半生のキャットフードがない理由。セミモイストは猫にとって危険!?

キャットフードは目的やライフステージなどに応じて、いくつかに分類することができます。

その中で水分含有量に着目すると、キャットフードは大きく4つに分けることができます。セミモイストフードはそのうちのひとつですが、なぜかねこちゃん用のセイミモイストフードはありません。

それはなぜなのか、それぞれのキャットフードの違いを見ながら、わかりやすく解説します。

セミモイストフードとはどんなペットフード?

わんちゃん用にはセミモイストフードをよく見かけますが、ねこちゃんのセミモイストフードって、ありませんよね?

なぜ、猫用のセミモイストフードはないんでしょうか?

まずはセミモイストフードとはどのようなものかをご紹介します。

ペットフードの分類

キャットフードは水分含有量により4つに分けられます。

ドライフード 水分10%以下。いわゆるカリカリ
ソフトドライフード 水分25~35%で発砲しているフード。品質保持の為、酸や防カビ剤や湿潤調整剤を使用している。
セミモイストフード 水分25~35%で発砲していないフード。品質保持の為、砂糖や防カビ剤や湿潤調整剤を使用している。
ウェットフード 水分75%程。品質保持の為、殺菌工程を経て密封容器に充填する。缶詰、レトルトパウチなど。

セミモイストフードの製造過程は、ウェットフードの過程に似ています。

生肉などの水分含有量の多いものを原料とし、それらを添加物と混ぜ合わせた後、押し出し成型機で成型します。

生ひき肉の水分を低くした状態で、羊羹のようななめらかさとしっとり感があり、膨化していないので、粒の切り口が鋭角です。

わたしたちが良く見るカリカリの粒はまるっこいですよね。

また、キャットフードは目的によっても分けられています。

総合栄養食
毎日の主食として、これと水を与えることでそれぞれのライフステージにおける健康を維持できるように栄養が調整されている。

総合栄養食にはそのキャットフードが適応する成長段階が必ず記載されている。

間食
おやつ、スナックという表示もされる。
その他の目的食
特定の栄養を調整したり、カロリーを制限したりといった目的のもの。「総合栄養食」でないため、これを補うための食事内容や量を記載しなければならない。

セミモイストフードは「総合栄養食」とされることが多いフードです。

セミモイストフードのメリットとデメリット

セミモイストフードは、いわゆる「半生タイプ」呼ばれるもので、水分を保つために湿潤調整剤が使用され、柔らかい食感が特徴です。

嗜好性が高く、歯やあごの力が衰えてしまったシニアにも食べやすく、またドライフードに比べ消化吸収率も高くなっています。

ただ、水分含有量が高いため、フードに粘り気があるので、食後の歯磨きに気を付ける必要があります。

また、その水分含有量がカビや腐敗の原因となりやすいので、食べ残しの処理にも注意が必要です。

  • メリット・・・嗜好性が高く、柔らかく食べやすい。消化吸収率が高い
  • デメリット・・食後の歯磨きに注意。保存性が低いので食べ残しの処理に注意

なぜ猫用のセミモイストフードがないのか?

食欲の落ちているねこちゃんに「セミモイストフード」、良さそうですね。

でも、残念なことにねこちゃん用のセミモイストフードはないんです。

なぜでしょうか?それはセミモイストフードの水分含有量に秘密があります。

セミモイストフードはウェットフードほどではありませんが、水分含有量が高いフードです。

その際添加される保湿剤のプロピレングリコールは猫用キャットフードに使用できないのです。

プロピレングリコールは、キャットフードには用いてはならないと定められています。(「製造方法の基準(3)」ペットフード安全法)

プロピレングリコールは猫の赤血球に異常をきたすことが確認されています。

柔らかく、食べやすい食感を保つために使われる保湿剤のプロピレングリコールが、ねこちゃんには危険な物質と確認されているのです。

このプロピレングリコールは保湿剤や甘味料として、また虫よけなどに使用されていますので、ねこちゃんを飼ってらっしゃる方は注意をしてあげてくださいね。

猫には危険だったプロピレングリコール

なぜ猫用のセミモイストフードがないのか、それは柔らかい食感を保つ保湿剤プロピレングリコールがねこちゃんに有害だからなんですね。

このプロピレングリコールはわんちゃんには有害であるとは確認されていないので、わんちゃん用のセミモイストフードはたくさんあります。

わんちゃんには有害性が認められなくても、ねこちゃんには危険なものがあるんですね。

それぞれの動物によって危険なものが違うので、それぞれの特質に注意して、より安全なフードを与えてあげたいですね。

みんなのコメント

  • ともっちょ より:

    大変勉強になりました。ありがとうございます

  • おかめ より:

    セミモイストフードを探しておりましが。。。。。(〃_ _)σ∥
    購入をやめます。
    大変参考になりました!_(._.)_

  • チビの母ちゃん より:

    高齢ネコちゃんの母ちゃんです。
    近頃ドライフードを吐く回数が増えました。
    もともと歯が弱く、8才になり消化不良かなぁと思ってセミドライフードを探していました。
    が、、この記事を見て止めて、いつも食べているドライフードの高齢ネコ用を買おうと思いました。
    ありがとうございました。

  • トミーのお母さん より:

    仔猫の為に探していましたが、危険な食べ物だと言う事がわかりました。
    めんどくさがらず、ふやかして与えたいと思います。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ