しつけで猫を叩くのはNG!体罰に効果がない理由は3秒ルールにある

突然ですが、猫を叩いたことはありますか?まだ叩いたことは無くても、躾のために体罰を取り入れたほうが効果的だと思いますか?

今回、記事を書くにあたり、現在猫を飼っている、あるいはかつて飼っていた8人に以下の質問を投げかけました。

  • 猫を叩いたことがありますか
  • 猫を叩くことは躾に効果的だと思いますか

結果は8人中5人が「叩いたことがない。効果的とは思わない」と答えました。

残る3人のうち2人が「叩いたことはあるけれど、効果的とは思わない。叩くのは人間側の腹いせとして軽くぺちんとする程度」と答え、最後の1人が「叩く。しつけだから治るまで」というものでした。

叩く=躾?猫と私たちの間にある認知の差

その昔、昭和がナウかったころ。体罰は普遍的なものでした。小学生は黒板消しの背板や長い定規で涙目になるほど叩かれたものですし、犬猫はたとえ飼われていても、基本屋外でワイルド。家族というより家畜寄り。

その頃を思うと、年齢層が高めになるほど「猫を叩く=躾」ともなるのかと思ったのですが、結果としては、年齢層もバラバラなほぼ全員が「猫は叩いても躾けられない」と答えたあたり、猫と暮らしていれば、これは共通する感覚なのでしょう。

▼叩くのではなく、それ以外の方法でのしつけが考えられてきましたよね
子猫のうちにしておきたいしつけの方法。ダメな事を覚えてもらうには

猫を叩こうと思う飼い主が少ないことに、大変安堵した次第ですが、ではなぜ、猫を叩いても意味がないのか、考えてみたいと思います。

猫は犬のように調教は出来ない動物として一般的に知られています。かといって、犬より知性が劣るわけではないことは、猫飼いの皆様はよくご存じの事でしょう。

猫の見ている世界と猫の判断基準は猫の数だけ存在していて、我々はそれを窺い知ることしかできません。猫に指さして何かを見せようとすると、猫は指さされた対象物ではなく、指し示す指の先をじっと見つめています。

▼これは猫にとって挨拶の意味があります
猫の意外な挨拶方法。飼い主さんのお返しは人指し指がポイント!

離れた対象物に対し、猫に「あれを見て欲しい」と示すのは意外と難しいものです。同じように、猫がいたずらをしたとして、猫を叱っても、猫は自分の行いと飼い主の怒りを結び付けて考えることが出来ません。

褒めるときも叱るときも3秒ルール

褒めるときも叱るときも、行いの3秒以内でないとうまく認識できないと言われています。また、猫は自分の行いを常に「正しい」と思っています。

飼い主にとっては理不尽極まりないいたずらや粗相であっても、猫に悪意は全くなく、猫なりの正当性を以って行っているわけです。

▼飼い主さんにかまってほしいからイタズラをすることもあるのです
猛威を振るうニャンサムウェア!パソコン作業の邪魔をする猫の本音

そこでいきなり「叩く」などの体罰を加えたとしたらどうでしょう。人間でも、勝手の分からない職場や環境で何気なく行ったことについて、理不尽な叱責を受けるという事は大いにありえる出来事ですが、当然納得いきませんよね。

いきなり叩かれた猫も同じことで、「どうして」の当惑の後に「なんなのこの人」という不信、そして叱責のストレスからミスを繰り返す新入社員のように、改善どころか悪化するリスクの方が高くなります。

▼猫に嫌われる叱り方になっていないか思い返してみましょう
猫のイタズラあるあるとその対策。飼い主が嫌われる叱り方とは

飼い主に叩かれ続けた猫の実例

冒頭の猫飼い8人に聞きましたインタビューで唯一「叩く」と答えた飼い主の事例です。彼は少しでも猫が気にくわないことをすると素手やリモコンで猫の頭を叩いていました。

彼の猫は、おとなしく賢く従順な気質の猫だったためか、そんな躾でもよく懐き、目立った悪さはしませんでしたが、ふとドアを開けたすきに逃げ出して、二度と戻りませんでした。

叩かれ続けることによって飼い主との信頼関係は破綻していたと思わざるを得ないほど、鮮やかな逃げっぷりだったようで、個人的には、逃げてくれてよかったと思います。

飼い主曰く、叩いた直後は目がうつろになり、ふらついてしばらく回復しない時もあったようです。猫の平均体重をおよそ4kgとした時、成人の平均体重は猫の13倍から16倍に相当します。これは人間にとっては牛の体重ほどの倍率になります。

例えば牛が直立して、こん棒で叩いてきたら…?ダメージは推して知るべしですね。とんでもない話です。

しかし、加減の分からない体罰によるペットの負傷は、獣医さんに聞くとごくまれにあるようで、かつては叩くより軽い体罰として鼻ピンを勧めるサイトや飼育書もあったようですが、強くやりすぎて鼻の軟骨が歪む例もあったとか。

猫を叩くならおしりを優しく

猫を叩いても猫は理解しないし、猫の頭とあなたの心が痛むだけで無意味、というのがこの記事で主張したい最大にして唯一のことです。

大きな家畜を扱う仕事では、時には自身を守るために全力で相対する動物を殴らないといけない場合もあると聞きます。しかし、猫。牛のように足を踏まれたからといって、甲が砕けるわけじゃなし。

目的は「痛めつけること」ではなく「わかってもらうこと」なのですから、褒めて、伸ばして、誘導して、うまく猫と分かり合っていく躾を目指したいものですね。

▼猫の習性と向き合い、猫に動いてもらうようにできるかもしれません
猫にしつけは必要?猫の習性を知って、問題行動に上手に対応しよう。

ちなみに私は飼い猫を叩いたことがあります。こちらがしたてに出ていればしつこく猫パンチを繰り返し、最終的には興奮して噛みつきと蹴り蹴りに至ってご満悦、というタイプの猫でした。

猫パンチの度に、同等程度に力加減した猫パンチ風わたしパンチで応酬していたら、大層お気に召したらしく、その後も二重パンチや一回転パンチ蹴り蹴りなどパワーアップした様々な技を編み出しては嬉々として襲撃してくれました。

その時のいくつかは消えない傷となって愛猫の思い出のよすがとなっておりますが、この例を以って、躾としては本当にまったく無意味だったという事はお伝え出来るかと思います。

どうせ猫を叩くなら、尻尾の付け根を軽く叩くのがお勧めです。猫に腹が立った時「もう!もう!もう!」と思いながら尻尾の付け根をノッキングすると猫はうっとりゴロニャン、飼い主は適度に気がまぎれます。

▼猫の尻尾の付け根は敏感な部位なので取り扱いには気を付けてくださいね
猫の尻尾の付け根は触って大丈夫?痛がるのか喜ぶのかを見極めて

双方幸せになれますが、当然躾にはなりません。ご理解の上でお試しください。

みんなのコメント

  • ドコモ より:

    猫は掃除機を恐れるから猫が悪戯したら猫に掃除機をかければ逃げ惑いますよ。
    しばらく悪さしなくなります。

  • エミ より:

    さっき二十歳の息子が棚に上がった猫を注意しても聞かないからと蹴ったそうです。10キロある猫とはいえ!小さい動物にそのようなことをした息子が怖いです。

  • T より:

    躾のためだからって猫をけったり叩いたりするのってふつー見る側もされる側もいやだから、それやめなよ。ってゆったら逆にこいつが噛むからダメなんよ。っておこられました

  • R より:

    うちの家では父がよくネコを躾と称して叩きます。
    私も母も叩くのはダメだから、先生や専門家の人が言ってるからと言っても、「こいつが暴れまくるのが悪い。」の一点張り。
    私自身も父から殴られたりデコピンされたりすることがあり、その度に「悪いのはわかったけどなんで殴るの?、怖い、嫌だ」と思います。
    人間の言葉が上手く伝わりにくいネコちゃんだともっと怖いと思うし、それこそ反撃だってしちゃうよなと思いました。
    私はまだ学生の身であるため、父に逆らうことができません。それでもなんとか叩いたりするのを止めさせようとこの記事を読んで改めて思いました。

  • ヒマラヤン より:

    今、推定6ヶ月になる保護猫が私のふくらはぎに噛みつきました。
    とっさにその足で猫を蹴飛ばしたところです。やんちゃ盛りで落ち着きなく、先住猫(3歳)にまつわりつき、先住はストレスで声はカレ、吐き気をもようし、元気がありません。今日で3日間会わせておりません。そんな状況下で、餌の準備中、待ちきれず、ふくらはぎを噛んだのだと思います。この蹴飛ばしも躾のつもりでの行為ですが、間違った行動だったのでしょうか?こんな時、どうすれば、猫ちゃんにわかってもらえるのでしょうか?悪さをした時、大きな声を出して叱っていましたが、全く効果ありません。限界です。この性格が原因で飼主に捨てられたのだと思います。言葉よりも体罰の方が効果的と思いますが。先住猫も体罰を持って育て、今はとても素直でいい子です。猫にも遺伝的性格の違いは個々あると思いますが。
    因みに体罰であって、虐待ではありません。蹴飛ばした直ぐ後、足元にすり寄ってきました。普通なら怖がって近寄らないのに。その猫ちゃんの行動も私には理解できません。猫の気持ちがわかりません。
    躾に悩んでいます。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ