悲しすぎる猫の突然死…原因となる病気と兆候でみられる症状

猫ちゃんの突然死は少なくありません。昨日まで元気だった猫が今日になったら死んでしまった、という話はよく聞く話です。また、いつもより元気がないけど様子見をしよう、と思っていると突然亡くなってしまうケースもあります。

突然死は心構えができていない分、人間にとっても、そして亡くなる猫にとっても悲しい出来事です。時には乗り越えられずペットロスにおちいってしまう人もいます。

そんな悲しい出来事を増やさないために、突然死の原因について解説致します。

突然死の原因は様々。病気の疑いがないか日頃から観察しましょう

原因は様々ですが、もしも病気を発症している場合は突然死を防いであげられるかもしれません。せっかく出会った家族なので、早すぎる別れにはしたくないですよね。

今から挙げる例を参考に猫ちゃんを観察してみてくださいね。

心筋症

人間にもよく聞く病名ですよね。猫ちゃんがかかる心筋症に多いのは「肥大型心筋症」や「拘束型心筋症」「拡張型心筋症」といったものがあります。

心筋症は簡単に言ってしまうと心臓の病気で、心臓のポンプ機能がうまく働かなくなってしまう状態のことを指します。

心筋症の症状は初めは無症状だと言われています。症状が現れる場合は

  • 呼吸が荒くなる
  • 後ろ足が麻痺する
  • 食欲の低下

などが見られます。

すぐに動物病院へ行った方がいいのは、呼吸が荒くなっている場合、後ろ足が麻痺してしまっている場合です。食欲が低下しているだけでは心筋症かはわかりませんが、なるべくはやく動物病院へ相談してみましょう。

フィラリア

フィラリアは本来猫ではなく犬に寄生しますが、蚊などがフィラリアに感染した犬の血を吸い、媒介者となって猫の血を吸ってしまった場合、猫もフィラリアに感染してしまいます。

症状は

  • 呼吸困難
  • 嘔吐
  • 失神

などがあります。しかし、これらの症状が表にあらわれず突然死してしまうことがあります。

感染していることがわかった場合の治療方法もありますが、予防接種を受けることが突然死を防ぐ有効的な手段と言えます。

猫パルボウイルス

この猫パルボウイルスとは子猫が感染してしまうと特に重篤な症状を引き起こし、突然死を引き起こします。

症状は、

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 食器に頭を垂れたままで食べない

などがあります。

この病気には特効薬はありません。感染してしまった場合、動物病院に連れて行ったとしても確実に治るという保証がないのです。しかし、予防薬はあります。

三種混合ワクチンを接種することでこの猫パルボウイルスを防ぐことができます。

中毒

食べ物による中毒症状で猫が突然死してしまうことがあります。人間が食べるもので、猫に与えてはいけない食べ物があることはご存じでしょうか。

  • チョコレート
  • ココア
  • コーラ

などは心不全の原因になります。ヒヤシンスなどのユリ科の植物はごく少量でもアナフィラキシーショックを引き起こし突然死を招いてしまうことがあります。

外傷

おうちの中だけで飼っている場合は子猫に多いのですが、高いところから落ちてしまい、頭を打った際に脳内出血を引き起こし、後日突然死となるケースがあります。

子猫のうちは好奇心旺盛で危険な場所を知らないためにこういった事故になってしまうことがあります。飼い主さんは子猫を遊ばせる時には目を離さないようにしてあげてくださいね。

ストレス

猫は繊細な生き物です。些細な変化でも精神や身体に影響を及ぼすことがあります。

引っ越しや模様替えなど、猫の身の周りが大きく変わるような時は特に気を遣ってあげてくださいね。

我が家で経験した猫の突然死

猫の突然死のほとんどが心臓に起因している、という話を聞いたのは、愛猫の突然死を経験したその時でした。

数日前から少し元気がないな、とは思っていたのですがそこまで気にしていなかったのです。

食事をあげても食べなかったのですが、撫でればゴロゴロと喉を鳴らすくらいには反応してくれていたので、気分的な問題かと思っていました。

3日程そのような状況が続き、翌早朝のことでした。

普段は自分から寄ってきても鳴いて人の興味をひこうとはしなかった子が、その時はわざわざこたつから出て、まだベッドの中にいた私の隣まできて、一声「にゃー」と鳴くと激しく咳を繰り返しそのまま亡くなりました。

「にゃー」と鳴いてから完全に呼吸が止まるまで15分もなかったのではないでしょうか。

咳を繰り返している間も最寄りの動物病院へ電話をかけたりしていたのですが早朝という時間帯ではどこの病院も開いておらず、繋がりませんでした。

初めは現実だと受け止めきれなかったのですが、徐々に切り替えなければいけませんでした。

我が家は多頭飼いのため他の猫の世話はしなければいけないことと、葬儀などその後の事を考えなければいけなかったことが理由です。

近隣のペット葬儀社に、その日の午後には火葬となりました。

突然死を防ぐために

予兆のある突然死は少ないです。なんの予兆もなく死んでしまうことがほとんどです。しかし、もしも予兆があれば獣医さんに相談してください。

予防方法があるものはできるだけ予防しておきましょう。

みんなのコメント

  • くんちゃん より:

    まったくいつもと変わりなく過ごしていたのに突然死しました。 原因はわかりません。 突然ひっくり返りけいれんしてそのまま息をしなくなって…
    こんな別れは辛すぎます。 なにもやる気がおこりません。

  • きよむー より:

    朝目が醒めると自分のお腹辺りで冷たくなっていました。昨日の就寝時、何時ものように自分の胸に乗って一緒に寝ていたのに。まだ現実とは思えません。

  • 赤い玉 より:

    毎年健康診断もして。ワクチンうち、ノミダニ予防も欠かさず、いつもの日常だったのに 
    台の上からぴょんと飛び降りて、意識がなくなり、痙攣して亡くなってしまいました。
    10分ぐらいの間のことです。
    11歳でした。まだまだ一緒居られると思っていたのに・・
    信じられない

  • ぶーちゃん より:

    帰宅してみたら、ベットの上で亡くなっていました。朝はいつもとかわりなかったのに。眼をひらいていて、手足を伸ばしていました。まだかすかに暖かったです。

  • 匿名 より:

    捨て猫で拾ってきた3兄弟のうちの一匹が3日ほど前から元気がなくなり呼吸も荒くなっていました。仕事の都合もあり病院にも連れていってあげられなかった。今朝、起きてみたらトイレの中で亡くなってました。育ててからまだ6年にもなって無かったので残念です。残りの2匹には長生きしてもらいたいな。

  • Qoo より:

    昨日のお昼2時間位出掛けて帰ってみたら目を開けて手を伸ばし鼻から少しきつい臭いの液体をぽたぽたと出し倒れてました。朝も出かける前もすごく元気で「にゃんにゃんっ」って話してくれてたのに……現実を受け止められないまま、昨日の夜葬儀と火葬を行いました。辛くて胸が痛い……。

  • natsu より:

    昨日の夜こたつの中からでて隣の部屋で爪とぎを始めたと思ったら急にパタリと倒れてそのまま天国へいってしまいました。急すぎて受け入れられていません。まだ3歳とちょっとでした。いつもと変わらず、トイレにおしっこのあともあってさっきまで生きていたのにとなにもできない後悔ばかりです。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ