猫が脇の下を好きなのはなぜ?においや愛情表現からくる不思議な行動

とっても大切で愛しい飼い猫とスキンシップを楽しんでいる時、何を思ったのか脇の下に顔を突っ込んでうっとりしている姿に戸惑ったことはありませんか?

スキンシップを取っている時意外にも、のんびりとテレビをみている時、ゆったりとくつろいでいる時、寝ている時に、おもむろに近づいてきては脇の下に鼻を入れるのが大好きな猫ちゃんは多いようです。

一体、猫ちゃんは何を思って飼い主様の脇の下に顔を潜り込ませようとするのでしょうか?また脇の下に顔を入れる猫ちゃんにどのような反応をしてあげるのが良いのでしょうか?

猫が脇の下が好きな理由

愛猫を膝に乗せてなでなでしている時に、突然脇の下に顔を突っ込んできた!脇の下が見える服を着ていたら、なぜか脇の下を舐めてきた!そんな仕草に少々戸惑ってしまった経験のある方も多いでしょう。

しかし、脇の下が好きな脇フェチの猫ちゃんは実は大変多いようです。なぜ、こんなにも脇の下が好きな猫ちゃんが多いのでしょうか?

フェロモンと同じ匂いだから

脇の下は人間の体の中でも汗をかきやすい部位です。そのため人間にとっては感じられない匂いでも、嗅覚がとても良い猫にとって脇の下は飼い主様の汗の匂いがたくさんする場所です。人間の汗の匂いとは、いうならば飼い主様のフェロモンの匂い。

信頼関係を確かめ合うために、お互いのフェロモンの匂いを嗅ぎ合う猫にとっては、脇の下を嗅ぐことは信頼しているサインでもあるのです。ちなみに脇の下の中でも、臭いが少々きつい「ワキガ」の人の方が、猫に好かれやすいそうです。

理由としては、ワキガの匂いの原因となるアポクリン腺の匂いが、猫を夢中にさせる正体であるため、少々匂いがきつめの方がお好みのようです。また、アポクリン腺は脇の下の他にも、股の間にも多くあります。

もし、愛猫がやたらと使用済みの下着の匂いをかぐ、下着を持って行こうとするという方は、このアポクリン腺からでるフェロモンのような香りがそのような行動に走らせているのかもしれませんね。

飼い主様の匂いが好きだから

脇の下の匂いを嗅ぐだけではなく、顔を脇の下に突っ込んでくる猫ちゃんは、脇の下の匂いも好きだけど、そもそも大好きな飼い主様の匂いに包まれたいという願望が強く出て結果、そのような行動に出ている場合もあります。

飼い主様が大好きで、もっと近くで匂いを感じたい、飼い主様の匂いに挟まれたい!そんな思いが高ぶってしまい、脇の下に顔をうずめてリラックスをしているのかも。

たまたま脇の下に顔をうずめたら驚くほど快適だった!なんて猫ちゃんは、病みつきになって甘えたくなるたびに顔を脇の下にうずめるようになったという話もよく耳にしますね。

ちなみに、我が家の愛猫も膝の上でくつろぐたびに顔を脇の下に入れて寝ます。とっても可愛くて、動くに動けなくなってしまうのも日常あるあるです。

暖かくて落ち着くから

脇の下に限らずぴったりと体をくっつけてくるのは、人の体温で暖をとっているからという場合も。それの延長で、飼い主様で暖をとろうと思った時に、たまたま脇の下に体を滑り込ませたらちょうど良いフィット感だったのかもしれません。

特に寝ている時に脇の下でゴロンと横になったり、脇の下に顔をうずめて寝る猫ちゃんは、脇の下で挟まれることで暖かくなるだけではなく、狭くて落ち着くと感じているのかも。

寒い冬になると必ず脇の下に入り込んでくるという猫ちゃんは、暖かいからというのが理由かもしれませんね。ただ、どのような理由であっても好きでもない相手の脇の下に体や顔をうずめることはまずありませんので、信頼されている証拠だというのは間違いないと思っておいてください。

構って欲しいから

脇の下が好きというだけではなく、構って欲しいという時にも脇の下に顔を入れたり匂いを嗅いだりするようです。以前、脇の下の匂いを嗅いだら飼い主様に「何してるのよ〜」と言われながらも、結局構ってくれたという経験があるのかも。

また、何かの作業をしている時に脇の下になんらかのアクションをする猫は、邪魔をして遊んでもらおうと必死になっているのかも。猫は飼い主様から構ってもらいたい時、あの手この手を使って何とか注目してもらおうと必死になります。

そんな愛猫の構ってサインが、脇の下の匂いを嗅いだり、脇の下に顔を入れたりする行為だと思ったら、なんだか余計に愛しくなってしまいますよね。

メス猫のフェロモンの匂いに似ている

脇の下が大好きなオス猫ならば、もしかしたらあなたのことを恋人のように思っているのかもしれませんよ。一説によると人間の脇の下や足の裏の体臭はメス猫の性フェロモンの匂いに似ているのだとか。

そのため、飼い主様の脇の下にやたらと執着しているオス猫はもしかしたら、興奮を覚えている可能性も。だからと言って飼い主様に何らかの行動をとるわけでもありませんので、まるで恋人のように愛してくれているという事実を素直に受け止めてあげましょう。

母猫の乳首の匂いに似ている

脇の下の匂いを嗅いで、舐めて、ゴロゴロと喉を鳴らして、安心して眠る愛猫の姿に戸惑っている方。その行動は、まさに子猫気分で母猫代わりである飼い主様に甘えている時に見せる行動です。

実は人間の脇の下の匂いは、母猫が乳首から出すフェロモンの匂いに似ていると言われています。そのため脇の下の匂いを嗅いで母猫のことを思い出し、思う存分甘えてフミフミをしながら寝てしまう可愛い子もいます。

脇の下から出る匂いが、母猫の乳首の匂いに似ていると言われてもピンとしませんが、脇の下が大好きな猫ちゃんがこれだけ多いのですから、おそらく真実なのでしょうね。

猫が脇の下で寝るのは愛情の証

脇の下が好きすぎて、脇の下でしか眠らないという猫ちゃんも世の中には存在しているようですが、この飼い主様の脇の下で寝るという行為、実は猫が飼い主様をとても愛している証でもあるというのをご存知でしょうか?

そもそも猫にとって眠っているときとは、自分が最も無防備になっているときです。無防備な状態で敵に襲われてはひとたまりもありませんよね。そのため、野良猫はいつでも逃げられるように深い眠りにはつかなかったり、人間や他の動物の手が届かない場所で寝るのです。

そんな猫ちゃんが、飼い主様の近くで寝るだけではなく、密着して寝る、ましてや攻撃をされたらすぐにやられてしまいそうな脇の下で眠るということは「この人は何があっても攻撃をしてくることはない」と、心の底から信頼している証拠です。

脇の下で眠るほど飼い主様のことを愛している猫ちゃんに、たくさんの愛情を返してあげてくださいね。

脇の下が好きな猫ちゃんへの対処法

脇の下が大好きで隙があればクンクンと匂いを嗅いできたり、顔をうずめてウットリしている愛猫。そんな猫ちゃんが愛しくて、たまらなく可愛いと感じる反面「脇の下がこそばがゆい」と苦しんでいる飼い主様もいらっしゃるのでは?

愛猫がリラックスをして幸せそうな顔をしてくれているから、なんとか耐えようとしていても、あまりにも長時間匂いを嗅がれてしまうと、さすがに我慢ができなくなりそうですよね。

しかし、猫ちゃんが脇の下の匂いを嗅いでいるというのは、やはり幸せな時間を堪能しているのでしょうし、飼い主様に対して愛情表現をしているのです。

もし、我慢ができそうならば、脇の下の匂いを嗅いでいるときや、顔をうずめているときはたくさん撫でてあげるようにしましょう。

そうすることで、猫ちゃんはさらにリラックスをしてくれるはずです。わかっているけれど、こそばゆい!という方は、長袖を着たり、脇の下が直接出ない服を着用するなどして対策を行ってみてはいかがでしょうか?

脇の下に近づいてきたら、さりげなく避けるというのも方法でしょうが、せっかく愛情表現をしてくれるのですから、拒否をせずにできるだけ受け入れてあげてはいかがでしょうか?

脇の下が好きな猫ちゃんの愛情を受け入れてもっと仲良くなろう

脇の下が好きな猫ちゃんはとても多く、それと同じくらい脇の下がもふもふする感触に思わず笑ってしまいそうになりがらも、頑張って耐えている飼い主様も多いのです。

脇の下の匂いを嗅がれると聞くと「えっ!?」となってしまいますが、理由を知ると愛しく思えてしまうから不思議です。できれば、愛猫が脇の下の匂いを嗅いでくるのであればそれを受け入れてあげてはいかがでしょうか。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ