鳥取県で保護猫をお迎えするなら。譲渡を受けられる施設と各所の条件

これから猫を飼いたい、猫と毎日楽しく暮らしたい…と考えているならペットショップで命を買うのではなく、保健所や保護施設で命を救う選択肢をしてみませんか。

飼い主から捨てられたり、野良猫の赤ちゃんとして生まれたりして安住の場所がないたくさんの猫が、保護施設で暮らしています。

保護施設に足を運んで家族として迎えることで、命を救うことができるということを、もっと多くの人々に知ってもらいたいです。

鳥取県で保護猫の譲渡を受けられる施設を5つ紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

鳥取市:鳥取市保健所

鳥取市にある保健所では、やむを得ない理由によって飼い主から引き受けた犬猫や、迷子として保護された犬猫を引き受けて保護しています。

適正に犬猫を飼養してもらう必要があるため、県から生き物を譲り受けるということでしっかりと責任を持って終生大切にしていける里親さんを募集しています。

譲渡してもらうまでの流れ

実際に譲渡の申し込みをする前に、保健所のホームページ内に記載されている8つの条件をしっかりと守ることができるかを家族全員で話し合いましょう(よく考えた上で、「今はまだ動物は飼えない」と判断することもあるのです)。

こちらの保健所では、実際に譲渡を受ける前に必ず1度は来所して猫と対面する必要があることも知っておきましょう。

しっかりと条件に同意できた場合は、「譲受申込書」や「誓約書」を保健所に提出してください(この時に本人確認ができる住民票または免許証が要ります)。

書類審査に通ることができれば、保健所から連絡があるので譲渡までの流れを確認してください。

※申し込みをしたけどその時には希望するタイプの猫が保護されていない場合には、登録して希望の猫が保護されるまで待つこともできます(最長1年間までです)。

施設情報

  • 住所…〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  • 電話番号…0857-26-7593
  • ファックス…0857-26-8171
  • メールアドレス…kurashi@pref.tottori.lg.jp
  • 営業時間…平日の8時半から17時15分まで
  • 駐車場…あります(さざんか会館と市役所駅南庁舎駐車場に駐車した場合、受付で無料処理をしてもらえます)
  • 家族で猫を飼うための条件についてよく話し合い、「譲受申込書」や「誓約書」を保健所に提出してください。書面審査に合格できれば、
  • 鳥取市保健所のホームページ

この他にも、お住まいの地域の保健所を検索してみてくださいね。

倉吉市:鳥取県動物愛護センター「アミティエ」

2013年の9月に新しく動物愛護のための施設として「アミティエ」が開所しました(元々は福島県のシェルターにいた犬猫を引き取ったことから、保護活動が始まりました)。

2014年4月からは鳥取県と提携したことで「鳥取県動物愛護センター」という名称も加えられています。

現在では鳥取県内の保健所に1度収容された犬猫たちが、こちらのセンターに搬入されるという流れになっています。

犬猫の健康管理をした後に不妊手術も行い、マイクロチップを取り付けた上で適正な飼い主さんへの譲渡を行っています。

動物とふれあいができるイベントに加えて毎月「里親説明会」が開催されていて、適正な飼い主さんと犬猫が出会えるようになっているんですよ。

譲渡してもらうまでの流れ

まず最初に「譲渡選定基準」のページを読んで、保護猫の里親になるために求められる条件について賛同できることを家族全員で確認してください。

同じページの一番下にある「犬猫等譲受申込書」をダウンロードしてチェックリストなどに記入して、郵送で財団宛(住所…〒682-0025 鳥取県倉吉市八屋 214-10公益財団法人 動物臨床医学研究所 宛)に送りましょう。

書類審査に合格することができれば、譲渡講習会を受講することが可能になります(講習会では、猫を飼うためのポイントや知識、しつけや受け入れるための準備などについて学びます)。

トライアル(お試し)を希望する場合には、「一時預かりの誓約書」を提出してください(身分証明や印鑑も必要になります)。

2週間から1ヶ月程度で、最終的に正式譲渡を受けるかを決めましょう。譲渡をしてもらう際には猫の健康状態やマイクロチップについての説明を受けることになります。

そして最後に「誓約書」を提出して譲渡が完了します。この時に寄付金としてこれまでかかった医療費と活動支援金を合わせて14000円程度をお支払しましょう。

譲渡してもらってから3ヶ月後に猫の状況などを「近況報告書」を使ってセンターに報告してください。その後も1年ごとに報告を続けましょう。

※譲渡の他にも、「一時預かり」を希望することもできます。これは新しい里親さんが見つかるまで、一時的に猫を自宅で預かるという制度です。

里親までは出来ないけれど、猫とふれあいたい人に向いていますが、里親さんが見つかった時に速やかに返還しなければならないので注意してください。

施設情報

  • 住所…〒682‐0643 鳥取県倉吉市下福田706-127
  • 電話番号…0858-33-5397(お問い合わせは営業時間内に)
  • 開館時間…平日の9時から17時まで
  • 駐車場…あります
  • 出張サービスなどはありません。まず犬猫等譲受申込書」をダウンロードして記入し、財団宛に郵送してください。書類審査に通ることができれば、譲渡講習会を受講することができます
  • 鳥取県動物愛護センターのホームページ

米子市:ねこいえ米子

米子市内で活動している「ねこいえ米子」は、もともとは個人で猫の保護活動をしていた人達が2018年4月に集まってできた保護団体グループです。ですから、専門の猫シェルターなどを持っていません。

実際には、ボランティア会員さんなどがそれぞれの自宅で保護している猫たちをホームページ上で里親募集の猫として掲載している形になります。

毎月、1回から2回猫の譲渡会が開催されているので、そこで保護猫たちと会うことができます。

ねこいえでは、保護猫の譲渡をする条件として基本的なもの以外に下記の内容が定められています。

  • 猫を譲渡する時に自宅で猫の飼育環境に適しているかのチェックをします(この時に5匹以上動物がいる場合はお断りになることがあります)
  • 猫の毎日の健康管理の他に、良質なフードを選んで食べさせてもらえること
  • 時には自分の暮らしを犠牲にしてでも、猫のすべてを受け入れることができること

譲渡してもらうまでの流れ

譲渡条件にしっかり同意できる場合のみ、実際に譲渡会場などで保護猫と対面してください。それからアンケートに記入して提出してください。

審査に通ることができれば、希望する猫をスタッフさんが自宅まで届けてくれます(この時に家族全員の同意があるか・猫を飼育する環境として適しているかなどの確認をしてもらいましょう)。

ここでトライアル期間に入るので、この期間に相性や終生責任を持てるかをしっかり覚悟してください(この期間内に少しでも不安に感じることなどがあれば、すぐスタッフさんに連絡しましょう)。

トライアル期間が終われば正式な譲渡となります。この時に「誓約書」を2つ準備して、保護主さんと里親さんが1つずつ所持できるようにしてください。

施設情報

  • 住所…鳥取県米子市
  • お問い合わせはホームページ内のメールフォームから
  • 駐車場…譲渡会場にはあります
  • 出張サービスがあります。まず譲渡条件を確認した上で譲渡会で猫たちと対面してください。それからアンケートに記入して提出します。審査に通ることができれば、希望の猫をスタッフさんが自宅まで届けてくれます
  • ねこいえ米子のホームページ

鳥取市:dog&cat MONTA

鳥取市にあるペットサロン、dog&cat MONTAでは、毎週日曜(13時から16時まで)に猫の譲渡会を行っています。

こちらのサロンでは、犬猫のトリミングの他にも動物の看護についての相談も受け付けられているのがすごい所なんですよ。

そして、毎週行われている猫の譲渡会にもぜひ参加したいものですね。

譲渡してもらうまでの流れ

MONTAでは、毎週日曜の13時から16時に猫の譲渡会が開催されています。まずは足を運んでみて、かわいい猫たちと実際に対面してください。

その上で里親希望である旨を伝えてください。MONTAでは里親になるための条件が定められているので、審査に通ることができれば、トライアルが開始されます。

施設情報

  • 住所…〒680-0844 鳥取県鳥取市興南町67 dog & cat MONTA
  • 電話番号…0857-20-2313
  • メールアドレス…petit_50121@icloud.com(譲渡会へのお問い合わせはこちらから)
  • 営業時間…ペットサロンは10時から18時まで・毎週日曜の13時から16時までは猫の譲渡会になります
  • 駐車場…譲渡会の時はお隣の焼肉屋「喜らく」に停められます
  • 事前に連絡などは必要ありません。毎週日曜の13時から16時までの間に猫の譲渡会が開催されているので、まずは足を運んでみてください。里親になるための条件や猫の特徴についてスタッフさんから説明を受けたあと、トライアルの後に譲渡してもらうことができます。
  • MONTAのホームページ

米子市:保護猫カフェ・NEKO CAFE kuro

米子市に初めての猫カフェとして2017年2月にオープンした、NEKO CAFE 「kuro」。kuroでは、猫とふれあうスペースと喫茶をするスペースが別々になっています。

喫茶コーナーでカフェを頼めば、その値段だけで楽しむことができます。猫スペースで喫茶を楽しむ場合には、猫のスペースに飲み物を持っていくことが可能なのも嬉しいですね。

譲渡してもらうまでの流れ

看板猫のkuroやその他の初代猫たちは愛着があるので、里親募集はしていませんが、その他の猫たちはいつでも里親募集をしています。

kuroで猫たちとふれあっていて家族としてお迎えしたい!と思ったら、すぐスタッフさんに相談してみてくださいね。

施設情報

  • 住所…〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉4丁目25-18
  • 電話番号…0859-46-0233(お問い合わせは営業時間内に)
  • 営業時間…10時から18時まで
  • 定休日…木曜
  • 猫カフェの料金…平日は1時間1000円・土日祝は1296円(どちらもワンドリンク付き)・お試しで20分432円で入店することも可能です・10歳までのお子さんの場合、保護者の同伴があれば入店できます
  • 駐車場…あります(ちょっと離れた場所に2台のみ)
  • 出張サービスなどはありません。kuroの予約は必要ありません。直接足を運んでkuroに行き、猫たちと戯れてください。その上で里親希望がある場合には、スタッフさんに相談しましょう
  • NEKO CAFE kuroのFacebook

あなたの行動が保護猫を救います

たくさんの猫たちが、保護施設で生活しながら新しい飼い主さんが来てくれるのを待っています。

ぜひ保健所や愛護センター、保護施設に足を運ぶことで猫の命を救ってあげてほしいです。

1度は辛く寂しい思いをしてしまった猫たちですが、今も人に甘えてくれて癒しを提供してくれる猫もたくさんいるんですよ。

すぐに保護猫の里親にならなくても、まずは会いに行くことから初めてみてもいいですね。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ