猫の耳が熱い時のチェックポイント。危険かどうかの見分け方

何気なく猫の耳を触って、「こんなに熱かったっけ?」と思わず首を傾げることがあります。

なんだか普段と違う気がして、こんなに熱いなんてもしかして風邪?と心配になりますが、実は猫の耳は健康であっても熱くなります。

もちろん体調が悪い時にも熱くなるので油断は禁物ですが、それ以外で元気に走り回っていても猫の耳が熱くなる場合、実は興味深い理由があるのです。

猫の耳が熱くなるのはどうしてなのか、風邪とどう区別をつけたらいいのかご説明していきます。

猫の耳は冷たいのが普通だけど、放熱のために健康でも熱くなる

基本的に、猫の耳は冷たいのが普通です。

触るとひんやりとしていて、血管は透けて見えているのに、何故こんなに冷たいのかと初めて触った時に驚いた飼い主さんも多いのではないでしょうか。

薄くて繊細な猫の耳は、実は毛が薄いがために放熱に適しています。

猫の全身に生える毛は、その毛と毛の間に空気を含んで猫の熱が逃げないようにガードしています。

そのため逆に体の熱を逃がしたい場合は、耳や肉球など毛が薄い部位を使って放熱するのです。

耳や肉球から放熱する猫のイラスト

何らかの理由で体が熱いと感じた時、猫の耳に集まる血管が広がり、血流が良くなって普段は冷たい耳が熱くなります。そして耳の面積を使って、熱を体の外に放出するという仕組みです。

つまり、猫の耳が熱い時とは「体に余分な熱が溜まった時」ということになります。

猫の耳が熱いときに考えられる原因

では具体的に、体に余分な熱が溜まった時とはどんな場合でしょうか。猫の耳が熱くなる主な原因を挙げてみます。

運動直後

おもちゃで激しく遊んだ後などは、全身が熱くなるので体温を下げるために耳が熱くなります。

この場合は運動をやめてある程度時間が経てば耳は冷たく元に戻るはずなのでなんの心配もいりません。

しかし、運動後数時間経っても耳が熱いというような場合は別の原因を疑いましょう。

興奮している

室内飼いの猫が窓越しに野良猫と大喧嘩を繰り広げた場合など、特に運動はしていなくても興奮して熱くなることがあります。その後冷たく戻れば問題ありません。

睡眠前

眠くてむにゃむにゃ、今にも眠りそう……という場合も耳が熱くなります。眠るということは体を休める、つまり体温を下げて省エネモードに入るということです。

体温を下げるために耳から放熱するので耳が熱くなります。

子猫はよく眠るので耳が熱くなっていることが多いです。

ただ子猫の場合風邪を引きやすく、眠いせいで耳が熱いのだと思っていると実は風邪だったりすることもあるので他の症状がないか充分に注意しましょう。

暑い

猫が暑い!と感じた時も当然耳が熱くなります。

特に真夏の長毛種などは大変で、日中ずっと耳が熱くなりっぱなしな場合も。あまりひどいと熱中症になるおそれがあるので、夏場は特に気をつけて見てあげましょう。

また、冬でもこたつや電気カーペットなど暖かい場所を見つけてずっと潜っているせいで耳が熱くなることがあります。

その他、日なたぼっこの後は耳を含めて全身が温まっているので熱くなります。

風邪

風邪を引いて熱がある時も、放熱のために耳が熱くなります。

この場合は熱が出ている間は常に熱いので、朝から晩までいつ触っても熱いという場合は

  • 呼吸の様子
  • せきやくしゃみ
  • 鼻水
  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 下痢

など他に兆候がないかよく観察してください。

猫の風邪の症状イラスト

特に子猫が風邪を引いてしまうとまだ体ができておらず重症化してしまうこともあるので気をつけて確認しましょう。風邪かもと思ったら必ず病院へ。

怪我

耳の一部だけ熱い、片耳だけが熱いという場合は怪我が原因かもしれません。

傷があったり、赤く腫れたりなど異常がないか耳の外側と内側両方を丁寧に確認しましょう。もし怪我しているようであればすぐに病院へ。

毎日猫の耳を触って、愛猫の正常な状態を知ろう

「猫の体内に熱が溜まると、それを放出するために耳が熱くなる」というルールは変わらないものの、猫によって意外と個体差があります。

そこでおすすめなのが、毎日スキンシップを兼ねてこまめに、かつ優しく耳を触っておくことです。

毎日いろんなタイミングでそっと耳を触っていると、「その子だけのリズム」を把握できるのでいざという時異変に気づきやすくなります。

例えば「この子は運動した後なかなか熱が引かないな」とか「普段冷たいのに今日はなんだか熱いな」とか、むしろ触る前から「さっき眠そうにしていたからこの時間はまだ耳が熱いだろうな」など。

ふと触ってみて「いつもこんなに熱かったっけ?」とパニックにならないためにも、愛猫の正常な状態を把握しておきましょう。

調子が悪そうならばすぐに病院へ!

猫の耳が熱くなるのは体温調節のためには当然のことですので、通常であれば心配することはありません。

しかし調子が悪そうだったり耳を触ると嫌がったりなど、普段と違う様子が見受けられる場合は動物病院に相談するのがよいでしょう。

耳は愛猫の様子を非常にわかりやすく伝えてくれます。常にスキンシップを怠らず、いざという時すぐに対処してあげられるようにしましょう。

みんなのコメント

  • 匿名 より:

    ここのところ、寒暖差が激しく涼しかったり、暑かったり、、、家猫ちゃんのお部屋の温度がバラバラです。
    朝の天気予報で夏日となると、早くからエアコンをつけてしまうので、もしかしたら寒すぎてしまったのかも、と
    夜に耳が熱かったので心配です。

    • かりん より:

      お部屋の温度が安定しないのって、困りますよね!

      暑いときでも寒いときでも快適に過ごしてもらうためには、部屋の温度ではなく毛布やホットカーペット、涼感マットなどを置いて接触温度に気を配るのがおすすめです。

      暑い時は猫は勝手に出て行きますし、寒くなれば温かいところに潜り込みます。自分で調節できるように、いろんな温度の場所を用意してあげると、猫はいつでも快適ですよ!

  • トト より:

    内の猫体と耳が熱いのが続くのですがどうゆう状況なんですか?

  • DON より:

    手術した後から
    走り回らない
    1日ゴロゴロ寝てる
    石を取るために
    タマタマも 取ったため
    ストレスかと
    耳←目垢が汚い

  • ラーッキ〜 より:

    猫の耳はいろいろな役目を持っていることを改めてわからりました!
    もっと猫のことを考えて生活していきたいです。
    猫は世の中にとって大事な生き物だと思いました!w
    猫が嫌いな人もいると思うけれど猫を一度買ってみた人しかわからない猫に癒やされます。
    猫をそのへんに捨てるのはやめましょ!

  • 匿名 より:

    捨てるなら飼うな!最後まで責任を持って!

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ