成猫が子猫用フードを食べると肥満に!さらに肥満からの悪影響が怖い

先住の大人の猫と、新入りの子猫。一緒に暮らしていると楽しい事も多いですが、大人の猫が子猫用に用意したフードを食べてしまい困ることはありませんか。大人の猫が子猫用のフードを食べてしまっても大丈夫なのでしょうか。

もちろん多少ならば食べてしまっても問題はありません。けれど毎日毎日そのようなことが続いているようでしたら、少し問題になってきます。

大人の猫が子猫用フードばかりを食べていると、次第にカロリーオーバーで肥満になってきてしまうのです。

成猫と子猫では必要なカロリーが違う

猫は生まれてから1年で大人(成猫)になります。人間の年齢にすると18歳、もう交尾して子猫を産むこともできるようになります。

成猫になるまでの1年間の子猫の時期というのは、猫にとっての成長期です。丈夫で健康な体になるためにも、しっかり栄養を摂らなくてはいけない時期になります。

意外かもしれませんが、成猫より子猫のほうが体重1kgあたりの必要なカロリーは多くなります。生後1年くらいして大人になると、必要なカロリーは少しずつ減ってくるのです。

猫が1日に必要とする体重1kgあたりのカロリーの目安は、次のようになります。

ライフステージ 体重1kgあたりの必要カロリー(kcal/kg)
8週齢 260
14週齢 200
20週齢 150
40週齢 100
52週齢 80
成猫(活発でない) 70
成猫(標準) 80
成猫(活発) 85

『誠文堂新光社 ネコの食事百科』より

体重1kgに換算すると、なんと産まれてから2ヶ月くらいの子猫は成猫の3倍ものカロリーを必要とするのです。

子猫用のフードは子猫に必要な栄養を満たすために、成猫用フードよりも栄養価が高くなっています。特にタンパク質、脂肪、ミネラルなどが豊富に含まれていて、カロリーも高くなっているのです。

成猫にとって子猫用フードはカロリーオーバー!肥満は寿命にもかかわる

成猫が必要な栄養と、子猫が必要な栄養は同じではありません。ですから、それぞれのフードの中身は少し違うものであり、ライフステージに合ったフードを選ぶことをお勧めします。

ただし、もしも成猫が子猫用のフードを食べてしまったからといって慌てなくても大丈夫です。子猫用の方が栄養価が高くなりますが、間違えて食べたからと言って大きな問題はありません。

しかし毎日毎日、成猫が子猫用のフードを横取りしてしまっているようでしたら、何か方法を考えた方がよいでしょう。子猫用のフードはカロリーが高いため、このままではカロリーオーバーで肥満になってきてしまいます。

人間と同じように、猫にとっても肥満は万病のもとです。肥満になると糖尿病ぎみになり、心臓にも負担がかかるようになります。関節に負担がかかるために運動しなくなり、さらに体重が増えてしまいます。

特に猫の5、6歳は人間にとっての中年時期です。このころから新陳代謝は20%くらい落ちてくるとされます。そして落ち着きが出てきて運動量も減ってきます。今までと同じ食事量だったとしても体重が増えやすくなる時期です。

年齢的にも肥満傾向になりやすいこの時期にもしも子猫用のフードばかり食べてしまっていたら、さらに肥満になりやすくなってしまう危険があります。

肥満になるといろいろな病気にかかりやすくなり、それが原因で寿命が短くなってしまうこともあります。また肥満だと、手術時の麻酔の危険性も高くなるようです。さらに手術後に感染症にかかってしまう危険性も高くなります。

一度肥満になってしまうと、ダイエットするのが大変ということは人間も猫も同じです。そのときになって急にフードの量を減らしても、猫も飼い主のあなたも辛いのではないでしょうか。

肥満になってしまってから対策をとるのではなく、普段から食事や運動のことを気にかけておきましょう。そして1歳を過ぎたなら、もう子猫用フードは食べさせないようにしましょう。

成猫が子猫用フードを食べてしまうときには

ちゃんとそれぞれの食事を一緒に用意したのに、大人の猫が自分のフードを食べないで(もしくは食べ終わってから)子猫用のフードを横取りしてしまうということでしたら、食べさせ方を少し工夫してみてください。

食事の時間だけ、大人の猫と子猫を別々の部屋で食べさせるようにしてみてはいかがでしょうか。子猫の時期は食事の回数が大人よりも多いと思いますが、子猫だけの食事の時間も別々の部屋に隔離してください。

そして子猫の食事が終わったら、食器は片付けるようにしましょう。大人の猫の場合にはフードを出しっ放しにしていつでも食べられるようにすることもありますが、子猫用のフードはカロリーが高い分傷みやすいため片付けた方がよいです。

一緒に食事をさせていて、子猫はなかなか体重が増えないのに大人の猫は肥満気味になってきたといったことがあれば、子猫のフードを横取りしているかもしれません。食事の時間はちゃんと見張ってあげておいてください。

なお猫と犬を一緒に飼っている場合には、お互いがお互いのフードを食べてしまったりということがあるかもしれません。これも多少のことなら問題ありませんが、キャットフードを買わないでドッグフードで済ませたりすることは絶対止めてください。

猫に必要な栄養と、犬に必要な栄養は違います。それぞれのフードはそれに合わせて作ってあるため、猫がドックフードだけを食べ続けていたりすると必要な栄養が摂れなくなってしまうのです。

フードは、必ずそれぞれの合ったものを用意するようにしましょう。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ