名付けられ、ブリーダーによる交配が行われ現在のアメリカンワイヤーヘアとなりました。つまり今のアメリカンワイヤーヘアは全て「アダム」の子孫ということになります。

アメリカンワイヤーヘアとアメリカンショートヘアの違いは?

アメリカンワイヤーヘアとよく似ている見た目のアメリカンショートヘア、被毛の違いはあるけれどその見た目はあまり変わらないような気がしますよね?

実はアメリカンワイヤーヘアとアメリカンショートヘアに被毛の特徴以外に違いはありません。

元々はアメリカンショートヘアが突然変異した猫種です。被毛カラーも身体の特徴もほぼ同じ両者、性格もほぼ同じなので後は被毛の好みだけです。

アメリカンワイヤーヘアは抜け毛が少ない

アメリカンワイヤーヘアの特徴として抜け毛が少ないということがあげられます。アメリカンワイヤーヘアの被毛は毛根まで縮れているので抜けにくいのです。

そのため猫アレルギーの人でも飼いやすい猫として名前があがる猫でもあります。抜け毛が少ないのでお掃除も少し楽だというのも嬉しいポイントですね。

アメリカンワイヤーヘアの性格と飼い方

アメリカンワイヤーヘアはアメリカンショートヘアと性格もよく似ているのですが、改めてその魅力的な性格のご紹介と飼い方を見てみましょう。

性格

アメリカンワイヤーヘアの性格は人懐っこく明るく活発、人間が大好きな猫です。膝に自分から乗ってくる子も多く非常に甘えん坊でもあります。遊ぶのも甘えるのも大好きなので、いつも愛猫と一緒にいたい方には向いている猫種です

愛情豊かな性格もアメリカンワイヤーヘアの人気の秘密でもあります。

多頭飼いには注意

アメリカンワイヤーヘアを飼う際に注意をしなければいけないのは多頭飼いには向いていないということです。

人懐っこい反面、とても警戒心が強く他の動物や猫に対して威圧的な態度を取る個体が多く、多頭飼いをするには不向きな猫です。そのためすでに先住猫や他のペットがいる家庭はアメリカンワイヤーヘアを飼うことはあまりおすすめしません。

先住ペットのためにも、アメリカンワイヤーヘアのためにも飼うことは見送った方が無難です。

生活環境

アメリカンワイヤーヘアは成猫になると比較的大きくなるのに加え、とても運動が好きな活発な猫なので住まいは運動ができる広い空間が必要になります。

キャットウォークやキャットタワーを用意して常に遊べる環境を作ってあげるとさらにいいでしょう。

ただしとても好奇心が旺盛でよく遊ぶので落とされて困るものはちゃんとしまっておくようにしましょう。子供ともお年寄りとも仲良く過ごせるので家族が多い家庭にもおすすめな猫種です。

お手入れ

アメリカンワイヤーヘアは抜け毛が少ないのでブラッシングも頻繁にしなくてもいい猫種ですが、特徴的な縮れたワイヤーのような被毛は胃や腸にたまりやすい形状のため毛球症になりやすいので注意が必要です。

毛球症を防ぐためにも1日に1回はブラッシングをしてあげるようにしましょう。またアメリカンワイヤーヘアは反っている変わった形の耳をしています。

そのため外耳炎になりやすいので定期的な耳掃除をしてあげるほか異常がないかチェックしてあげましょう。

食事に関しては比較的大柄な猫なので高タンパク質で高品質な食事を与えるように心がけましょう。

アメリカンワイヤーヘアの購入方法

アメリカンワイヤーヘアは大変稀少な猫のためペットショップで見かけることはほぼありません。アメリカンショートヘアのブリーダーは大変多いですがアメリカンワイヤーヘアのブリーダーは国内にほぼいないのが現状です。

アメリカンワイヤーヘアを購入する際は、海外のブリーダーから輸入するか日本国内の数少ないブリーダーに直接連絡をし、子猫が産まれたら知らせてほしい旨を伝える方法しかありません。

購入金額は稀少な猫であるため、そのときのタイミングにより変動があり正直これくらいの値段とお伝えするのが難しいのですが平均で20~30万円代の場合が多いようです。

海外のブリーダーから輸入する場合この金額に輸送代もかかりますので予算は多めに用意するようにしましょう。

アメリカンワイヤーヘアの魅力は見た目だけではない

日本ではほぼ目にすることがないアメリカンワイヤーヘア、その魅力は特徴的なワイヤーのような被毛だけではなく愛らしく、人懐っこい性格も世界中の人々を魅了する秘密なのです。

海外では人気が高い猫なのでこの先日本でも人気が高まると言われている猫種でもありますのでこれからペットショップで目にする機会も増えるかもしれませんね。

その際はぜひ特徴的な針金のような不思議な被毛に触れてみてください。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ