猫にとってレモンは危険!猫が嫌がる理由と小さな身体への害

酸っぱくてそのままではあまり食べないレモンですが、レモンは猫に与えてもいいのでしょうか?

もちろん、そのままレモンを与えるようなことはないでしょうが、レモンの入っている人間用のお菓子を盗み食いされたり、レモンのかかっている料理を食べられたりすることもあります。

さらにレモンは料理に添えるととってもいいアクセントになりますので、猫用のご飯を手作りしている方なら、レモンを猫の手作りご飯に添えたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

果たしてレモンを猫に与えてもいいのか?気になる猫とレモンの関係についてご紹介しましょう。

猫にレモンを与えるのはNG!その理由

ビタミンCがたっぷりで、美容や健康にいいといわれているレモン。そのまま食べるのは少々苦手という方でも、レモンのさわやかな香りがする芳香剤やアロマでリフレッシュしている方も少なくないでしょう。

しかし、猫にとってレモンの香りはとても嫌なニオイなんです!

さらにニオイだけではありません!レモンに含まれている成分を摂取すると、中毒症状を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

猫にとって危険なレモンの成分「リモネン」と「ソラレン」

猫にとって危険な成分としてあげられるのが「リモネン」と「ソラレン」という成分です。

これらの成分はレモンの限らず柑橘類の皮に含まれている成分で、体に摂取してしまうと嘔吐や下痢といった中毒症状を引き起こしてしまうのです。

この成分はレモンの皮に豊富に含まれており、皮を直接口にした場合はもちろん猫の近くでレモンの皮を剥いたときに、その飛沫が猫ちゃんにかかるだけでも嘔吐や下痢といった中毒症状を引き起こしてしまう可能性があります。

嘔吐や下痢といった症状に苦しむ羽目に合わせないように、猫にレモンの皮は絶対に与えないようにするのはもちろん、レモンの皮を猫ちゃんの近くで取り扱うのもやめましょう。

猫にとってレモンのニオイは不快

レモンを始めとした柑橘類のニオイを嗅ぐと顔を歪ませていく猫ちゃんの姿を見たことがありませんか?猫はレモンのような柑橘系のニオイが大嫌いという子が多く、ひどい場合ならニオイを嗅いだだけでえずいてしまう猫もいます。

猫にとってレモンは中毒を引き起こす可能性のある危険な食べものだから、体が拒否反応を起こしているのかと考えるかもしれませんが、実は猫がレモンのニオイを嫌うのは「腐っているニオイ」と認識してしまうからなのです。

皆様は生肉や生魚が腐ったニオイを嗅いだことはありますか?生ものは高温の場所に置いておくと、酸っぱいニオイを発してしまいます。

つまり猫にとって酸っぱいニオイは腐っているニオイと認識されるのです。

猫はもともと、砂漠で生きていた動物です。砂漠では暑さですぐに生肉が腐ってしまい、食中毒を引き起こしてしまい、場合によっては死に至る原因となります。

そのような危険を避けるために、生肉が腐っていないかをニオイで嗅ぎ分けて判断していたのです。その名残でレモンのような酸っぱいニオイがするものは腐っているニオイと認識し嫌がる猫が多いというわけなのです。

猫にレモンの果肉は与えてもいいの?

猫にとって中毒症状を引き起こす原因となるのは、皮に多く含まれている成分です。

果肉にも若干は含まれてはいますが、猫に果肉は少量なら与えても問題はありません。

ただし、前述したように猫にとってレモンのような柑橘類の酸っぱいニオイは腐ったニオイです。

レモンの果肉を差し出したところで嫌がって口にはしないでしょうし、近づけただけで嫌なニオイと感じて逃げてしまうかもしれません。

また、レモンにはビタミンCや免疫力を高める成分が含まれてはいますが、嫌がっている猫に無理矢理食べさせなければいけない食材ではありません。

さらにビタミンCは猫にとってぜひ取り入れたい栄養素ではありますが、レモンでわざわざ摂取する必要はありませんし食事で摂取する必要もないといわれています。

もちろん、個体差はあるのでレモンを喜んで食べる猫ちゃんも存在するかもしれませんが、わざわざレモンを食事に取り入れたり無理矢理与える必要性はありません。

ハーブのレモングラスは猫にとって危険はないの?

レモンの名がついている植物、レモングラス。

レモンの香りがほのかにするハーブで料理やハーブティーなどにも使われる植物ですが、このレモングラスには危険はないのでしょうか?

ハーブ(植物)としてのレモングラスは害がない

レモングラスはレモンの香りがするので、猫にとって危険な成分が含まれていないのか?と、疑問に思っている方もいらっしゃるでしょうが、レモングラスには猫にとって中毒を引き起こすような成分は含まれていませんので安心してください。

ただ、レモングラスはその名の通りレモンの香りがするハーブです。

そのため、レモンのニオイが苦手な猫ちゃんですから、腐ったニオイと認識して口にしないかもしれませんね。

とは言っても、実はレモンのニオイがするはずのこのレモングラスを好んで食べる猫ちゃんが意外に多いようです。

レモンの香りが苦手なのになぜレモングラスが大好きなのか謎ですが、レモングラスはレモンよりも少し甘いニオイがするため好む傾向にあるのかもしれませんね。

レモングラスのエッセンシャルオイルは危険!

レモングラスは危険がないといっても、エッセンシャルオイルに使われているレモングラスは注意が必要です。

エッセンシャルオイルやアロマの裏に書かれている原材料を見ると「レモングラス」と記載されていることがあります。

上の内容を見て、レモングラスは猫にとって危険のない植物だから大丈夫!そう思った方も多いでしょうが、アロマやエッセンシャルオイルに使われる精油であるレモングラスはレモンの成分を凝縮させたものなので、誤って舐めてしまったら大変なことになってしまいます。

実際にレモングラスが主成分となっているエッセンシャルオイルを誤って舐めてしまった為に、亡くなってしまったという悲しい事故も発生しています。

猫にとってエッセンシャルオイルやアロマは危険なものとなっていますので猫ちゃんのいる家庭では極力使用しないようにしましょう。

猫がレモンの皮を誤って食べた場合

どれだけ気を付けていても、猫がレモンの皮を誤って食べてしまったという事態が発生する可能性はあります。

猫にとってレモンの香りは不快なニオイなので、皮をそのまま食べるということはあまりないかもしれませんが、レモンの皮が練りこまれた人間用のお菓子を盗み食いしたり、レモンの皮を加工したものを食べてしまう場合もあります。

そのような場合、まず飼い主様は落ち着いてください。

猫にとってレモンの皮は中毒症状を引き起こす原因とはなりますが、すぐに命の危険を及ぼす症状が出るというわけではありませんので、まずは注意深く観察をして中毒症状が出ていないか観察しましょう。

少量の場合なら、あまりひどい症状とはならない可能性もありますし何事もないようにケロッとしている可能性もあります。

ただ、嘔吐や下痢といった中毒症状がみられた場合や、あきらかに大量にレモンの皮を口にした場合はただちに獣医師に相談するようにしましょう。

嘔吐と下痢はあまりにもひどくなると脱水症状を引き起こす可能性もあります。

また、目立った症状がなくても気になるようなら念のため獣医さんに相談するようにしましょう。

愛猫の健康を守れるのは飼い主しかいません。ぜひ、レモンを誤って食べてしまったら注意をするようにしましょう。

やっぱり猫にレモンは与えないようにしましょう!

猫にとってレモンの皮は中毒症状を引き起こす原因となるだけではなく、そのニオイも不快感を与える原因となります。猫にとってレモンは好ましくない食材です。

レモンを無理やり与えようとする方はいないでしょうが、猫に何かを与えるときはレモンの皮などが入っていないか注意をするようにしましょう。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ