白い靴下をはいた猫、スノーシュー。性格はとっても寂しがりや

白いソックスを履いているようなかわいらしい足が特徴のスノーシュー。

その名前をはじめて聞く方も多いかと思います。

日本ではなじみのない猫ちゃんですが、それもそのはず。スノーシューは世界的にも個体数が少なく、非常に希少価値の高いめずらしい猫なのです。

今回は白いくつしたをはいた猫、スノーシューの性格や特徴、飼い方についてご紹介します。

スノーシューのルーツをたどってみよう

スノーシューはどこで誕生した猫なのでしょうか。そのルーツをたどってみましょう。

スノーシューは英語で「Snowshoe」と表記します。まるで雪のなかを歩いた靴のように真っ白であることからつけられました。

スノーという名前を見ると、とても寒そうな国の出身を思い浮かべますが、スノーシューのルーツはアメリカにあります。

実は、スノーシューは自然に発生した品種ではなく、ブリーディングによって生み出された猫なのです。

1960年代、シャム猫から足先の白いソックスを履いたような子猫が3匹産まれました。これがスノーシューのはじまりです。

そのソックス柄模様に惹きつけられたブリーダーが、繁殖させようと交配を重ねた結果 、アメリカンショートヘアとの交配によりスノーシューは誕生しました。

スノーシューのシュッとした顔立ちとどっしり構えた身体は、確かにシャム猫やアメリカンショートヘアを連想させますね。

しかし、この交配はシャムのブリーダーになかなか受け入れられませんでした。

古い時代、シャム猫の身体のどこかにホワイトの柄が入ることは、キャットショーで失格となる欠点と考えられていたからです。

排除してきた欠点をあえて取り入れることや、スノーシューの血統がシャム猫に混ざってしまう恐れなどから、スノーシューはなかなか新しい猫種として認めてもらえませんでした。

また、白いソックス柄は劣性遺伝のため、繁殖が安定しません。この劣性遺伝とは、劣っている遺伝子というわけではなく、遺伝されにくい遺伝子という意味です。

これらの理由から、スノーシューが国際猫連盟の後任を受けたのは1980年代に入ってからのことです。

熱意あるブリーダーたちの努力によって誕生したスノーシュー。今では世界中の猫ファンに愛される人気者です。

スノーシューの身体にはどんな特徴があるの?

スノーシューの特徴は、やはり雪のなかを歩いてきたような真っ白な足です。

身体の被毛の色は、

  • シール
  • ホワイト
  • チョコレート
  • シナモン
  • レッド
  • ブルー
  • ライラック
  • フォーン
  • クリーム

の約9種類で、生まれたばかりのときは身体全体が真っ白ですが、だんだんとエキゾチックな色にかわってきます。

シャム猫の遺伝子から受け継いだブルーの目の色や、口まわりの白い被毛も特徴ですね。

スノーシューの被毛は短く抜け毛が少ないのですが、コミュニケーションにもなるので、週に何度かはブラッシングしてあげましょう。

あくまでも個体差がありますが、標準体重はオス猫3.5~6キロ、メス猫3.5~5キロほどといわれています。

シャム猫の遺伝子を受け継いでいるので、身体は筋肉質でスリムですが、アメリカンショートヘアの遺伝子も入っているため、シャム猫よりも少しがっちりしています。

なめらかな被毛の下に筋肉が隠れているので、抱き上げると見た目よりも重くびっくりするそうです。

みなさんは猫にボディタイプがあることをご存知ですか?

猫の身体は大きくわけて、

  • コビー
  • セミコビー
  • フォーリン
  • セミフォーリン
  • オリエンタル
  • ロングアンドサブスタンシャル

の6体格に分かれています。

シャム猫は、頭が逆三角形のくさび型で、顔や顎が小さく、6タイプの中でもっともスリムなオリエンタルタイプです。

スノーシューはセミフォーリンとよばれるタイプで、丸みを帯びたくさび型の頭部に、ボディーはやや短くずっしりとしています。

  • マンチカンス
  • トンキニーズ
  • アメリカンカール

などと一緒のタイプです。

シャム猫の可憐さとアメリカンショートヘアの力強さをあわせもっているのが、スノーシューの特徴です。

スノーシューは寂しがりや。一人にしないで

スノーシューはそのシャム猫のような顔立ちからクールな猫と思われがちですが、猫にしてはめずらしく、孤独を好まない甘えん坊の性格です。

とてもフレンドリーなので、子どもがいる家庭や多頭飼いにも向いています。逆に、ずっと一人で過ごすことがストレスになるので、留守をしがちな家庭には向いていません。

頭が大変良く、学習能力が高いので、犬のように家族のなかで順位付けをしたり、思いもよらないいたずらをすることがあります。

ドアや引き出しはもちろん、玄関のドアを開けて脱走してしまうことも。

窓やドアの戸締りや、猫が触ってはいけない物を手に届かない場所に置くなど、賢いスノーシューに危険がふりかからないようきちんと管理しましょう。

また、猫といえば水に触れるのが大嫌いで、定期的なシャンプーにも全力で逆らうものですが、スノーシューは水を怖がらない性格であるといわれています。

スノーシューは苦労せずにシャンプーができるのでしょうか。お風呂のたびに大暴れする猫を思うと、少しうらやましい気もします。

鳴き声はあまり大きくありませんが、スノーシューはおしゃべりが好きです。

もちろん、猫を飼うときはペットオッケーの部屋で暮らすことになると思いますが、防音について一度管理人さんに相談してみたほうがいいかもしれません。

スノーシューと暮らすときは周りの環境についても一度考えてみてください。

スノーシューのかかりやすい病気とは

スノーシューの寿命は13~16歳くらいで、猫のなかでも長生きの部類に入るといわれています。

種別に寿命の誤差はありますが、どの猫にとっても大切なのは、毎日の安全で美味しいごはんとストレスのない環境で健康に過ごすことです。

スノーシューのかかりやすい病気を知っておくことで、早めに症状に気づき対策を立てましょう。

シャム猫のかかりやすい疾患に気を付けて

シャム猫から受け継いだサファイアブルーの瞳は、スノーシューのかわいらしい特徴ですが、実はシャム猫がかかりやすい病気のひとつに目の疾患があげられます。

眼球振とうという、その名の通り目が左右に細かく震える疾患は、シャム猫特有の病気です。

遺伝的な要素が強いといわれているので、シャム猫の遺伝子が入っているスノーシューにも発生する恐れがあります。

親猫や兄弟猫がかかっているかどうか、ブリーダーさんやペットショップで確認しておきましょう。

また角膜黒色壊死症という目の疾患もかかりやすいといわれています。

角膜の中央に黒いかさぶたができて、進行すると痛みを生じる疾患です。片目にあらわれることが多く、早めの処置が必要になります。

ワクチン接種での予防が有効とされているので、お医者さんに相談してみましょう。

猫がなりやすい病気、慢性腎不全

猫の死亡率の上位にもあげられる慢性腎不全。なんとシャム猫の発症率はほかの猫種の2倍ともいわれているので、スノーシューも注意してあげましょう。

腎不全は初期症状で気づくことがむずかしく、症状が出て苦しそうにしているときには、もう病状がだいぶ進んでしまっている状態です。

加齢とともに腎臓の機能が弱まっていき、脱水症や尿毒症など、さまざまな疾患を併発してしまうこともあります。

  • 食欲不振
  • 多飲多尿
  • 体重減少
  • 嘔吐

など、いつもとちがう様子がみられたらすぐにかかりつけのお医者さんに相談しましょう。

たかが歯周病とあなどらないで

スノーシューは歯周病になりやすい猫種であるといわれています。口のなかのお手入れを欠かさないようにしてください。

人間と同じように、猫も歯肉炎・歯周病になります。

歯ぐきに炎症が起きている状態を「歯肉炎」、歯肉炎がさらにひどくなり歯を支える歯根膜や歯槽骨にまで炎症が広がった状態を「歯周病」とよびます。

口のなかの環境が悪化することで、雑菌が大量に繁殖し、口臭の原因になります。

愛猫の歯をチェックしたとき、歯の根元が黄色く黄ばんでいるのは、歯石が溜まっている状態です。

歯石は一度ついてしまうと歯みがきで取り除くことがほぼできないので、溜まってしまう前に歯磨きなどでケアしてあげましょう。

口のなかで発生した雑菌が、ご飯をたべるたび全身に運ばれ、

  • 腎臓病
  • 心内膜炎
  • 糖尿病

などの、慢性疾患や、命にかかわる病気へと発展してしまうことも。

たかが歯周病とあなどるのではなく、歯磨きや定期健診できちんとチェックしてあげてください。

スノーシューをおうちに迎えるのはなかなか大変。その理由とは

スノーシューと一緒に暮らしたい!と思ってペットショップに行っても、すぐ出会えるわけではありません。

スノーシューは先ほどもご説明したように、足の白い靴下模様が劣性遺伝なのでなかなか頭数が増えず、とてもめずらしい品種です。

日本のペットショップに並ぶほど安定供給ができない品種なので、日本国内でスノーシューを販売しているブリーダーから購入することになります。

しかし、スノーシューを繁殖させているブリーダーの数自体も少ないので、大変な手間と時間がかかります。

日本国内でスノーシューを販売しているブリーダーがもし見つかれば、お値段は年齢にもよりますが20~30万円くらいです。

スノーシューを飼ってみたいと決めたら、まずは国際的な猫の血統書発行団体に連絡してみましょう。ブリーダーを紹介してもらえるかもしれません。

自分で直接海外から輸入しようとすると、手数料や輸入費用だけでなく、時間もかかるので、購入までの道のりはさらに長くなります。

スノーシューは寂しがり屋。大切に育てよう

スノーシューはとてもやんちゃな猫です。1日に15分ほどでもいいので、毎日おもちゃで遊んであげましょう。

一人が嫌いなので長い留守番は苦手です。留守をしがちな飼い主さんは、キャットタワーなど一人でも遊べるように工夫してあげてください。

陽気で社交的なスノーシューは、逆にいえば寂しさがストレスになります。

常にだれかのそばにいたがるスノーシューを、家族みんなで愛情をもって育ててあげましょう。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ