野良猫の寿命が3年ほどと短い理由。見るのが辛い、過酷な生活の現状

街角でたまに野良猫を見かけるかもしれません。一見すると自由気ままに暮らしているように感じられる野良猫ですが、その実際の寿命は驚くほど短いです。

家で飼われている飼い猫の寿命と比べてなんと5倍ほどの差があります。この差には、野良猫がおかれている生活環境が大きくかかわっています。

野良猫の寿命を決める、過酷な生活とはどのようなものなのでしょうか。

野良猫と飼い猫の寿命の差を決める、野良猫の過酷な生活環境

自分の行きたいところに行って、好きな時にご飯を食べて、好きな時に寝る。野良猫はこのような生活を送っているから自由でストレスなんてない。

こう考えている人も多いですが、実際の野良猫の生活ぶりを見ると驚かれることでしょう。

一般的に家の中で飼われている猫の平均寿命は15年ほどです。しかしそれに比べて野良猫は3,4年ほどの短いものなのです。

どうしてこれほどまでに差が出てきてしまうのでしょうか。飼い猫に比べて野良猫の場合、ここまで寿命が短くなってしまうのにはどんな理由があるのでしょうか。

野良猫の寿命がここまで短くなってしまうのは、野良猫の生活環境をよく観察してみると分かるんです。

野良猫の生活の拠点は基本的に外である屋外になりますよね。そこには猫にとって危険な要素がたくさんあります。

それでは、野良猫を取り巻いている危険について調べていきましょう。

野良猫は大人になることがそもそも大変なことなんです

野良猫だって、生まれた時には赤ちゃん猫なんです。赤ちゃん時代でさえ、外で暮らさないといけないのですーだって安心して暮らせる家が無いのですから。

まず、子猫は寒さに弱いので冬を越せずに死んでしまうことがとても多いんです。

それに加えて親猫とはぐれてしまうことも多く、そうなると生きていける確率はさらに下がってしまうことになるでしょう。

子猫は成猫に比べて人間をあまり怖がらない傾向にあるため、人間にさわられる機会も増えます。

しかしさわられることで人間の匂いが子猫に付いてしまうと、それが原因で親猫が警戒してしまい、子育てを放棄してしまうこともあるんです。

ですから、野良猫の子猫を見かけても絶対にさわらないようにしましょう。さわるなら、子猫の一生をしっかりと引き受ける覚悟をしてくださいね。

交通事故に合ってしまうリスクがとても高くなる

家の中で飼われている猫なら交通事故に合うことはありませんが、野良猫の場合はそのリスクがとても高くなってしまいます。

猫は標的を見つけるとそのまま道を渡ってしまい、車を途中で見つけても逃げることができません。そのまま行ってしまうか、途中で止まってしまうかのどちらかなんです。

そのため、交通事故に合って命を落としてしまう野良猫がとても多いです。

さらに寒い時期になると暖かさを求めて車のエンジンの中に入り込んでしまう野良猫もいるので、そのままエンジンが付いた時に巻き込まれてしまう危険性も大いにあるんです。

猫同士の縄張り争いに巻き込まれやすくなる

家で飼われている猫は外に出ることがありませんから、縄張りなど気にする必要はありません。

しかし野良猫の場合、自分の縄張りやテリトリーを確保することはとても大事なことで、自分の縄張りを奪われないために、立ち向かっていかないといけないのです。

この縄張り争いに巻き込まれて喧嘩をしてしまうと、それが原因で弱ってしまい死んでしまうこともあります。

そしてオス猫とメス猫で比較すると、やはりオス猫の方が喧嘩をしやすくなるので寿命も短くなる傾向にあるんです。

猫に必要な栄養をきちんと確保することはとても難しい

飼い猫ならば、飼い主さんがその年齢に合ったご飯をきちんと選んでくれて、必要な量を毎日与えてくれます。

だけど野良猫は、だれも面倒を見てくれません。すべてのことを自分だけの力でしていかないといけないのです。

外の世界でご飯を毎日確保するのはとても難しいので、野良猫は基本的に栄養が不足してしまっているのも当然と言えば当然です。常にお腹を空かせている状態でしょう。

新鮮な水さえも確保するのが難しいのです。だから栄養がきちんと取れずに弱ってしまうことも多くなってしまいます。

病気にかかりやすくなってしまう

上の項目で「新鮮な水を確保できない」ことを挙げましたが、それに加えて新鮮なご飯も確保することはとても難しいです。

ですから、野良猫は常に細菌などに感染しやすくなっている状態なんです。常に栄養が不足していて慢性的に弱っている野良猫なら、なおさら感染しやすいと言えるでしょう。

野良猫の場合、猫エイズに感染してしまっている場合も多いです。野良猫同士で喧嘩をしたり、交尾したりすることで感染するのでどんどん増えていってしまうのかもしれないですね……

さらに野良猫の場合、寄生虫に住み着かれてしまうことがとても多いです。

他の野良猫やノミなどから感染することがほとんどですが、1度寄生されてしまうと野良猫は体内の栄養を取られ続けてしまうことになってしまいますから、次第に衰弱していってしまうんです。

野良猫のストレスは計り知れないレベルだと言えます

飼い猫ならば、家の中でゆったりと暮らしていられるのでストレスなどほぼ感じない環境の中で暮らしていられます。

しかし、その生活の中でもストレスを受けていればそれだけ寿命が短くなってしまうとも言われているんです。つまり、猫にとってストレスの有無は寿命をもおびやかす存在であるということが分かりますよね。

野良猫の場合、安心できる家というものがありませんから常に危険にさらされて生きていかなくてはいけません。

危険な空間の中でもなんとか睡眠を取らなくてはならないし、ご飯だって確保しなければいけないんです。

もちろん、他の動物や怖い人間から(保健所やイタズラをする人間など)自分を常に守るため、いつでも目を光らせていなければなりません。

つまり24時間心休まる時間は、ほぼないとも言えるんです。

こんな環境の中で暮らしていれば、野良猫のストレスはいかほどなのでしょうか。それを考えるだけで胸が苦しくなります。

厳しい外の環境の変化にも耐えなければいけない

子猫は冬の寒さを越えることができない、と上項目でも書きましたが成猫になったから寒いのは大丈夫!という訳ではないんです。

野良猫は冬の氷点下の寒さや、夏の暑すぎる時期にも耐え続けないと生きていけないのです。

脱水症状や凍傷を起こしてしまって道端に倒れたとしても、誰も野良猫を助けてはくれないかもしれません。

まさに野良猫にとっては過酷すぎる外の環境。もし家の軒下などに避難している野良猫を見つけても、追い払ったりしないで……どうかそっとしておいてあげてほしいのです。

差が開いている原因には飼い猫の平均寿命が伸びていることも

一昔前の飼い猫の平均寿命は、約10年と言われていました。今は15年くらいですよね。昔よりも5年も長く生きられるようになったのはどうしてなのでしょうか。

それは、猫を取り巻く周りの環境が昔に比べて良くなったからです。昔は病気をしてもそれを治療する手だてなども残念ながらありませんでした。

現代では医療もかなり進歩していて、動物病院に連れていくことも当たり前になっていることも挙げられるでしょう。

さらに、猫のご飯や生活する上での環境(ストレスを与えないようにするなど)も昔に比べて格段に良くなっているんです。

今では平均寿命の15歳を越えても、まだまだ長生きしている飼い猫も多いくらいですよね。

ですから、飼い猫の寿命が長くなった分野良猫の寿命の短さがさらに際立って目立ってしまっている……というのも現実だと言えるでしょう。

野良猫の寿命はとても短いけれど、彼らは命の灯火を一生懸命に生きています

野良猫の生きている環境は、家で飼われている猫と違ってとても過酷な環境の中で一生懸命に命をつないでいます。

頑張っている野良猫をもっと認めてあげて欲しいものです。そして、少しでも多くの野良猫が心から安心できる安住の地を手に入れられますように。

みんなのコメント

  • みるくん より:

    ずっと餌をやりながら見守ってきた野良猫ちゃんが亡くなっていました。その猫は三度の出産をし、その都度赤ちゃん猫にも餌をやり、お母さん猫も随分となついていたので悲しい気持ちでいっぱいです。その近くには三匹の子猫もいて、昨日まで元気に餌を食べていたのに…まだお母さん猫が亡くなっている事にさえ気づいてないようです。間際まで守っていたんだろうと思うと…せめてここにいる間はお母さんの代わりをしようと思っています。

    • 匿名 より:

      迷惑な餌やりはやめろ。

    • 野良猫はお金がかかる より:

      餌だけやって避妊手術はしなかったのですか?不幸な産まれてくる子猫達を減らそうと思わないのですか?私は庭に来た野良猫親子を何度も捕獲し、避妊手術、子猫はボランティアに、医療費餌代を払い渡してます、もし避妊手術もしないで餌やりだけしているから、無責任だと思います、野良猫の保護、餌やりは避妊手術が必須ですよ。

      • 芝久保さん より:

        去勢してやり、その後えさをあげていた地域猫が今日近所の庭で死んでいました。えさ場に来ないのでさがしていたら、5メートルぐらいの近場で死んでいました。大雨でも大雪でも毎日、ほかの猫と一緒にやってきていました。ダニが体に付いていたので、ハーブとか弱いムシ避けスプレイをかけましたが、効かず、市販のをつけたら、すぐ効いたらしく大変元気になっていたのですが、ただダニに食われすぎて、痩せていました。近所のボス猫でした。7歳ぐらいかな。ご飯を食べるのが大好きなな子だったのでえさ場の近くまできて死んだみたいでした。

    • 18.どうぶつ@名無しさん反論 より:

      誰が野良猫にしたんだ。捨て猫が多い

    • みるくさん反論 より:

      野良猫にエサやるな

  • 野良猫 より:

    餌をやるなら責任を持って飼ってください。
    責任を持って飼えないなら餌をやらないでください。
    住んでいる地域の自然が養えるだけの野良猫が生き延びることが出来るのが自然の摂理です。あなたから餌をもらえなくて亡くなるようなら寿命です。

    • 猫友 より:

      自分の身勝手で利己的な欲だけが正義だと疑わない愚か者。

    • 綺麗な空気が欲しい より:

      自然とよく言われますが、昔と同じ自然は今は有りません。
      人間が人間のためだけに自然を破壊してきたのです。
      人間がした事の責任は、人間がとらなくてはいけません。
      自然というのであれば、人間が手を貸さなくても生きていける豊かな自然を返さなくてはなりません。
      今の状況では無理でしょう。
      人間にもそのツケが回ってきています。

    • みーみ より:

      いいやんかー
      お腹空いてたら子供でも大人でも動物でも腹一杯食べさせてやりましょうよ

    • 匿名 より:

      ありがとう

  • 匿名 より:

    地球は、人間だけのため存在するものでしょうか?あらゆる動物たちも存在している以上、生きて行く権利もあるはずですよね? とても難しい課題だとは思いますが、猫ちゃんみたいな身近な動物が人間社会と、上手く共存出来るような世の中になって行く事を願ってやみません。

    • まみ より:

      初めまして。近隣隣の娘さんが野良猫に餌だけやりつづけ殖やし、避妊去勢をと言ったばかりに悲劇が始りつづけやめてしまうのは 虐待 野良猫にので罪にならない。

  • 匿名 より:

    みるくんさんはノラ猫を増やしてますよ。餌付けするならちゃんと去勢してください。無責任ですよ。

    • 匿名 より:

      みるくんさんも無責任だとは思うけど、その野良猫の大元の飼い主の方が無責任。
      みるくんさんの気持ち、わかるわ。可哀想やもん。でも、餌やるのは違うとは思う。

      飼って責任取らずに捨てたクソな飼い主に一番問題がある。その後の繁殖した猫やら、それに餌やりした人には「責任取れよ!」って言われるような責任はない。
      1人でも多く、自分の受け持つ責任に誠実になったらこういう問題は減るんだろうな。

  • のらっち より:

    お前らは全員自分勝手だ !皆野良猫様たちのために全員焼き肉になったほうが良いと思いまする!人間焼肉丼を猫様たちに振る舞うのだ!!!いけー焼き肉になれぇーー!お前らのしゃぶしゃぶで良いいぞーー!

    • まくら より:

      何いってんだよ―

      • 匿名 より:

        酔って書いてんだろ。酒飲んでて野良猫にあって、野良猫で検索してここにきたとか(自分
        悲しくなるわ

      • ぼた餅にゃん より:

        うちには、猫カフェで里親募集になっていた子と、買い物に行った時に近づいてきた元ノラの子、2匹を飼っています。
        ノラちゃんは、ガリガリに痩せ細っていたけど人懐っこくて、可哀想に思って すぐに餌を買いに行きました。
        正直、その時は飼う気は無かったんです(すでに1匹いるので)
        ただ、おなかを空かしている姿を見て、もしかしたら何もしなければ餓死するかもしれないと思いました。
        私と出会ったのも縁です。
        その場で、家族に確認をし、新しい家族として迎えようと決めました。
        餌をあげない、餌をあげて飼わない、餌をあげて飼う…
        どれも間違いじゃないと私は思います。
        もし自分が猫だったら、運命に身を任せて生きるだけです。
        だけど1つ、ノラ猫も懸命に生きています。
        嫌いだからといって、こちらからイジメたり残虐なことだけは、絶対にしないで欲しい!と願っています。

  • ガーガー より:

    みるくんさんと同じ立場に居るから共感。ちなみに家には二匹連れてきた。一軒家買ったら全部連れてくる。

  • ジル より:

    死にそうな猫を見てなにも感じないないなんて、人間で生きてきた意味ないですね。寿命だから仕方ないなんて割りきれる心がわからない。愛情もらわず育ってきた人、かわいそう。
    ご飯だけでも美味しいものだけでも食べられたら野良猫として生まれても幸せなのに。
    うちの庭にも糞尿いっぱい…でも野良猫が食料をどこかで得た証拠。
    手でとって片付けるだけ。私たちは人間なんだから。匿名のくせに。

    • 匿名 より:

      そのとうりです。
      生きるのを見守りたいです。

    • 匿名 より:

      糞尿混じりってことは周りもそうなんじゃないですか?周りは嫌がってるかも。

      野良猫をOKみたいに書くのは良くないよ。人間の生活圏においてはだけど。

      動物飼うなら責任取れよ。って野良猫繁殖の元に言いたいです。

      • 匿名 より:

        繁殖もとって、ペットショップやブリーダーですね!
        産まない、売れないとなると捨てたりいちじは保健所に連れて行ってました。
        当然そちらの方々にも、おっしゃいますよね。
        昔は神社など地域で世話してましたよね。

    • 猫好き猫人間 より:

      猫が嫌いな人も世の中には居ますから。
      猫が嫌いな人間は猫が苦しんでいても何も思わないかも知れません。でも、私はその人たちを非情だとは思いません。
      私は猫が好きですが、苦しんでる猫を見ても必ずしも助けるわけではないです。
      死にそうになっていたとしても、出来る事、出来ない事がありますから。
      猫好きの人の中には、猫嫌いな人の考え方を、一切受け入れない人がいますが、世の中にはいろんな考えの人が居るので、そう言う人達の考え方も受け入れて、野良猫を増やさない、トラブルが起きない様にどうすれば良いか?など、考える必要があると思います。

  •   より:

    心ないコメントばかり。
    ノラ人間だね。

  • 猫大好き。 より:

    私も、野良猫ちゃんに少しでも、美味しいご飯を食べて幸せな瞬間を経験して欲しくて、毎日隠れて、ご飯あげています。

  • 野良猫大好き より:

    みるくんさん、私もあなたと同じ考えです。
    もし自分の家族がどこか遠くにいて誰からも助けてもらえず餓えて苦しんでいたのならほんのひとときでも誰でもいいので助けて欲しいです。
    一生面倒みてくれとは言いません。ほんのひとときでも良いんです。
    救いの手を…
    それが出来るのが人間です。
    人間だけです。

  • 寅次郎 より:

    家の近くでいつもいる一生懸命生きてる野良猫の姿を見て勇気をもらってます。
    頑張れ!
    逆に冷酷な思いやりの無い弱いものには強がる人間こそこの世から消えちまえばいいのに(笑)

  • 匿名 より:

    みんな幸せになれ

  • 匿名 より:

    愛があればなんでもできる

    そう人も、猫も、、、ね?

  • まりん より:

    人、それぞれですね!でも野良猫ちゃんに手をさしのべてあげれるのは、人間だけです。人の生活エリアにいるならば、何とかしてあげたいですね。
    家の近所にも、良く見る野良猫が2.3匹います。私は犬派で、犬を飼っていますし、餌付けもしてませんが、夏前に、気合(気愛)で、1匹捕まえて、避妊しました!ご飯と水などは、マンション1階の方があげているようですが、この間、3階の方に「避妊ありがとうございました」と言われました。お互い傷だらけで笑いあいましたが、やはりほぼ野良猫、難しいですね!

  • 匿名 より:

    自宅の裏庭で目も開いてない三尾の子猫見つけました。
    親猫は私を見た瞬間逃げてしまい
    後、どうしたらいいのかわかりません。
    そのままそっとしておいたら親猫迎えに来てくれるのか?心配です。

  • mignon より:

    三回も赤ちゃん生んだんですねー。

    て事はこれからも、赤ちゃんが出来るって事ですよね。

    望まない出産、お世話出来ない命なら
    関わらないのが一番です。

    我が家に迎えいれ、生涯家族として迎える意志がないのであれば
    やはり 関わらないのがいちばんです。

  • みんにゃん より:

    庭に野良猫が来て餌付けをしたら
    あるとき 家の中で五匹猫を生んでいました。でも今はお母さん猫と、五匹の子供すべて去勢、避妊をして家の中で飼ってます。大変だけど
    家族も猫達も 毎日楽しく幸せ😃💕です

  • mignon より:

    お家の猫にされたんですね。

    幸せになりましたね。

  • 芝久保さん より:

    野良猫が死にました。避妊や去勢をして面倒を見ていました。いつ別れが来るかわからないので、毎日家猫より、のら猫の方にごちそうをあげていました。触ったことはないのですが、いなくなるととっても寂しいです。

  • 芝久保さん より:

    どんな猫でもかわいがってください。猫が死ぬ時面倒を見てくれた人の災いを持って死んでいくそうです。その言葉どうり、私は腰痛で苦しんでいましたが、軽くなりました。ホントの話です。

  • 山猫 より:

    すべての野良猫の短くとも幸せな生涯と冥福を祈ります。桜の木の下で暮らしてたグレーの猫が、車に轢かれて亡くなったと、いつも餌をあげてたらしい人に聞き。私はたまに声かけたり眺めてホッコリしてただけで、何もしてあげられず・・

  • えり より:

    私はいつも辛いです。。大好きな猫ちゃん。可哀想にと泣けてきます。堂々とご飯をあげたいです。人間はいつも食べれるし、エアコンがあり、水がそばにあり、、野良さんがいるのは
    人間のせいなのに。。私は餌やり禁止とか言うような冷酷な人間とは友達になりたくありません。餌やり禁止でもあげます。

    • プンプン丸 より:

      野良猫がどうのこうの、餌やるの無責任とか言ってるけど、元は人間が猫を捨てるからでしょ!飼ってた猫を引っ越し先に連れて行かずそのまま置いて行ったり。猫は被害者だと思うけど。

    • 猫好き猫人間 より:

      猫の繁殖力が旺盛なのは知ってますか?
      猫は、オスのオチンチンに返しのようにトゲが生えています。
      そのトゲが交尾の時にメスの体内に突き刺さることで刺激となり、排卵が起きます。
      なので、人間のように排卵周期に合わせて交配しないと妊娠しないのではなく、交尾をするとほぼ確実に妊娠します。
      また、発情期が年に3回程度あり、一度に4匹前後の子猫を産みます。
      年に2回以上出産する猫も居ます。
      健康な猫であればほぼ毎年の出産が可能なのです。
      更に、近親交配は当たり前。
      親兄弟関係無く、生後早ければ半年で繁殖が可能になります。
      室内飼いでつがいを飼い始め、数年で60匹になったと言う話もある程です。

      また、室内飼いであっても、メス猫の発情期のフェロモンで、オス猫も発情しますので相手を求めて外に出ようと必死になります。
      メス猫のフェロモンにオス猫が寄って来るので、逃げた猫が帰ってきた時に身籠っている事が多いのはこの為です。

      野良猫には、虐待や事故、病気や餓死、凍死など危険がいっぱいで、野良猫の寿命は2〜3年程しか有りません。
      日本では年間6万匹の猫が殺処分されています。

      餌付けをしている人は、猫が可哀想だと思って始めるのですが、それがこういった不幸な猫を増やす手助けをしている事になってしまいます。
      餌をあげれば、野良猫の栄養状態が良くなり、繁殖能力が上がります。
      餌をあげるなら、きちんと去勢や避妊をして増やさない様にする事は必須なのです。
      猫を助ける事は素晴らしい事ですが、せめて避妊や去勢手術まで責任が持てないのであれば、見守る事も愛情です。
      私も、よっぽどの事がない限り、餌付けをする事はありません。
      猫はメジャーな動物ですが、この妊娠に至るまでの仕組みを知らない人が多く、不妊手術をしないで放し飼いにしていたり、野良猫に餌付けだけをしたりする人がおり、いつまでたっても野良猫が減らず不幸な猫も減らないのです。

  • 匿名 より:

    過酷な環境の中、野良猫ちゃんはいつも頑張ってます。無責任な餌やりなんて、言う人の方が頭おかしいです。
    たった2、3年しか生きられない野良猫ちゃんに、ほんの少しでも出会った時に手を差し伸べたいだけです。

    • 猫川 より:

      私は、素敵だとおもいますよ。その考え方。

      良い、悪いは立場が変わればかわるもの。

  • 匿名 より:

    人間がいようといまいと猫は勝手に増えていきます

    餌やりを禁止する人が冷酷と言ってますが、同じ人間でも貧困で苦しんでる方がいます。その方々に支援しようとは思わないのでしょうか?
    猫は無限に増えいくので餌やりして増えすぎたら殺処分されますよ。人間社会主体で見れば自然なことです

    • 猫友 より:

      なぜ人間社会が主体でなければならないのか?畜生と同レベルの思考回路だな。

      • 匿名 より:

        じゃあ猫を主体に考えるのか?人間がえさを与え意図的に大量繁殖させるってことか?バカだろお前

  • 室内飼いと遺棄防止の徹底を より:

    人間が飼い猫の遺棄をやめ、野良になった猫への餌やりをやめ、ゴミ収集場にはカラス除けのネットをしっかりと取り付ければ野良猫の数は適正値に落ち着きます。
    その適正値、どれぐらいだと思いますか?自然豊かな西表島や対馬でイリオモテヤマネコやツシマヤマネコを見かけるのが極めて稀な事実を考えると、まず、それ以上に見かけるのが難しいぐらいの小頭数になるはずです。
    つまり、猫を捨てる人間と餌ヤリする人間(同程度に同罪)が、街の野良猫の数を「維持」しているのです。小さな命を意図的に大量生産して大量に病死・事故死させているだけ。いいかげん、確信犯的な偽善行為はやめてほしいものです。

  • より:

    イリオモテヤマネコは警戒心が非常に強く、一度の出産で産まれる子猫の数も少なく、発情期も少なく、子育てにも時間を要します。
    またそもそも自然豊かな山のなかで生息しており夜行性のため、見つけるのが困難なのは至極当然のことで、野良猫と同列に扱うのは間違っています。

    • 匿名 より:

      論旨はそこじゃないだろ。
      小さな命を意図的に大量生産して大量に病死・事故死をおこしている
      ってとこだろ。お門違いだよお前

    • 室内飼いと遺棄防止の徹底! より:

      え~、そもそもネコ科の肉食獣1頭あたり、非常に広い狩りのためのフィールドを必要とするという事実を無視しています。
      イリオモテヤマネコ、ツシマヤマネコは狩りの名人です。猫でありながら潜水して魚や水鳥を襲うという離れ業すらやってのけます。警戒心が強いというのは、それだけ気配を殺すのが上手で、狩りのスキルも高いことの証左です。その彼らをもってしても、あの自然豊かな島の中で100頭いるかどうか…という数しか個体維持ができていません。
      この事情は、イエネコ(=原種はリビアヤマネコ)も同じです。人間が野良猫への給餌をやめ、ゴミも漁れないよう処置をすれば小動物を狩って生きてゆくしかありませんが、それでこんなにも多くの野良猫が街を闊歩する事態が続くでしょうか?
      何度でも言います。ペットのイエネコを捨てる人と、去勢・避妊処置もしない個体に屋外で給餌をする人たちが、彼らの路上繁殖を幇助し、不幸な野良猫の数を「維持」しています。そして、大量の病死・事故死を作り出しているのも…。この現実から、目をそむけないでください。
      「増やさないのも愛」 動物の愛語と適切な管理をよびかけるために、環境省が出したパンフレットのタイトルです。

  • 通りすがり より:

    生後程なく(2週)して捨てられていた子猫を拾って一緒に暮らすようになって4年が経ちました。
    実は生まれて初めての猫との生活でした。小型犬飼育経験と織り交ぜながら、色々試行錯誤して立派に育ってくれて本当に嬉しいし、猫の事を色々調べたんです。私が辿り着いたのは無責任な餌やり等はダメだなと思ってます。TNRをするのであれば、良いとは思うんです。でも、やっぱり外猫さんが減ると良いなぁ。寿命に違いがあることは知っていたので、うちの子もあのまま誰も拾わなかったら、今現在間違いなく私の隣にはいないんです。でも一緒に暮らしたことによって、我が家の女王様になってのんびり過ごしてるんです。運命的な出会いに感謝してます。
    小さな善意が悲劇になってしまう。人間によって翻弄されてる現状は悲しいです。

  • 困った より:

    野良猫に車キズつけられた。猫よけしてるけど。不凍液舐めさす以外方法が見当たらない。

  • 困った より:

    フロントガラス傷。ボンネットに傷。新車なんすけど…
    懲らしめる方法教えて?

    • 室内飼いと遺棄防止の徹底! より:

      ご愁傷様です。私も近所の餌ヤリ婆さんが放し飼い状態にしていた野良猫に、新車のバイクのシートで爪研ぎされ、購入後半月以内で使い物にならなくされた経験があります。中のウレタンが全てむき出しになり、修理(というかシート全交換)に10万くらいかかりました。
      お気持ちは痛いほどよく分かるのですが、少し冷静になられたほうがいいと思います。「懲らしめる」というのは「制裁」という意味であり、恐らくは報復的な意味合いで「苦痛を与える」というようなことをお考えなのだと思いますが、それはあくまで人間の倫理観や感情に基づいて為される行為です。やられている側が「自分がなぜ、そのようなことをされているのか?」を倫理的に理解できないのであれば、「制裁」としての意義は持ちえません。
      何らかの方法で追い払うか、寄りつかなくするか、もしくは法的に正規の手続きで捕獲して、行政に「迷い猫」として届け出るしか、現状では採り得る手段がありません。

    • 猫川 より:

      災難でしたね。お気持ちわかります。車にシートをするのは、いかがでしょうか?

  • 困った より:

    てか野良猫世話するなら自分の家の中で飼えよ。

    • 猫川 より:

      本当はそれが一番よいのでしょうね。
      ノラ猫の幸せ、不幸とはなんなのでしょうか。

  • 匿名 より:

    自分で飼うか去勢してあげられないのであれば、野良猫には餌をあげないほうがいいです。
    野良猫のまま餌を与えられると、生き延びた野良猫同士でまた不幸な野良猫が産まれてしまうからです。

    私も生き物が好きなので、かわいそうな猫を見たときの気持ちはわかります。しかし、何も考えず餌をあげてしまうのは浅はかで、本当に猫のためにはなっていません。

    そこにいる全ての猫を去勢してあげればそれ以上野良猫が増えないので、その時の餌は猫を救います。そうでなければ、野良猫の地獄は世代を超えて続きます。

    現実的には飼ってあげるのが一番ですが、そうすることができないのなら無責任に餌をあげることは一番の悪です。
    また、野良猫を懲らしめるなんて考えは外道です。

  • ワーナ より:

    本当に難しい問題。
    でも必ず解決したい問題。不幸になるネコを1匹でも減らしたい。

  • 匿名 より:

    ほんの一瞬美味しい餌食べるだけ。。人間が猫達捨てたからこうなったわけで、連帯責任。。人間だけいい目してる。。

  • 必死に生きてるだけ より:

    交通量の多い国道でマナーの悪いドライバーが道路脇に捨てた弁当箱をあさって食べていたんでしょう。。生後1ヶ月ぐらいの白いシャム猫(?)がクルマにひかれて死んでいました(涙)
    その隣で兄弟猫が必死にその弁当箱をあさっていした。
    野良子猫の生活はそれほど過酷なんです。
    野良猫の存在の善悪は別として悲しい。

  • より:

    Q 最近「愛誤」って言葉を目にするけど愛護とは違うの?
    A 全く異なります。「愛誤」は愛護精神を履き違えて勘違しているエゴイストな人達を指します。

    愛護が順法の精神に則り、自然環境の保護や、動物及び愛護動物の共生の有り方を模索し、虐待や遺棄の防止や、適正な飼育・取り扱いの普及啓発を行うのに対し愛誤は「動物が可哀想」という感情のみで、物を言ったり、行動を起こす愚か者を指します。
    感情や独自価値観による発言や行動の為、結果的に全く愛護精神とはかけ離れた存在となります。

    愛誤の特徴として
    ・優先順位がその動物がカワイイからや頭が良いからなどで、自分の判断基準に当てはまらない物には興味が無い。
    ・他者の不利益や社会規範、食文化などを自分の判断基準で切り捨て、場合によっては悪と認定する。
    ・人間よりも動物が大事で動物を守る為ならば他の“人間”の生命や財産に危害を及ぼしても平気。
    ・動物愛護を謳いながら実は利己目的や政治利用をする動物愛誤団体の支持をしたりする。

    己があたかも正義であるかのように価値観を押し付け、他者の価値観を否定し、排除します。人の話も聞けません。
    我侭を恥ずかしげも無く主張し、自分の思い通りに成らないことに事について泣き喚く子供と、何ら変わらない者達です。

    某サイトより抜粋

  • 匿名 より:

    野良猫に餌やるぐらいかわいいなら最後まで面倒をみろ。不幸な子猫を産まないように去勢もしろ。人の庭で排便されて、なんで猫ぎらいな人間が片付けなあかんねや。家猫は家の中で飼っとけ。庭を便所にされて迷惑やわ。

    • 匿名 より:

      あーあ
      言っちゃったねー

      あなたの家族がノラ猫に生まれ変わっても同じ事言える?

  • にゃーす より:

    さまざまなご意見参考になります。近所にも野良猫がいて猫が増えています。TNRのことも知りましたので今度の避妊、去勢手術に予約を入れた所でした。
    ですが、いつも親猫が子供を産むおばあさんの住まいのベランダやそのの下に、猫のことをあまり良く思っていない方だとおもいますが「餌をやるな」などの貼紙が貼ってありました。
    餌を与えている人は別の人達で何人もいます。ペットが飼えない所に住んでいるようなので外で面倒を見ているという方もいました。
    里親になってもらえるよう猫カフェにも写真等掲示させてもらえるようお願いにも行きました。
    私にはこれくらいのことしか出来ないのですが、少しでも不幸な猫が増えないようになればと思っています。

  • ペットって何だ より:

    人間が勝手に猫飼うのがペットか猫には、迷惑。フリダーの金儲け・ペットショップ金儲け・獣医の金儲け・ペット霊園の金儲け・飼主が猫を捨てる。野良猫

  • こころ より:

    自宅庭に痩せて少し怪我して可哀相な野良猫が毎日来ています。助けてあげたいが密集した住宅街でありどうすべきか悩みます。

    • 室内飼いと遺棄防止の徹底を! より:

      >助けてあげたいが密集した住宅街でありどうすべきか悩みます。

      密集した住宅地では気が引ける…と書いてること自体、確信犯的に公害性の高い「路上給餌」のスタイルで助ける(?)こと以外、考えてない訳ですね。
      猫好きの人って、どうしてこう、猫という動物が「世間から思いっきり嫌われる」ように仕向けようとするのか、理解に苦しみます。
      野良猫を助けたいのなら、保護して自治体の動物愛護センターに届けるか、里親ないしは里親探しのボランティア団体が見つかるまでは自宅内で保護して、脱走しないように管理してください。それができないなら放っておいてください。彼らの路上棲息を中途半端に“支援”することは、結局のところ不幸の無限連鎖を作り出すだけです。
      所有者の定まっている飼い猫の外飼いですら、世の中のほとんどの獣医が「虐待だ」と言っているぐらいです。

  • 捨て猫反対 より:

    野良猫のエサやりは、法律で禁止にしろ。野良猫は、エサがなければ自然といなくなる。でも野良猫って、捨て猫の子孫だろ。一番悪いのは、猫を捨てた奴だ。

  • 1名無しねこさん より:

    田舎でも、ハクビシンが、増えて、野良猫・外飼い猫と深夜大喧嘩

  • 地域猫は許す より:

    そのうち移民と言う害獣が大量に日本に押し寄せるから庭の猫の糞の事なんてどうでもよくなるで   

  • 1名無しねこさん より:

    室内飼い猫・ゲージ飼い猫・飼主が可愛がったて、猫は、何を思っているか?煩い奴らだなとしか思っていないよ。多分ストレスが溜まっているよ。凶暴猫だって、嫌だな毎日煩い、猫の本能がでて、飼主にかかる。これで捨てられたら、野良猫。生き延びるのが大変だ。猫の気持ちを志村動物園のハイジに聞いてみろ。外飼い猫は、自由気まま、猫の本能だして、生き延びています。

  • 1名無しねこさん より:

    我家の猫は、外国猫系雑種です。野良猫と同じ状態、違うのは、エサ・おやつを貰う所が違います。猫本来の自由気ままに暮らして、います。遊び感覚で、動く物なんでも襲いかかります。鼠を捕るので、助かります。縄張り争い喧嘩は、もちろん、更け始まると家を留守にします。

  • 1名無しねこさん より:

    捨て猫・野良猫は見かけません。見かけたら、徹底的に追い回す。猫に危害は、くれません。猫は、寄り付きません。猫が糞を庭にされた、何て投稿しないで、猫を追い回せばいいんだ。猫に教えれば、来ないよ。なぜ猫を追い回すか・我家の外飼い猫が、喧嘩して猫エイズ・悪性ウイルスを移されるからです。サバトラ白雄猫をエイズで亡くしているからです。それでも逃げない場合いは、手制の猫捕獲器で捕まえて、夜車で遠くへ捨ててくる。一番悪いのは、猫を捨てた飼主だ。

    • 匿名 より:

      アンタのやってること、最悪だな。飼い猫に病気を感染されるのが嫌なら、自分の猫の外飼いをやめればいい。というか「猫公害」の立派な担い手になっている自覚が無い上に、身勝手な理由で野良猫を追い回し必要以上に恐怖を与えてるあたりが救い難い。(ボランティアが保護しようにも捕まえにくくなるだろ。少しは考えろ。)
      ちなみに捕獲した猫を勝手によその地域に捨てたりした場合も立派な「遺棄」です。
      「愛護動物を遺棄した者は、50万円以下の罰金に処する」
      (動物愛護管理法 第27条3)

      • ? より:

        猫を捨てる馬鹿が悪いんだ。ガタガタうるせい愛護団体

        • 匿名 より:

          猫好きの大半は、この手のインモラル人間だもんなぁ。世間から猫が迷惑がられて嫌われる訳だよ…。

          • 匿名 より:

            猫好きとか関係ないない
            ひとくくりにしなーい

            生きとし生けるもの全てに慈しみを。
            たまたま人間で産まれただけ。
            次あなたがノラ猫に産まれる番ですな。
            餌あげるからね。

  • 匿名 より:

    >生きとし生けるもの全てに慈しみを。
    >たまたま人間で産まれただけ。
    >次あなたがノラ猫に産まれる番ですな。
    >餌あげるからね。

    なるほど。
    カラスにも土鳩にもハクビシンにもアライグマにもイタチにも餌あげなよ。その理屈で行くならね。(^^

  • ねこんず より:

    近所で餌をもらっていた野良猫が子どもを産みました。少し大きくなってたくさん餌を食べるようになったら、お金がかかるからと追い払うようになり、色々な家を回って餌をねだるようになりました。とてもかわいそうでした。猫好きとしてはおなかいっぱい食べさせてあげたい、でも責任待って家の中で飼ってあげられないのであれば餌はあげないのがルールでしょう。つらい日々でした。でも結局見ていられなくなり、家族を説得し猫を保護して里親を探しました。餌をあげたい気持ちは痛いほどわかります。しかし家で飼えないのなら、里親も探す気がないなら、餌をあげないで欲しい。不幸な猫が増えるだけです。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ