愛猫の誕生日に感謝をこめて。猫が本当によろこぶプレゼントの選び方

大切な家族の一員でもある愛猫。お誕生日は人間の家族と同じように、盛大にお祝いしてあげたいですよね。

最近では、SNSにペットの素敵なお誕生日会の様子をアップする人も増えています。

検索すると、楽しそうな飼い主さんや、おいしいごはんをもらって満足そうな猫ちゃんの微笑ましい写真を見ることができます。

今回は愛猫の誕生日についてのあれこれについてご紹介します。

そもそも誕生日がいつかわからないときは

ペット保険に加入するときや動物病院の問診票など、愛猫のお誕生日の記入が必要な場面があると思います。

ペットショップで産まれた猫ちゃんや、もともとの飼い猫が産んだ猫ちゃんは、もちろん生まれたその日がお誕生日です。

しかし、野良猫から保護して飼い猫になった猫ちゃんや、ブリーダーや知人から譲り受けた猫ちゃんは、くわしい生年月日がわかりません。

そんな猫ちゃんは、おうちに迎え入れた日や大体の年月日をお誕生日としてお祝いしてあげましょう。

重要なのは誕生日の正確な日付ではなく、大切な家族である愛猫をお祝いする気持ちです。

どうしても産まれた日を知りたい!という飼い主さんは、動物病院で推定年齢を調べてもらうことができます。

大体の年齢は歯や目の状態を調べることで推察できるので、お誕生日を決めたい飼い主さんにお勧めです。

もちろん、正確な年月日を確かめることはできませんが、これくらいの年齢ではないかとお医者さんに調べてもらった範囲内で愛猫の誕生日を決めてあげましょう。

人間とどのくらいちがうの?猫の年齢の数え方

みなさんもご存知のように、猫と人間の年齢の数え方は異なります。一体どのくらいの差があるのでしょうか。

猫も、生まれてから成長期を過ぎ、大人になりだんだんとシニアへ移行する過程は人間と同じです。

しかし、身体の小さな猫は人間と流れる時間の速度がちがいます。

まず猫の平均的な寿命からご説明します。

猫の平均寿命は15~16才ですが、屋根もなく過酷な環境で生きている野良猫は4~5才ともいわれています。

どちらにしても、人間の寿命と比べるとはるかに短く思えますよね。

猫が産まれて1年がたったとき、人間でいえば約15才です。この時期には骨格がほぼ完成し、成長も止まるといわれています。

1才のころの体重・体型を維持することが理想とされているので、このころの体重をメモして残すことで、今後の体重維持の参考にしてください。

2才になった猫ちゃんは、人間でいえば約24才です。そこから猫の1才は人間の4才だと覚えておきましょう。

その計算で考えると、猫の3才は人間でいえば28才、猫の10才はなんと56才になります。いつのまにか愛猫が自分の年齢を超えているなんて、ちょっとショックですよね。

もちろん、食生活のちがいや生活環境によって細かい年齢は異なるので、あくまで目安として覚えておいてください。

記念すべき愛猫の誕生日!よろこんでくれるプレゼントの具体例

ケーキを食べる猫写真

年に1度の愛猫の誕生日。何か特別なことをしてあげたいですよね。

愛猫が心からよろこんでくれそうなプレゼントについてご紹介します。

王道のケーキ!愛猫の身体にぴったりのケーキを選ぼう

誕生日といえば、やはりバースデーケーキですよね。生クリームがだいすきな猫ちゃんにとって、ケーキはとてもよろこばれるプレゼントです。

もちろん、普通のケーキ屋さんに売られている、私たちが食べるようなケーキはNGです。必ず猫専用のケーキを購入しましょう。

最近は、動物病院の系列店のケーキ屋さんや、ペット看護師、ペットセラピストの資格を持ったパティシエが手作りしてくれるお店もあります。

資格をもった店員さんが作ってくれるケーキは、安全な素材はもちろん、猫ちゃんの身体をいちばんに考えて作ってくれるので安心ですね。

  • 着色料
  • 防腐剤
  • 香料

などの添加物が使用されていないものを選びましょう。

お祝いの日にアレルギーが発症してしまうなんて悲しい事態が起こらないように、アレルギーがある猫ちゃんはきちんと抜いてもらえるように頼んでください。

事前にお願いをすれば

  • 小麦粉
  • 乳製品

なども抜きで作ってくれるお店もあります。

愛猫の名前や似顔絵も書いてもらうなど、かわいい見た目に飼い主さんもテンションがあがってしまいますね。

おいしいことはもちろん、安全・安心なケーキでお祝いしてあげましょう。

いつものごはんをグレードアップ?おいしいごはんでお祝いしよう

毎日のごはんがドライフードなら、お誕生日にウェットフードをあげてみてはどうでしょうか。

ウェットフードとは、水分を75%以上ふくんだキャットフードで、魚や肉をほぐした形状のものが一般的です。缶詰タイプやパウチタイプのものがあります。

ウェットフードは味の種類が多く、においが強く残っているので、猫の満足度が非常に高いフードです。

食べ過ぎると肥満や、いつものカリカリを食べてくれなくなることもあるので、お誕生日などの特別な日や褒めるときに与えましょう。

ドライフードの上にふりかけのようにかけてあげてもよろこんで食べてくれます。

やっぱりこれ!おもちゃで愛猫のテンションもアップ

食べ物以外のプレゼントで、もっともよろこばれるのはやはりおもちゃです。

実は、猫は身体を動かすことが大好き!しかし外で木登りや狩りができない飼い猫は、そのほとんどが運動不足であるといわれています。

猫は運動不足でストレスを感じると体調を壊してしまうこともあるので、1日に15分程度は必ず遊んであげましょう。

飼い主さんが忙しくて遊んであげられないときは、電動で動く猫じゃらしなど、一人でも遊べるものをプレゼントしてあげてください。

おもちゃで遊んであげることは、運動不足の解消だけでなくストレスの解消、肥満の予防にもなります。

新しい爪とぎでストレス解消!

お誕生日に爪とぎをプレゼントはいかがですか?

しかしよく爪をとぐ猫ちゃんにとって、爪とぎは消耗品です。1年に1度のプレゼントでは足りないかもしれません。

キャットタワーに爪とぎがついているものもあるので、年に一度のお誕生日にちょっと奮発して大きいお買い物をするのも良いですね。

高いところが大好きな猫ちゃんは、よろこんでくれること間違いなしです。

飼い主さんの留守が多くても、一人で上下運動ができるので、運動不足の解消になります。

こたつでぬくぬくの誕生日!ちょっと変わったプレゼントはいかが?

寒がりの猫ちゃんが人間のこたつにもぐって眠る様子はかわいらしいですが、実は私たちが使うこたつには危険がいっぱいあります。

こたつに長時間もぐっていることで酸欠や低温やけど、脱水症状を引き起こすなど、その問題はさまざまです。

猫専用のこたつなら、発熱部分にカバーがついていたり、赤外線ランプ不使用で目を守るなど、愛猫のことを考えてつくられているので安心です。

また、布団の丸洗いができるものや、コードに噛みつき防止の加工がしてあるなど、私たち飼い主にとってもうれしい機能がたくさんあります。

寒がりの猫ちゃんや冬産まれの猫ちゃんに、ぜひプレゼントしてみてください。

忘れないで!お誕生日の主役は飼い主ではない

愛猫のお誕生日に、コスプレの衣装や帽子などをプレゼントして写真を撮る飼い主さんもいるかと思います。

かわいらしい姿が記念として残るので良いかもしれませんが、基本的に猫に洋服は必要ありません。

洋服を着せて写真を撮るなら、素早く行いましょう。もし嫌がったり、脱ごうとするようなら、すぐに中断してください。

また、風船を飛ばしたり、部屋を飾り付けるのも良いですが、あまりにもいつもとちがう環境に変えてしまうと猫ちゃんが委縮し、ストレスになってしまうことがあります。

飼い主の自己満足ではなく、やはり猫ちゃんが本当によろこぶものをあげたいですよね。

何かプレゼントをあげることももちろんお祝いですが、誕生日は愛猫が家族になってくれたことを感謝する日でもあります。

猫ちゃんが本当によろこんでくれるものは何かみんなで考えて、楽しい誕生日をお過ごしください。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ