ピクシーボブは被毛がきもちい~純イエネコ。優しい性格で頭もいい

ピクシーボブは野生のボブキャットに似ているワイルドな見た目の猫です。

妖精の名を持つピクシーボブはまだ正式に猫種として登録していない国も多く、希少性も高く日本でもあまりみかけることがない謎の猫についてご紹介します。

身体の特徴や性格、飼うときの注意点などなど。


ピクシーボブの基本情報。頬ずりしたくなる被毛が魅力

あまり目にすることもないピクシーボブについて知っていることは少ないでしょう。その大きな体の特徴は?目や被毛のカラーは?まずはピクシーボブの見た目の特徴からご紹介します。

平均体重と体の特徴

妖精の名が入っているピクシーボブ、さぞ小さい猫なのだろうと思うかもしれませんが、その平均体重は3.5~7Kgと中くらいから大型くらいの体をしています。

しっかりとした肩甲骨と広い胸板がたくましいです。手足は長くて筋肉質、手足の先は肉付きがよくて大きいです。尾は5~30cmと個体によって違います。

お団子くらいの尻尾の子もいればふつうの長さくらいの尾もいるのでおもしろいです。

目のカラーと特徴

目のカラーはグリーンとヘーゼルが存在します。三角の鋭い目をしているので余計にヤマネコのような印象を持ちます。

被毛カラーと特徴

ピクシーボブの被毛カラーはブラック、被毛パターンはスポテッドタビーのみ認められています。茶系の細かいスポテッド散りばめられており、非常にワイルドな見た目となっています。

短毛種と長毛種が存在し、長毛種はピクシーボブロングヘアと呼ばれることもありますが長毛種、短毛種含めてピクシーボブと呼ばれている場合もあります。

やわらかなウールのような手触りの被毛は、思わず頬ずりしたくなります。

ちなみに長毛種の場合、その被毛の長さは5cm程なのですごいモフモフというわけではありません。しかしとても肌触りのいい被毛は触っていてとても癒されます。

ピクシーボブは野生猫の交配種?その歴史とは

見た目が野生のボブキャットに似ているので、野生猫との交配種と間違われることがありますがピクシーボブは純イエネコです。

ボブキャットとは?

ピクシーボブとよく似ている野生猫ボブキャットはアメリカのカスケード山脈に棲んでいます。体長65–105cm、尾長11–13cm、体重6–15kgの中型獣で、主にウサギやリスの小型の小動物や鳥類を捕食して生活をしています。

はるか昔から存在していて、アメリカインディアンの民話や神話にたびたび登場する野生猫なのです。

ピクシーボブとボブキャットの関係

ピクシーボブの元となった猫は、カスケード山脈の麓に住むある女性の家に迷い込んだ多指症のある1匹の猫が始まりです。

多指症のその迷い猫と隣の家に住む猫を交配して産まれた子猫、野性的な見た目のその子猫は「ピクシー」と名付けられました。

カスケード山脈の近くに住んでいたその女性は、ピクシーの見た目の特徴から野生猫のボブキャットの血を受け継いでいるのではと考えこのピクシーの特徴を持つ猫の育種を決意。

新たな野生猫の血を引くイエネコとして繁殖しようと考えました。

ピクシーボブには野生猫の遺伝子は確認できなかった

繁殖と育種に乗り出したのはいいですが、野生猫とイエネコの交配は難しく個体を増やすのも容易ではありませんでした。

さらにピクシーの遺伝子を調べたところ、残念ながらピクシーボブには野生猫の遺伝子は認められず正真正銘の純イエネコということが証明されてしまったのです。

しかし、野生猫に似たワイルドな見た目のピクシーボブは世界中の愛猫家の心を鷲掴みにして、猫種と認められていない国が多いにも関わらず人気の猫種となっているのです。

ワイルドな見た目だけど優しい、ピクシーボブの性格

ピクシーボブはそのワイルドな見た目とがっしりとした体から凶暴で激しい性格の持ち主かと思われがちですが、実際は優しくおおらかな猫です。忠誠心がとても高く、頭もいいのでしつけも非常に楽です。

家族を大切にし、仲間意識も高いので飼い主とも強い信頼関係を築くことができます。運動量の多い品種ではありますが、ゆったりとリラックスして過ごすのを好む傾向にあります。

ピクシーボブの飼い方、かかりやすい病気

短毛種と長毛種が存在するピクシーボブ、短毛種のブラッシングは1日1回、長毛種のブラッシングは1日2回程してあげるようにしましょう。

どちらかというと大型の猫種になりますので、たっぷりの食事とたっぷりの運動をさせてあげることが健康な体を作るコツです。規則正しい健康的な生活を心がけてあげてください。

とても賢く忠誠心も強いのでリードをつけての散歩、ボールを投げてからのとってこいなどもできますので活動的な人には向いています。

またピクシーボブは目立った遺伝子疾患などはなく、体の強い猫だと言われています。平均寿命も12~15歳と猫にしては長生きの猫種です。ただ猫がかかりやすいと言われている尿結石、腎臓疾患は気をつけるようにしましょう。

そのほかにピクシーボブは猫の中でもめずらしい多指症が認められている猫種でもあります。多指症とは文字通り通常よりも指が多く持って産まれる症状です。

これは初めに交配された猫が多指症だったからで、猫の中で多指症がスタンダードとして認められているのはピクシーボブのみです。

ピクシーボブの購入方法と平均価格

ピクシーボブは残念ながらペットショップで見かけることはほぼないです。というのもピクシーボブは珍しい猫種であるうえに日本在住のブリーダーはほぼいないからです。

ペットショップで売られていたとしてもその希少性から決して安くはないと思われます。ピクシーボブを迎え入れる場合は、海外のブリーダーから直接輸入する方法が一番確実な方法となっています。

その際の販売価格は平均で15~25万円、ここに輸送費などがかかってきますので予算は多めに用意しておくようにしましょう。

ピクシーボブはまだ猫種として認めていない団体や国も多いですが人気が高い猫でもあるので、これから先ブリーダーが増えていく可能性が高い猫種でもあります。

ピクシーボブは野性的な見た目と優しい心を持った猫

ピクシーボブはヤマネコの血が混じっているのかと思うほど、イエネコとは違った特徴を持つ野性的な猫ですがその反面、家族思いの優しくおおらかな猫でもあります。

ワイルドなイエネコ、ピクシーボブは日本ではあまり見かけることができませんが運が良ければどこかで出会えるかもしれません。そのときは是非ピクシーボブのワイルドな見た目とおおらかな性格を観察してみてください。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ