りんご猫とは。猫エイズの偏見を無くすためのニャンダフルな活動

「りんご猫」という言葉。りんごのような猫だとか、りんごという名前の猫という訳ではありません。

りんご猫とは猫エイズのキャリアを持つ猫のことです。

猫エイズと聞くと「すぐに死んでしまう」「不治の病」「かわいそう」というイメージが専攻してしまいます。そんなイメージを払拭するために「りんご猫」は誕生しました。

猫好きなら知っておいてほしい「りんご猫」について今回はご紹介したいと思います。あなたの「猫エイズ」のイメージは覆るかもしれませんよ。

猫エイズキャリアの猫たちをりんご猫と呼んでいる

りんご猫とは「猫エイズウイルス」に感染した猫エイズキャリアの猫たちのことをいいます。

この猫エイズキャリアの猫たちに「りんご猫」いう呼び方をつけたのは、捨て猫の保護活動を精力的に行う有名な猫保護団体「ネコリパブリック」です。

ネコリパブリックとは?

ネコリパブリックとは、猫の保護活動を全国で行っている猫の保護団体で保護猫のみを集めた自走型猫カフェを展開したり、猫グッズを販売し猫の保護活動費に当てる活動を行ったりしています。

その発想はいつも独創的で、保護猫だけではなく私たち猫好きにも楽しい場所やイベントを提案してくれている猫保護団体です。

そんなネコリパブリックが向かい合う問題の中で頭を悩ませていたのは「猫エイズキャリアの猫の里親探し」でした。

猫エイズウイルスに対しての世間の認識

猫エイズウイルスとは猫ちゃんの体の中に入り込んで様々な症状を引き起こすウイルスで現在ではそのウイルスを完治する手段はありません。

また症状としては「免疫力の低下」「鼻水」「咳」「くしゃみ」といったものを引き起こすのです。免疫力の低下により他の病気に感染しやすく最悪の場合死に至る可能性もある病気です。

そんな猫エイズウイルスのイメージは

  • 他の猫にうつる
  • 人にうつる
  • すぐに死んでしまう

といったところではないでしょうか?人間のエイズと同じようなイメージがあるので、そのように思ってしまうのも仕方がないですよね。

しかしそのイメージは間違っています。

まず猫エイズウイルスは人にうつることはありません。感染も現在に至るまで確認されていないので大丈夫です。

さらに猫エイズウイルスは他の猫にうつるという認識。現在猫エイズウイルスの感染経路は母胎感染と経口感染が報告されています。しかし経口感染は実際のところほぼ確認されていないのです。

グルーミングをしたらうつるというイメージがありますが、実際にはグルーミングでの感染力は極めて低いことがわかっています。

多頭飼いの場合も、猫が怪我をしていてそこを舐めたというようなことがない限りあまり感染しないという事実があります。

そして、もっとも驚くことは猫エイズキャリアの猫が、必ずその症状を発症するわけではないということです。

正しいケアと整った生活環境を用意してあげたら発症することなく、天寿をまっとうする猫も少なくないのです。

▼関連記事
猫エイズでも長生きできる。キャリア猫の症状とケア方法

りんご猫の始まりと名前の由来

りんご猫の名前の由来は、人間のエイズ撲滅運動である「レッドリボン運動」にちなんで「赤くて猫のように可愛いもの」をイメージしたときに、「りんご」が出てきたのがりんご猫という名前の由来なのだそうです。

間違った認識を持たれている猫エイズウイルスキャリアである猫達は保護猫の中でも譲渡率が極端に少ないのです。

他の猫でも病気のリスクはあるのに、「猫エイズ」という名前がどうしても里親達にネックとなってしまうのです。

猫エイズウイルスの過剰な偏見をなんとかしてあげたい!

そんな思いから「猫エイズウイルスという名前ではなく、違う名前でもっと親しみを持ってもらおう!」という考えにいきつきました。これがりんご猫の始まりなのです。

りんご猫に関するすてきな活動

りんご猫達はその人間の偏見から貰い手がなかなか見つからないそうです。

そこでネコリパブリックでは少しでもりんご猫のイメージを払拭しようと、様々な行動を起こしています。

りんご猫専門猫カフェ

保護猫カフェを多く手がけるネコリパブリックはなんと、りんご猫だけをあつめた猫カフェをオープンしています。店内にいる猫達は全てりんご猫。

しかし他の猫達となんら変わることなく無邪気に遊び、人間に可愛らしく甘える姿を見ることができます。

元気で甘えん坊なりんご猫達に会うために一度店舗を訪れてみてはいかがでしょうか?

詳しい営業時間や料金形態は公式サイトを要チェックです!

【ネコリパブリック中野店】

住所:東京都中野区中野5-68-9 AKビル3F
公式サイト:https://cats.neco-republic.jp/category/cats/shop/tokyo_nakano
公式Twitter:https://twitter.com/nakanoneco

12月12日はりんご猫デー

毎年12月12日は「世界りんご猫デー」!

この世界りんご猫デーは年々ネットを中心に様々な活動が広がってきています。

りんご猫デーとは「りんご猫について考える日」です。

りんご猫について正しい知識を知ってほしいと、SNSでりんご猫について拡散したり、猫エイズウイルスについて様々な冊子を配ったり、地域によっては「りんご猫デー」にちなんだりんご猫のイベントが展開されていたりします。

りんご猫の認知度はまだまだ低く、猫エイズウイルスの偏見は無くなることはないかもしれませんが、少しずつでもりんご猫という考えが世界に広がればいいのにと願う日でもあります。

皆様はりんご猫についてどう思いますか?

もし、何か思うところがあるならば今年は12月12日のりんご猫デーの日に「りんご猫」について考えてみてはいかがでしょうか?

りんご猫紅茶で猫助け!

りんご猫専門カフェに行けないけど、りんご猫の助けになるようなことはをできないか…。そんな風に考えている方は今話題の「りんご猫紅茶」を購入してみてはいかがでしょうか?

このりんご猫紅茶はネコリパブリックによって販売されているアップルティーです。このりんご猫紅茶の収益は保護猫カフェとネコリパブリックの運営資金となります。

つまりあなたも紅茶を飲んで幸せ、猫も美味しいご飯を食べられて幸せ、まさにwin-winな関係になれるわけです。

肝心のりんご猫紅茶の味はと言いますと、優しいりんごの甘酸っぱいフレーバーがとってもほっこりできて一言でいうとすごく美味しいです。

というのも、私も「りんご猫紅茶」を愛飲している一人です。

元々アップルティーは好きなのですが、この程良い酸味が本当に美味しいですよ。さらにこの収益が猫助けになっているのならばもっと幸せですね。

ちょっとしたプレゼントにも喜ばれますので、気になる方は是非購入を検討してみてはいかがでしょう?

ちなみにネコリパブリックには他にも猫グッズがたくさん売られています。りんご猫紅茶を買うついでにどうぞ。

公式オンラインショップ:https://www.rakuten.ne.jp/gold/necorepublic/

また、ネコリパブリックの通常の猫カフェにもりんご猫部屋がある店舗もあります。気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

りんご猫は決してかわいそうじゃない

りんご猫をみて「不治の病で可哀想」「長生きできないなんて可哀想」と思っている方もいるかと思いますが、その思いこそ偏見に繋がっているのかもしれません。

りんご猫だからって、すぐに死んでしまうわけでもありませんしいつも病気で伏せっているわけではありません。

人に甘えん坊にもなりますし、元気に楽しく遊べます。もしりんご猫について何かできることはないのかと思っているのであれば、周りの人に「りんご猫は不幸なことではない」ということを教えてあげてください。

それがりんご猫を偏見から救うことにもなるはずです。りんご猫を通して、私たち人間が無意識に持つ偏見について考えるべきなのかもしれませんね。

みんなのコメント

  • 猫まんま より:

    私も『猫エイズ』という名前が独り歩きしている現状を悲しく思っておりました。シェアさせてくださいね。ありがとうございます。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ