猫が人の手を舐める理由がかわいい!舐められたらお返ししてあげよう

外出から帰ってきたときや優しくなでているときに、猫が人間の手をペロペロ…と舐めることがあります。大切に思われているようで、うれしくなりますよね。

でも、あんまり熱心に長い時間舐め続けている猫を見ると、どういうつもりなんだろう?と心配になってきます。

それに、猫の舌はざらざらしているので、ずっと舐められると結構痛いもの。猫はどんな気持ちで飼い主さんの手を舐めるのでしょうか。その理由と、痛いときの対処法などを見ていきましょう。

猫が人間の手を舐めるのはなぜ?きゅんとするその理由

熱心に手を舐めてくる猫。その行動には、いくつかの意味があります。

飼い主さんのことが大好きだから

猫の嗅覚は、人間の数10万倍あると言われています。犬の100万倍には及びませんが、それでもかなり鼻が利きますよね。

猫は、人の手のにおいを嗅いで、飼い主さんかどうか、また、他の猫などの変なにおいがついていないかどうかを確かめます。

大好きな飼い主さんに、嗅ぎ慣れないにおいがついていたら、猫はその手を舐めることでにおいを消そうとします。

外出から帰ってくると、真剣な顔で鼻をひくひくさせてにおいを嗅いだ後、舐めてくることがよくあります。

臭いと思われているようでなんだか恥ずかしくなりますが、本当のところは、飼い主さんを自分の大切なものと思ってくれているのですね。

毛づくろいしてくれている

猫が毛づくろいしているときに触ると、ついでのように手を舐めてくることがあります。

それは、猫が「そうか、飼い主さんも舐めてほしいんだな」と思って舐めてくれているのです。

構ってほしいから

「遊ぼう!」「だっこして」など、構ってほしいときも手を舐めます。喉をゴロゴロ鳴らしていたら、甘えている証拠です。

愛情表現として舐めてくれているとわかっても、猫の舌はざらざらしているから痛いですよね。

猫の舌には糸状乳頭(しじょうにゅうとう)という突起があって、ブラッシングの役目、やすりの役目、ストローの役目を持っています。

ブラッシングの役目:毛づくろいの際には、突起が抜け毛やフケなどをからめとることで体がきれいになります。

やすりの役目:捕らえた獲物を食べるときに、骨から肉をこそぎ取ります。

ストローの役目:水を飲むときは舌先を水面に少しつけてすばやく引っ込めることで水柱を立たせ、それを口に入れて飲みます。

肉をこそぎ取ることもできるなんて、道理で痛いはずです。

その他、

  • 飼い主さんのことが心配だから
  • 初めて会った人の機嫌をとるため
  • 塩分を摂るため

などの説があります。

ペロペロ舐めているかと思いきや…ガブリ

熱心に手を舐めているなと思っていたら、突然ガブリと噛みつかれることがあります。後ろ足での「けりけり」がプラスされることも。

びっくりしますが、これも愛情表現のひとつです。猫に飼い主さんの愛情が伝わって、うれしくてうれしくて興奮して、思わず噛んでしまうのです。

我が家のきなおも、よくこれをします。ブラッシングが大好きで、うっとりと身を任せたあと、お返しのつもりなのか私の手を舐めてくれます。

でもその後ガブリと噛みついて、また舐めて…と、落ち着きがありません。痛いけど、かわいいのです。

猫の写真

猫に舐めさせたままで大丈夫なの?

猫から人に感染する病気がありますので、手に傷がある場合は、舐めさせないように注意してください。

傷がない場合でも、猫と触れ合った後は、手を洗って清潔にしておく習慣をつけましょう。特に、小さな子供や高齢者は免疫力が低いので、注意が必要です。

舐めてくれたお返しにマッサージを

猫が自分の体を舐める行為を「セルフグルーミング」、猫同士がお互いに舐め合うのを「アログルーミング」といいます。

基本的にアログルーミングは、メス同士、またはオスがメスにするものです。縄張り争いがあるため、オス同士ではあまり見られません。

猫の行動パターンは「親和行動」「敵対行動」「序列行動」の3つに分けられ、アログルーミングはそのうちの「親和行動」に当たります。

親和行動である「舐める」行為は猫の愛情表現で、飼い主さんに対しても行います。猫が手を舐めてきたら、お返しに猫にマッサージをしましょう。

ずっと舐められて痛いときも、優しく手を放して、マッサージを始めると良いですよ。

猫が気持ち良いと感じる首やあごの周辺をなでることで、お互いの愛情を深めることができます。

ハンドクリームには十分気をつけて

冬は乾燥するのでハンドクリームを塗ることが多いと思いますが、その手を舐めても大丈夫なのでしょうか?結論から言うと、舐めさせないほうが無難です。

アロマオイルの入ったハンドクリームは使わないでください。猫は、その成分をうまく分解することができないからです。

その他、保存料なども有害です。安全性が確認されているハンドクリームだとしても、それはあくまでも人間が手に塗るのには安全ということであって、猫が舐めても大丈夫という保証はありません。

中には、ハンドクリームの油分や香りを好んで舐めてくる猫もいるので、注意が必要です。

猫に触るときにはハンドクリームは塗らないこと。または、赤ちゃんが舐めても大丈夫な、100%食品由来のものを使うこと。それでも、積極的に舐めさせるのは避けてください。

結局は、好かれているということ

猫が手を舐めてくるのにはさまざまな理由がありますが、たいていの場合は愛情表現です。

一生懸命舐めてくれる猫に、私たち飼い主も、愛情をこめてお返ししたいものですね。

みんなのコメント

  • 猫大好き! より:

    餌をあげてるときに指を軽く噛まれたり、舐められたりするのですがどんな意味ですか?

  • 猫好き娘 より:

    我が家の猫は、とてつもなく寝相が悪いです(笑)
    何か理由とかあるんですかね?

  • はる より:

    どんな時でも、口を近づけると舐めてくれるんですが、もうこれは運命ですかね

  •  美琴 より:

    あたしもすかれるともっとなでたいです

  • 猫大好き❤ より:

    うちには7ヶ月になる2匹の猫を飼ってるんですけど1匹の猫がやたらと手の平を舐めてきます。かなりひっこくて長いけど可愛いから許しちゃいます💕

  • 仔猫ちゃん より:

    うちには7ヶ月になる2匹の猫を飼ってるんですけど1匹の猫がやたらと手の平を舐めてきます。かなりひっこくて長いけど可愛いから許しちゃいます💕

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ