猫の胸水は呼吸困難を呼び起こす。猫の呼吸が楽になる看病のコツ

猫の様子に異変を感じ動物病院を受診した時、「胸水です」と獣医さんに言われることがあります。でも、「胸水」とは具体的にどんな状態なのか、いまいちピンとこない飼い主さんも多いのではないでしょうか。

胸水とはその名の通り、胸に水が溜まっている状態。何となく良くないこととはわかりつつも、いったいどんな症状なのか、一体何をしたらいいのか悩んでしまいますよね。

実は、猫の胸水は猫にとって大変つらい状態です。愛猫のためにも胸水のメカニズムを知り、できるだけ愛猫が楽に過ごせるように気を配ってあげましょう。

胸水の仕組みと飼い主さんが自宅でできる対処法について、わかりやすくご説明します。

なぜ猫の胸に水が溜まるのか。猫の胸水の仕組み

心臓や肺など、猫の胸にある臓器は胸壁という大きな入れ物の中に収められています。呼吸する時に、この壁と肺がこすれたりしないように、壁と肺の間にはわずかに水が存在しています。

この潤滑油のような役目をする水は、新たに作られては排出されることを繰り返し、本来は常に一定の量を保っています。

しかし、この水を「作る」もしくは「排出する」のどちらかに異常があると、バランスが崩れて水が異常に増えてしまいます。この状態が胸水です。

水が増えると、増えた分肺を圧迫するため、猫にとって咳や呼吸困難など、呼吸器系の症状を引き起こします。また、呼吸が充分にできないことによりチアノーゼなどの症状も現れることがあります。

猫の胸水は、症状の1つであり病名ではありません。胸水は何らかの病気が原因で、もともと存在する水の量が増えてしまったために起こります。

そのため、胸水を治療するためには、まず胸水を引き起こしている病気(=基礎疾患)を特定し、その病気を治療することが重要となります。

猫の胸水には原因により様々な種類がある

猫の胸水がなにによって引き起こされているかによって、以下のように、胸に溜まる水の様子が異なります。

感染症など何らかの原因で、胸の中に膿が溜まってしまった状態。
滲出液
胸の中で炎症が起きた結果、炎症によって損傷した血管から液体がしみ出てきてしまい、その液体が溜まってしまった状態。
出血
胸の中で出血が起きて、血が溜まってしまった状態。
乳び
リンパ管が損傷してしまい、中の乳白色をしたリンパ液が流れ出て溜まってしまった状態。

つまり、猫の胸に溜まっている水を抜き、その水を調べることである程度原因を判断することができます。

膿が溜まっていれば、膿が溜まるような病気が原因とわかりますし、血が混じっているのであれば、腫瘍が出来たりなどで炎症を起こしている可能性があるということです。

胸水を引き起こす病気は感染症からガンまで非常に多岐に渡ります。また、怪我など外部からの衝撃が原因のこともあります。

そのため、猫に胸水の症状が現れている時はさらに胸水そのものの成分を調べたり、血液検査やレントゲン、超音波検査などの各種検査をして正確な病気を特定する必要があります。

猫が胸水になった場合、基礎疾患の治療が重要!

猫の胸水の治療としては、まず抜本的治療として、胸水を引き起こしている病気を特定し、その病気を治療していきます。その上で、胸に溜まった水を針で吸い出し抜いていくというような対症療法が併せて行われます。

胸水は自宅での看護だけで自然治癒を狙えるような軽いものではありませんので、必ず動物病院へ連れて行きましょう。

猫が胸水になった時、飼い主さんが気をつけてあげるべきこと

呼吸に関わる症状が現れることから、胸水は猫にとって、とても苦しいものです。そこで、飼い主さんが愛猫のために気をつけてあげられることをご紹介します。

水を定期的に抜いてあげよう

病状にもよりますが、胸水は定期的に胸の中の水を抜いてあげることで非常に楽になります。処置は動物病院で獣医さんが行います。胸に針を刺し、針を通して胸から徐々にゆっくりと水を抜いていきます。

動く元気もない場合は無麻酔のこともありますが、多くは麻酔を使うため、リスクも存在することは知っておかなければなりません。

動物病院の診療費は動物病院次第のため、費用はまちまちですが良心的な値段のところだと1回5000円程度になります。猫によって胸水が溜まるスピードにも差があり、週に2回抜く必要がある猫もいれば、2週間に1回でよい猫もいます。

獣医さんと相談の上、また猫の様子を観察して胸水を抜くペースを決めましょう。

胸水が溜まってくると、猫は息苦しそうにしたり、呼吸が浅く速くなったり、鼻をぐずつかせたりといった様子を見せるようになります。

胸水を抜くとこれらの症状がいったん落ち着き、楽になるはずです。猫がつらそうな様子を見せ始めたら動物病院へ予約を入れ、胸水を抜いてもらいましょう。

呼吸しやすい環境を作ろう

胸水になると呼吸がしづらくなることから、呼吸しやすい環境を整えてあげることも重要です。部屋の温度をやや涼しめに設定すると、呼吸が少し楽になります。クッションなどを用意して頭を高くしてあげるのもおすすめです。

また、そもそも呼吸がつらくなるような運動を避け、できるだけ安静にさせるといったことにも注意しましょう。

猫の呼吸が楽になる、自宅で使える酸素室レンタルのすすめ

少々費用はかかりますが、猫が胸水になった時効果を発揮するのが酸素室です。胸水になると呼吸が苦しくなるため、酸素濃度の高い箱の中に猫を入れてあげることで、猫は呼吸がとても楽になります。

通常、酸素室は動物病院にしかありませんが、在宅の看護用に購入、もしくはレンタル会社を通してレンタルすることが可能です。

酸素室レンタル会社テルコムさんのページスクリーンショット
(出典:犬、猫、小動物の在宅酸素吸入|ペット用酸素ハウス|テルコム株式会社)

レンタル用の酸素室は、猫が無理なく寝そべることができる程度の大きさの透明な箱の中に、専用の機械を用いて酸素を送り込むという仕組みです。

設置するには約1畳程度のスペースが必要になります。

酸素室のレンタル費用

酸素室をレンタルする場合、初期費用など全て込で1か月に4万円前後の費用が必要です。また、購入する場合は最低でも12万円ほどになります。

長期的に介護が必要なのであれば、購入してしまった方がお得です。

そもそも酸素室が必要かどうか、またどの程度の期間の治療になりそうかということに関しては、かかりつけの獣医さんに相談してみてください。

酸素室を扱っているレンタル会社

ペット用の酸素室を購入、あるいはレンタルできる会社は、

  • テルコム株式会社
  • 日本医療株式会社
  • 株式会社ユニコム

など数社あります。レンタル会社が近くにあれば、自分で足を運んで当日にレンタルすることも可能です。

酸素室は取り扱いに気をつけよう

酸素室を導入する時、いくつか気をつけておくべき点があります。

音がうるさい
酸素を生成する機械は、それなりに音がします。寝室に置くことは難しいかもしれません。また猫によっては駆動音がストレスになってしまう場合もあります。音に敏感な場合は気をつけましょう。
においの強いものを近づけない
酸素室に送る酸素は、部屋の中の空気を使って生成しています。そのため部屋の中に料理の匂いや芳香剤などにおいの強いものがあると酸素室の中にその匂いが入ってしまうので気をつけましょう。
火気厳禁
酸素室という性質上、火気厳禁です。ご家庭ではタバコや蚊取り線香、ガスコンロ、線香の火など、近くでは使わないように気をつけて下さい。

酸素室の周辺は酸素濃度が高いため、万一引火した場合、炎上や爆発など重大な事故を引き起こす可能性があります。

酸素室の導入により猫と接触する機会が減るかもしれない

酸素室に胸水の猫が入ると、非常に呼吸が楽になるために、そこから出たがらなくなる猫が多くなります。酸素室から出てしまうということは、水の中で溺れかけているのと同じような状態です。

酸素室の中は狭いため、飼い主さんが抱っこしたり、一緒に眠ったりというようなことはできません。人懐っこい猫の場合、飼い主さんとの接触が減ることでストレスになる可能性も考えられます。

猫の性格を考慮して酸素室を導入して下さい。

酸素室の温度など、内部管理に気をつけて

飼い主さんが扱うことのできる酸素室は、あくまで在宅用ですので、内部の温度管理には非常に気を使う必要があります。

酸素を漏らさないように、酸素室の全体を覆う必要がありますが、一方で狭い酸素室の中は猫の呼吸や体温で内部温度が上がりがちです。

真夏以外であっても、凍らせたタオルやペットボトルなどを用意し、内部をやや涼しく保たなければなりません。内部が暑いと呼吸が苦しくなってしまい、酸素室の意味がありません。

またちょっとしたことでもすぐに温度が変化するため、飼い主さんが頻繁に温度計と酸素計をチェックして、快適な状態が保たれているか確認する必要があります。そのため、

  • 1人暮らしで他に見てくれる人がいない
  • 会社勤めをしていて毎日家を空ける

という場合は酸素室を使うには不向きです。

酸素室はやや大きいものをレンタルしましょう

レンタルする際酸素室のサイズが選べます。

しかし、猫だからといって小さい物をレンタルしてしまうと後悔しがちです。お世話がしにくいですし、狭い分温度が上がりやすくなってしまうので管理が大変です。また、大きい酸素室なら中にトイレなども入れられます。

少々値段が高くなっても、大きめのサイズをレンタルする方がなにかと使い勝手がよくおすすめです。

猫の胸水は苦しいもの。よく観察して対処しよう

猫の胸水は猫を呼吸困難に陥らせます。水が溜まっている間、ずっとうまく呼吸ができないという状態は非常に苦しいものです。猫が胸水になった場合は、できるだけ猫の呼吸が楽になるような工夫をしてあげましょう。

また、胸水を引き起こしている病気の治療も重要です。命に関わる病気であることも多いので、何となく猫の元気がない、苦しそうにしているなど様子が変だと思ったらすぐに病院に行きましょう。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ