猫が背中を丸める理由。シャー!と威嚇する以外にもある猫のきもち

猫ちゃんに見られる行動、背中を丸める姿はどんな時に見せるのかご存じですか?

猫背という言葉があるくらい元々背中を丸めている猫ちゃんが、さらに背中を丸める時の心境と猫の背中の秘密についてご紹介します。

威嚇だけじゃない。背中を丸めているときに考えられる心理

それでは早速、猫ちゃんが背中を丸める行動に隠された心理を見ていきましょう。この行動には猫ちゃんのどんな思いが込められているのでしょうか?

威嚇をしている

猫ちゃんは威嚇をしている時に背中を丸める行動をとります。背中を丸めて「シャー」と声をあげている時はとても怒っていますので無闇に近づかないようにしましょう。

下手に撫でようと手を近づけたら引っ掻かれてケガをする危険性がありますので注意して下さい。

恐怖心を感じている

背中を丸めて「シャー」や「ウー」と言った唸り声をあげているとき、威嚇している他に恐怖心を感じている可能性もあります。

背中を丸める他に耳を倒す仕草、イカ耳になっている場合は恐怖心を感じている場合がありますので何が原因か探って改善するようにしましょう。

恐怖心を感じているということは、同時に多大なるストレスを感じています。猫ちゃんにとってストレスは重大な病気を引き起こす原因にもなりかねますので注意をしてあげましょう。

自分を大きく見せている

兄弟猫同士だとじゃれ合いの中で自分の方が大きいということを見せるために背中を丸めて毛を逆立て、大きく見せることがあります。

それの延長で飼い主様と目があった時自分の身体の大きさを誇示するために背中を丸め、わざと毛を逆立てるという行動を見せるのです。

遊びたいと思っている

子猫によく見られる行動ですが、背中を丸めてトトトと斜めに走る行動。これは飼い主様にもっと遊ぼうと誘っているのです。成猫にはあまり見られない行動ですが、稀に飼い主と遊びたいと思った猫ちゃんでも見られるようです。

威嚇をしているわけではないので驚かないであげてくださいね。

甘えている

背中を優しく撫でている時にも背中を丸めることがありますが、これはもちろん威嚇をしているわけではありません。

目を細めて幸せそうな顔をしていることからわかるようにもっと撫でてほしい、もっと甘えさせてほしいという思いから背中を丸めてくるのです。

そのほかにも飼い主の足や体にスリスリしてくる時も幸せそうに背中を丸めているのも同じように甘えているのです。

猫は背中で感情を現す

猫は様々な思いを伝えるために背中を丸めたり伸ばしたりします。そう、犬が尻尾を振って飛び跳ねながら自分の感情を現すのに対して猫は体全体の動きで喜怒哀楽を現しています。

愛猫が今何を考えているか、どんな思いなのかを知りたいのならば是非背中の動きを参考にしてみてください。

猫が猫背の理由とメカニズム

猫が背中を丸める心理をご説明しましたが、猫ってそもそも背中が丸いのはなぜ?と疑問に思ったかたもいらっしゃるのではないでしょうか?せっかくなので猫の背中が丸い理由、猫背についてもご紹介しちゃいます。

猫の体は人間よりも関節が多い

人間が猫背になるのは「筋肉や関節の機能低下」しているということになりますが、猫は人間よりも間接が多い体をしているということが理由にあげられます。

人間の背骨と胸椎よりも猫の方が一本多く、人間よりも柔軟に脊椎を動かすことができるのです。

瞬発力をあげるため

獲物に飛びかかる猫ちゃんの体の動きを思い出してください。身を低くして体を縮め、ピンと背中を伸ばして飛びかかりますよね。

あれは背骨をバネのように使って瞬発力をあげることで素早く獲物に飛びかかることを可能にしているのです。あの素早い動きは背骨に秘密があったのです。

クッション材の役割を果たしている

猫の背骨はクッション材のような役割を果たしています。高い所から落ちても見事に着地をする猫ちゃん、アメリカのある実験では5階程度の高さなら無傷で着地できるという報告もあるくらいです。

高い所から落ちても無事に着地できるのを可能にしているのは、猫ちゃんの驚異的な身体能力と背骨の柔らかさです。

頭から落ちたとしても瞬時に体制を整えられる背骨の柔軟さ、直地をした衝撃を吸収するクッション性のおかげで猫ちゃんは落下しても無事でいられるのです。

しかし、いくら猫ちゃんは高いところから落ちても大丈夫とは言っても100%ではありません。時には打ちどころが悪く死んでしまう、大けがをして後遺症を抱えたまま一生過ごさないといけなくなる可能性もあります。

愛猫家の皆様は猫ちゃんの落下に注意してあげましょう。

猫が背中を丸める理由は感情表現

猫が背中を丸める行動に隠された心理は、怒り、恐怖、好奇心、愛情と多岐に渡っていました。

背中を丸めるというだけではその感情を読み取ることは難しいですが、表情や尻尾、体の動きを見て愛猫が今どんな気持ちなのか読み取ってください。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ