成猫でも小さい猫種。どのくらい小さいのか&お迎えのときの注意点

猫が大人になっても小さいままっていうのは、普通に考えるとないことですよね。でも実際に、小さいままの猫というのは存在するんです。

大人になっても小さいままの猫種は、飼いやすいのでやはり人気があるんですよ。

小さい猫にはどんな種類があるのか?さらに、一般的な猫なら大きくなるところが小さいまま……となると生活の中でどんな違いが出てくるんでしょうか。

一般的な猫と比べてどのくらい大きさが違うのか

まず、小さい猫とは言っても、一体どのくらいの小さささなのか…?ということが気になりますよね。

一般的な猫なら、大人になれば3.6キロから4.5キロくらいになると言われています。

これが小さい猫なら、2キロから3キロ(猫によっては、ちょっと超えることもありますよ)程度になるんです。

だから、一般的な猫で考えると生後6ヶ月程度の大きさまでしか成長しない、ということが分かりますよね。

この猫達は、自然の中で突然に発生することもありますが、人為的に人間の都合によって作られた猫種もあるんですよ。

猫が小さいことでのメリットがある

小さい猫を飼うことで得られるメリットはこちらです。

  • 鳴き声が小さい
  • ご飯の量も少なくなる
  • いつまでも子どものような外見
  • 甘えん坊・短毛猫が多い
  • やんちゃな性格でかわいい
  • 長い時間抱っこをしていられる

普通の猫に比べて一回りくらい小さい猫の場合、メリットも確かにあります。体が小さい分ご飯の量も少なくてすみますし、鳴き声もやはり小さいでしょう。

さらに体重も軽いので、それだけ飛んだ時に響く音も小さくなります。集合住宅やマンションでも騒音になりづらいでしょう。

さらに、大人になっても小さいままなので、いつまでも子猫のような可愛さを味わうことができます。

長い時間膝の上で抱っこをしていたとしても、一般的な猫のように足がしびれてくることもあまりないかもしれません。

さらに小さい猫は、性格もやんちゃで甘えん坊なタイプが多いのも特徴ですね。総合すると飼い主さんにとっては一緒に生活しやすい猫だと言えるでしょう。

小さい猫にもいろんな種類があります

では、小さい猫種にはどんな猫が当てはまるのでしょうか。人気の猫種を5つ挙げていきます。

日頃からよく目にする猫種から、あまり見たことのないような猫種まで幅広くご紹介していきますね。

1.神秘的な美しさが特徴のシャム猫

とても綺麗な外見で、人気の高いシャム猫ですが、実は小さい猫でもあるんです。

性別によっても大きさが違い、オスは3キロから4キロありますがメスになると2キロから3.6キロくらいになります。

シャム猫はエジプトのイメージもあり、王族のような気品があふれている…と感じているのはきっと私だけではないですよね。

でも実は、その見た目に反してイタズラ好きな性格でもあり、やんちゃなんですよ。

シャム猫の平均寿命は、10歳から15歳です。飼い主さんが健康管理をしっかりしてあげてくださいね。

2.小さい猫と言えばシンガプーラ

サイズの小さい猫の中でも有名なのがシンガプーラなんです。短毛種で、シンガポールの出身の猫です。

シンガポールのマレー語がシンガプーラの名前の由来で、アメリカの夫妻がシンガポールから連れて帰って繁殖させたのが起源だと言われています。

下水溝の中でネズミを捕まえたりしていた歴史があるので、小さくても元気いっぱい!な猫ちゃんであることが分かりますね。

平均寿命シャム猫と同じで、10歳から13歳くらいです。

3.独特の毛並みがたまらない、バーミーズ

バーミーズは短毛種で、ミャンマーで生まれた猫。大きさでいうと、オスで3キロから5.5キロ、メスだと3キロから5キロくらいなんですよ。

バーミーズの名前の由来は、バーミーズの葉巻に似たような茶色の体毛であることから来ています。

筋肉質な猫でもあるので、たくさん運動させたいという理由からキャットタワーを準備してあげると喜ばれるでしょう。

平均寿命は15歳なので、一般的な猫の寿命と同じくらいだと考えられますね。

4.マンチカンのように手足が短いミヌエット

以前は「ナポレオン」と呼ばれていたミヌエット(2015年から改名されました)も小さい猫で、成猫でも2.2から4キロ程度の体重にしかなりません。

マンチカンとペルシャ猫の掛け合わせなので、手足が短いタイプもいるんですよ。

そしてマンチカンの好奇心旺盛で元気な性格と、ペルシャの甘えん坊な性格が合わさっています。

ミヌエットの平均寿命は12から14歳なので、一般的な猫に比べると少しだけ短いかもしれませんね。

5.特に小さい猫種でもある、スキフトイボブテイル

こちらはまだ新しい猫種である、スキフトイボブテイル。ロシアで生まれた猫種ですが、なんと2011年に世界で一番小さい猫として認定された猫種であるんですよ。

その体重は雌が1.7キロ、雄が2キロ。一般的な猫で考えると、生後4ヶ月くらいの体重になります。

大人になってこの体重しかないのですから、どれだけ小さい猫かということが分かるのではないでしょうか。

小さくても元気いっぱいなので、たくさん運動ができるようにしてあげてください。さらに、短毛の猫なので毛のお手入れが楽なのが飼い主さんとしては助かりますよね。

スキフトイボブテイルの平均寿命は、10から16年程度です。一般的な猫と同じくらいだということですね。

小さい猫の種類って意外と多いんです

これまで説明してきた猫達の他にも、小さい種類は結構いるんです。

  • アビシニアン…4キロ
  • ラムキン1.8から4キロ
  • シャルトリュー…2.8から6.4キロ
  • メスの日本猫…3.1から4.2キロ
  • コラット…3から7キロ
  • ドウェルフ…2から3キロ
  • スクークム…1.5から4.5キロ
  • バンビーノ…2.4から4キロ
  • ペルシャ…3から5キロ

どの猫も小さくて飼いやすいですし、性格も甘えん坊なので飼い主さんにもよくなついてくれそうですね。

メスの日本猫も意外と小さいというのも、ちょっと驚きでした。

小さい猫を飼う場合に飼い主さんが注意しておくこと

小さい猫はやはり可愛いですが、それだけではありませんよね。小さい猫だからこそ飼い主さんが気を付けておくべき事もあるんですよ。

  • 日頃から体重管理を徹底しなければいけない
  • たとえ大きくなったとしても大事にしよう
  • 家の中での危険にしっかりと気を付ける

小さい猫は一般的な猫に比べてどうしても肥満になりやすい傾向にあります。

ごはんやおやつを食べ過ぎて太ってしまわないように飼い主さんがしっかりと体重管理をしなければいけないでしょう。

そして、小さい猫だからという理由で家族として迎えることを決めたとしても、予想に反して大きくなることもあり得ます。

大きくなってしまったからといってその猫を大事にしない…なんてことは絶対にしないでください。

さらに、猫の体が小さいということはそれだけ物の隙間にも入りやすくなるということでもあります。

隙間に隠れているのに飼い主が気付かずにそのまま踏んでしまったりして猫を危険にさらしたり、狭い隙間から外に脱走してしまったりすることがないようにしてくださいね。

小さい猫のかわいさをしっかりと堪能しよう

一般的な猫に比べて、ひとまわり以上小さい猫たち。大人になっても子猫のような大きさのままだということで、飼い主さんもたまらないですよね。

猫が小さいということでメリットもたくさんありますが、小さい猫だからこそ、健康のために注意しておきたいこともしっかり覚えておきましょう。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ