なぜ猫はテレビに乗るのか。乗りたい猫の気持ち&飼い主がすべき対策

最近の自宅用テレビはみんな薄型。現在、ほとんどのご家庭が薄型テレビを利用していることと思います。うっす〜いのにわざわざ猫がテレビに器用に乗る。猫飼いならばよくある光景です。

なんでわざわざそんな所に乗るのか、倒れて液晶が割れてしまった経験あり、どうしたら止めさせられるだろう?そんな疑問のお持ちの方に読んで頂きたい、猫の心理やテレビ対策をご紹介致します!

なんでわざわざそこに乗るの?猫がテレビに乗る理由

なんでわざわざあんな薄い所に乗って毎日くつろいでいるのでしょうか?

猫という生き物はとても不思議ですがそれもかわいい魅力の一つ。なんで猫があんなスペースを好んで登るのかご説明していきたく思います。

テレビの上がホカホカ暖かいから

スイッチの入っているテレビに触ってみると、ちょうどよいホカホカな暖かさです。猫にとってテレビの上は、暖を取るには絶好のエリアです。

テレビ以外にもパソコンの上や電子レンジ、炊飯器など熱を持ちやすい家電は、猫にはとても魅力的な暖房器具です。特に冬場など寒がりの猫は暖かい家電製品の上に乗りたがります。

エアコンを付けずに室内の温度を低くしていると、テレビ以外でも人には想像もつかないような電化製品を猫が占拠してしまうことがあります。家電を使おうとして事故につながることもあるので注意したいですね。

近年の液晶テレビは、かつて主流だったブラウン管テレビと比べ、あまり熱を発することがありません。暖を取るためにテレビに乗っていたのに、ブラウン管から液晶テレビにテレビを買い替えたことで乗らなくなったという猫もいます。

飼い主がテレビに注目しているから

飼い主が自分以外のものにずっと注目しているのが寂しかったり、遊び足りないのにテレビを見て相手にしてくれなかったりすると、飼い主の視界に入ることで自分に注目して構ってもらおうとテレビに乗ってアピールする猫ちゃんがいます。

テレビの上に乗ったり、画面の前に座り込む猫は「わたしも見て!」とテレビに対してジェラシーを抱いて私たちにアピールしているのかもしれません。

飼い主がいつも集中しがちなテレビ以外にも、新聞やパソコンなどなど、作業中に間をさえぎってきたり飼い主の手そのものに乗ってしまう猫もいます。構ってもらうためにテレビに乗っている猫を「コラ!」と叱ったりすると、猫の目論見通りになってしまいむしろ逆効果です。更に乗る様になってしまう可能性もあります。

アピールしてきた時はテレビを見ながらでも撫でてあげたり、スキンシップを取ってあげれば猫の欲求は満たされます。

単純にテレビに映っているものが気になる

テレビの映像は滑らかな動画に見えますが、一秒間に数十枚の静止画像を流して、それを処理しきれない人間の目にはなんら気にならない滑らかな動画として見せています。

ところが、人間より優れた動体視力を持つ猫の目には、テレビの映像は滑らかな動画ではありません。人間よりも静止画を処理する能力が優れている猫の目では、テレビの映像はカクカクと不思議な動きに見えてしまい、猫にとっては気になるモノです。

天気図の説明によく出てくる指示棒の動きや、サッカーなどのボールが映る映像は猫の狩猟本能をちょうどよく刺激します。また、猫の映った番組や猫の声がする番組になるとテレビにかじりつく猫ちゃんもたくさんいますね。

高い所が好き! キャットタワーのかわり

現在のテレビは昔のブラウン管テレビと比べてずっと薄く、厚い部分でも5㎝前後しかありません。かつて猫の先祖は木の上も生活の範囲内でした。細くて幅のない場所でも高い所から見下ろして生活している事はもはや普通であり日々の日課でありました。

キャットウォークなどの高くて狭くて、歩きにくいところは猫にとって楽しい遊び場です。先祖のころから木の上もスイスイと歩いていた猫の生活を考えてみれば、薄いテレビの上などなんのその。危なくもなんともありません。

テレビの上は周りより少し高く、周りに物が置かれることもないので部屋全体を見渡せます。人の動きを監視しやすいテレビの上は猫にとってとても安心できる場所です。しかも家族の注目を十分に浴びることができます。

家族に注目され見下ろせるテレビの上は、猫にとって優越感も感じられるのかもしれません。キャットタワーやキャットウォークのないご家庭ほど、テレビに登る猫ちゃんが多い傾向にあるように思います。

乗らないで! 猫をテレビに乗せないようにするには

テレビは観えないし、もし倒れてしまって液晶が割れてしまうのが心配。そんな方は猫をテレビに乗せない様にしつけや対策を行う事が可能です。

猫のしつけ

猫は「しつける」というより「こういう場合はいつもこうなる」と根気よく教える事が大切です。

テレビに乗ったらいつも怖い事が起こる、と覚えてもらう事で自然と乗らなくなってきます。猫ちゃんの性格によって全く効き目の無いものもありますので、いくつか試してみて猫の反応を伺ってみてください。

驚かす

両手をパン!と叩いたり、ちょっとだけ霧吹きで水を顔に掛けるなど、驚かせて猫がビックリすることで、「またこれだ!」と覚えやめてくれる事があります。

猫を驚かせる行動を何度か繰り返していくことで、「これをするとまたビックリする事が起こる…」と学び、テレビに乗ると怖い事が起こる、と覚えてくれます。

無視をする

飼い主である私たちはテレビでアピールしてくる猫と目を合わさず、無視するという行動を取る方法があります。飼い主に構って欲しくてテレビで注目されたいという猫も居ます。テレビの上でアピールすれば振り向いてくれる、と猫が覚えてしまった為にクセの様になっているパターンです。

無視という手段は、その他のしつけでも大いに役に立つ方法です。一見かわいそうな感じがしますが、困った猫行動の猫には無視をし続け「これはやっても無駄だな…」と覚えてもらう事がしつけに繋がります。

猫ちゃんの性格や傾向に寄っても個体差がありますが、困った行動の猫ちゃんには色々試してみてくださいね。

テレビより高さのあるタワーや家具を置く

猫というのは高くて見下ろせる場所が好きなものです。これは、全体を見渡す事で敵から身を守る、昔からの猫の習性なのでやめさせる事はほぼ不可能と言えます。

もしテレビがご自宅にある家具の中で高めの場所にあるのであれば、それより背の高い家具やキャットタワーを購入してみてはいかがでしょうか?テレビよりもっともっと高い居場所が出来ると自然とテレビに乗らなくなるかもしれません。

また、猫は自分の臭いの付いた「いつもの場所」というのが安心してゆっくり出来る場所です。タワーや家具に「猫専用」の場所を作ってあげる事で、猫の安心感に繋がりストレスなくゆっくりと過ごして貰える様になります。

我が家の猫も押入れの一番上を占領したり、テーブルに登ったりして困っていましたが、キャットタワーを購入してから日々のほとんどをタワーで過ごす様になり、いつもわたしの事をてっぺんから見下して過ごしています(笑)

猫の写真
毎日てっぺんでこんな風に…

乗っても良いけど、何かしらの対策は必要です

乗ってもさほど気にならない飼い主さんは、せめて倒れない様な対策を行いましょう。倒れてテレビごと買い直す事を考えたら、ちょっとした出費を時間でテレビを固定する事ができます。

  • 地震用のつっぱりと取り付ける
  • テレビの足をネジなどでテレビ台に固定する
  • 壁掛けにする

といった方法が比較的楽チンに固定する方法です。

今はどのメーカーでも固定用の付属品を販売していますし、電気屋さんに行くとテレビコーナーにたくさん固定グッズが売っています。

電気屋さんでテレビのメーカーを伝え、猫が乗るので固定したいと伝えれば、色々アドバイスをしてくれる販売員さんもいますので安心して購入する事ができます。

でもかわいい、テレビに乗る猫

飼い主の気持ちからすると落ちないか、怪我をしないか、テレビが壊れないか、毎日とっても心配ですが器用に乗って過ごしている姿はとてもかわいいものですよね。

猫に寄っては、成長して大きくなると安定しなくなってきて自然と乗らなくなる猫ちゃんもいる様です。もしお家の猫ちゃんが1歳未満の小さい猫ちゃんの場合、もしかするとテレビでくつろいている場面を観れるのは一瞬かもしれません。

今のご自宅の状況や家具の配置などとしっかり考えて、私たち飼い主が出来る対策をしっかり行ってまったりゆっくり、安心して猫ちゃんの過ごしてもらいたですね。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ