猫が黄色や緑のものを嘔吐した!原因とチェックしてほしい他の症状

猫が頻繁に嘔吐する動物だという事を、飼い始めたばかりの方は驚かれるようです。

あまりにもよく吐くので病院へ連れて行ったら、医師に「異常はありません。それが正常です。」と言われたなどという話も耳にします。

実際、猫のえずきは正常行動です。しかし、だからといって猫が吐いても全く問題はないかというと、そうではありません。

もしかしたら、何らかの疾患から嘔吐している可能性も考えられるからです。ここでは、ペットの摂食嘔吐について飼い主さんが気をつけたい点を紹介していこうと思います。

猫の嘔吐は普通の事?

むさぼる様に、急いで食べる猫は給餌をさせて食べ終えた後、すぐに吐き出す事があります。それでも、元気に新たな餌をねだる様なら病気由来のものではなく、これは生理的嘔吐といって、反射的に吐いているので問題ない部類です。

ただし、回数が頻繁になると体に負担がかかるので注意が必要になります。少しでも頻度を下げる為には、餌をこまめに与える、自動給餌器を利用するなどの工夫をしましょう。

それと、猫の生理的な嘔吐には、グルーミング後の毛玉を排泄するという側面もあります。猫は毛づくろいをしますので、その時に自分の毛を飲み込んでしまい、胃の中にたまった毛玉を吐くのは、彼らにはいたって自然な生理現象となります。

これも回数が多いようでしたら、毛玉をコントロールするフードに変えてみる、または、こまめにブラシッングをしてあげる、猫草の利用などの対策をしましょう。

ちなみに猫草とは、猫が好んで食べる草の総称で、イネ科の燕麦(エンバク)がその代表です。好みには個体差がありますので、猫草を好む猫もいれば全く食べない猫もいますが、どちらでも問題はありません。

むしろ、後にも書きますが、人にとって無害の植物でも猫にとって有害なあるものもありますので、市販されている猫草以外は与えない様にするのが無難ではないかと思います。

▼猫の嘔吐の種類に関しては、こちらをご覧ください
猫がよく吐くことに慣れないで!悲しい病気が潜んでいることも

嘔吐したものから分かる事

猫の嘔吐には正常な範囲のものと、病気が隠れている場合のものとがあります。何か異常を感じたら、吐いた物を注意して調べてみましょう。

透明、白色の液体

固形物以外の液体部分の色が透明や白色の場合は飲み水や胃液、唾液が主な内容物です。通常、猫が嘔吐する際には「コッコッ」という音をたててから、胃の中身を吐き出していきます。

吐いたものが透明な色ですと飲んだ水や、嘔吐物に着いた唾液だと考えられます。白い泡の場合は胃液の可能性が高くなります。

以上の透明や白色の液体部分の場合、ほとんどが問題のない生理現象だと考えられますが、大量であったり、高頻度であったりなど、猫の様子で気になるところがあれば、動物病院で相談してみてはいかがでしょうか。
 
▼猫が白や透明の液体を吐いている場合に考えられる原因についてはこちらもどうぞ
猫が水を吐く時の注意点。吐いたもの&吐く前後の様子をよく見よう!

黄色、黄緑色の液体

猫が黄色や黄緑色の液体を吐いた場合は、胆汁が混ざった胃液や腸液の可能性があります。胃液は基本透明なのですが、胆汁が逆流して胃液と混ざった場合は黄色になります。

空腹時の嘔吐には稀に胆汁が混在する事がありますが、必ずしも問題になるものとは限りません。しかし、頻繁に色付きの吐しゃ物が続く様でしたら病気の可能性も考慮して下さい。

猫が黄緑色や緑色に近い液体を吐いた場合、まずは植物の摂取を疑ってみて下さい。
室内の観葉植物や花などに食べた痕跡がないか調べる必要があります。それというのも、植物の中には、猫が中毒を起こすものがあるからです。

猫はユリ科やサトイモ科、バラ科など多くの植物に毒性の反応を持っています。外への放し飼いであればもちろんの事、近隣や庭など屋外への行動範囲があるのならそこに生息する植物も注意してください。

草木の飲食以外にも、吐いた液体が緑色系である場合、何らかの内臓疾患から胆汁が濃くなっている事も考えられます。心配な時は、早めに病院を受診しましょう。

▼猫が黄色系の液体を吐いている場合、それは胃液かもしれません
猫が胃液を吐く原因。病気に気付くためにチェックしたい症状4つ

問題のない嘔吐と異常な嘔吐の違い

問題のない嘔吐とは、『嘔吐物に毛玉のかたまりが入っている』、『透明、または白い液体を吐いている』などの生理的な嘔吐であり、その他の行動が普段と変わらず元気なようでしたら、ほとんど心配はないでしょう。

しかし、例外的に、吐しゃ物の内容が何であれ、大量のよだれをたらしている状態や、「コッコッ」という音をさせないで嘔吐をしている時は注意してください。

口の中や食道に炎症を起こしていたり、毒性物質によるアレルギー反応や中毒症状であったり、様々な事柄が懸念されます。

それと、緑色がかった嘔吐の場合は、吐いた物の中に植物が入っていないか調べてみて下さい。花弁や葉が含まれていなければ、先ほども述べましたが胆汁が濃くなっている可能性も考慮する必要があります。

その様な有色の嘔吐物が吐き出されるのは、何か大きな病気が隠れている事もあるので、なるべく早く獣医師に見せてあげてください。嘔吐に問題があるかないかを見分けるには、猫をよく観察するしかありません。

病気や中毒を起こしている場合、他にも様々な異変が感じ取れるはずです。普段から猫の様子に気を配ってあげましょう。

嘔吐から考えられる病気

猫の吐しゃ物が緑色や黄色の時、次のような病気が疑われます。

  • 急性胃炎
  • 急性膵炎
  • 急性胆管炎
  • 内臓の機能障害
  • 炎症
  • 腫瘍

など、重い病気にかかっている可能性も念頭に置いて下さい。

この中で、急性胃炎は猫が誤飲や誤食をするのが原因になる事が多く、吐いた物に血が混じる場合もあります。対処としては薬や胃洗浄などの方法でお腹の中から異物を取り除き、猫が脱水症状をおこしていれば輸液などの処置をします。

急性膵炎は突然発症する病気で、嘔吐のほかに下痢や食欲不振、黄疸などの症状が表れます。治療は猫が栄養分を取り入れられるように点滴などからの輸液や鎮痛剤を用いますが、悪化した場合には外科手術をする事もあるようです。

もう一つ、急性胆管炎では、嘔吐の他に下痢や食欲不振、黄疸や発熱といった症状がみられます。触れてみて体が普段より熱っぽく、歯茎や白目が黄色く変色しているようなら、急いで動物病院に連れていきましょう。

▼猫の歯茎の色のチェック方法については、こちらをご覧ください
健康な猫の歯茎はピンク色。がん等の危険な病気のときの色や特徴は?

猫の嘔吐を伴う病気の種類はたくさんありますので、吐いたものだけで判断するのは飼い主さんには難しい事でしょう。

日常の観察の中で、

  • 口元にしまりがなくよだれが出ている
  • 日に何回も嘔吐をする
  • 下痢をしている
  • 食欲がない
  • 元気がなくぐったりしている

飼い猫が普段と違う様子をしていたら、動物病院に連れていき、獣医師の診断をあおぎましょう。

▼猫がぐったりとしていて元気がない時には、他にも異変がないかをしっかり観察してあげてください
猫の元気がない時のチェックポイント。不調のサインを見逃さないで!

猫は吐く動物、だけどあまりにも頻繁なら要注意

吐くという行為は、人間ならば結構驚きます。しかし、動物には全て生理現象として備わっているものです。

▼猫が吐いた時には、それがどういった原因からきているものなのかを毎回チェックしてあげてください
猫が吐く原因3パターン。吐く以外は元気な時・誤飲した時・病気の時

ただ、余りにも多く、飼い主さんが困るようでしたら、環境を変えてあげてください。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ