猫が喜ぶこと11選。大好きな猫に感謝を伝えられる具体的な行動

気まぐれだけど、いつも可愛らしい愛猫。その存在はいつでも飼い主にとって心からの癒しになってくれていることでしょう。

どんなことをしていても、飼い主にとって愛猫はいつでも最高級に可愛いものですね。

いつも飼い主のワガママに付き合ってくれている愛猫(うちの場合は特に、子どもに振り回されまくっているので……)にありがとうの気持ちがわいてきます。

いつも癒してもらってる猫を喜ばせてあげたい

猫は、ただ家の中にいてくれるだけで、そこに存在していること自体が飼い主にとっては癒しなんです。

猫が喜ぶ場所84451

辛いことや悲しいことがあった時も、さりげなく慰めてくれるから気持ちが落ち着くんですよ。どんな時でも静かに飼い主の話を聞いてくれる愛猫は、本当に愛らしくてたまりません。

いつでも無邪気な信頼を寄せてくれる愛猫には本当に感謝でいっぱいですよね。

毎日笑顔にさせてくれているお返しに、愛猫が喜ぶことをしてあげることでお礼をしましょう。

気まぐれな猫が喜ぶこと

では、気まぐれな性格な猫というのは、飼い主がどんなことをすると喜んでくれるんでしょうか。

1.小さなアーケードを作ってあげる

猫は、小さな入れ物などに入るのが大好きですよね。

うちでは階段の下のスペースに子どものオモチャ置き場があるんですが、そこをソファで仕切って小さなアーケードになるようにしています。

猫が喜ぶ場所84452

うちの愛猫のニセ蔵が、特にそこを気に入ってくれているようです。簡単にだけど仕切ってあるから安心するんでしょうね。

ここなら余計な邪魔が入らないので(うちでは、主に子どもたちのことを指していますが)まったりと眠ることができているようです。

2.外の空気を感じさせてあげる

猫は窓の外を見たりするのが大好きですよね。

うちでは、なるべくキッチンの勝手口の網戸を開けてあげるようにしています。

家の中で飼われている猫は、なかなか季節の移り変わりを体感することが難しいですからね。

猫の健康のためにも開けてあげるようにしています。ストレス解消にもなるようで、のんびりと外を眺める風景が飼い主をも癒してくれますね。

3.オモチャで遊んであげる

猫のお気に入りのオモチャで遊んであげると、とても喜んでくれますよね。

猫が喜ぶ場所84453

うちの愛猫の先生は、紐で遊んであげるとハッスルしてくれます。普段はすごく大人しい性格だけに、このギャップがまた意外で可愛いんですよね。

ニセ蔵は紐よりも、猫じゃらしが大好きです。たまに外からお土産として持って帰ると大喜びしてくれるんですけど、捕まえるとすぐ食べてしまうので……飼い主の注意が必須なんですけどね。

猫によってそれぞれお気に入りのオモチャが違いますから、きちんと把握しておきましょう。

このように愛猫とオモチャで遊ぶことで飼い主とのコミュニケーションにプラスして、日頃あまり運動しない猫なら、運動不足の解消にもなりますね。

さらに、メス猫とオス猫もやはり運動量が違います。オス猫のほうが、たくさん動ける遊びをしたがる傾向にありますし好奇心も強いです。

うちでは買い物をした商品を出した後の段ボールは、しばらくそのままの状態で置いています。

そうするとそこに入ってみたり、爪研ぎに使ってみたりして好きなように使っているんですよね。梱包に使われていた紐も、遊びに使ったりしていますし。

猫自身に使い方を考えさせてあげるのも、トレーニングになるのでオススメですよ。

4.猫が大好きなオヤツをあげる

たまに猫のお気に入りオヤツをあげたりするのも、猫にとっては嬉しいイベントになりますね。

ここで注意すべきなのは、あまり中毒性のないものを選択してあげることです。

猫がおかしくなるくらい欲しがるような、中毒性が高すぎるものの場合、実際のところ何が入っているのか不安になるので個人的にはオススメしません。

猫が喜ぶからといって、健康でいられなければ意味がありませんからね。

5.猫の上から毛布などをかけてあげる

猫は、もふもふで柔らかい物の下に入り込むのが好きですよね。

猫が喜ぶ場所84454

うちでも、猫が寝ている時には上から毛布などをかけてあげるようにしています。寒い時期は特に気持ち良さそうにしていますよね。

〈極上じゃ~〉という心の声が聞こえてきそうです。毛布に埋もれたこの可愛らしい表情を見ているだけで癒されますね。

6.名前を呼んで撫でてあげる

普段から猫に話しかける時には、名前を呼んであげるように気を付けています。

何気ない時でも、ちゃんと名前を呼んでお話をするようにすると、猫もちゃんと聞いてくれている感じがするんですよね。

やっぱり猫は自分の名前を理解しているので、名前を呼んでお話するのはとても大事なんです。

7.一緒にお昼寝をする

猫の醍醐味といえば、一緒にお昼寝をすることでしょう。

猫が喜ぶ場所84455

猫を呼び寄せる前に、寝る準備をしっかりとしてから横になるようにしましょう(途中でゴソゴソ動いたら、せっかく来てくれた猫が逃げてしまいますからね)。

ここでも、上から一緒に布団をかけたりしてもいいですね。

これは、猫よりも飼い主が喜ぶことかもしれませんね。うちの子どもたちはお昼寝をする時は必ず「猫、連れてきて~」とお願いされますから。

いつも一緒に寝てくれてありがとうね。

8.ブラッシングをしてあげる

猫は、飼い主にブラッシングをしてもらうのが大好きです。優しく抱っこしてからブラッシングをすると、なんとも気持ち良さそうに顔をうずめてきますよね。

毎日のブラッシングは飼い主とのコミュニケーションになるので、欠かさずにしてあげましょう。

ただし、猫が喜ぶからといってブラッシングのやり過ぎには注意してください。長時間やり過ぎてしまうとその部分の毛がハゲてしまうことがあります。

ブラッシングをたくさんしたと思ったら、今度はゆっくりと優しく手で撫でてあげるようにしてくださいね。

9.ツメ研ぎをマメに新しくしてあげる

猫は、ガリガリとツメ研ぎをするのが大好きですよね。段ボールで作られているツメ研ぎが一般的ですが、このタイプは猫が何度も使うとボロボロになってしまいますよね。

見た目にボロッとしてきた場合や、猫がその爪研ぎを使わなくなったらそれは替え時のサインです。

新しい爪研ぎに変えてあげましょう。猫の行動を日頃から観察しておけば、すぐに交換のサインに気づけることでしょう。

10.マッサージしてあげる

猫は、飼い主からマッサージをしてもらうのが好きですよね。

猫が喜ぶ場所84456

猫によってマッサージをしてほしい場所は違いますよね。うちの猫は肉球をマッサージすると気持ち良さそうにしてくれます。

あまり長い時間すると逃げてしまいますが、肉球は普段あまり自分で触らない部位かな?と思うので、肉球の間に指を入れ込んでマッサージすると気持ちいいようですね。

猫が喜ぶポイントを知っておくといいですね。

11.猫が上下に運動できる環境を作ってあげる

2階建てのおうちなら猫もたくさん動き回れますが、平屋のおうちだとあまり上下運動ができないかもしれません。

そんな猫のために、高いキャットタワーを購入してあげると猫は喜んでくれることでしょう。

キャットタワーを置くほどのスペースがない場合なら、壁に出っ張りを設置することで上下運動ができるタイプのものもあります。

おうちに合わせて、猫が上下運動ができるものを選ぶようにしましょう。

猫が喜ぶことをしてあげることで、お互いに笑顔のあふれる生活を送れますように

いつも可愛い仕草や表情で癒してくれる愛猫。

飼い主からのお礼の気持ちが伝わるように、愛猫の名前を呼びながら「いつもありがとうね。大好きだよ。」などと声かけをしながら上記のことをしてあげるようにしましょう。

飼い主からのお礼の気持ちが伝わることで、さらにお互いのコミュニケーションが深まりますね。

みんなのコメント

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ