カリカリのメリットとデメリット。猫のフード選びにはコツがある

猫を初めて飼うとき、ご飯はどのようなものを与えればよいか迷いますよね。飼い猫のご飯でよく使われるものは大まかに分けるとウェットフードとドライフードがあります。

今回はドライフード、通称カリカリと呼ばれることが多いですが、こちらの特徴、メリット、デメリット、与え方などをご紹介していきたいと思います。

猫のご飯の種類。ドライとウェット、栄養素からどれを選ぶ?

まずは、ドライフードとウェットフードの違いを見ていきましょう。

ドライフード 通称カリカリと呼ばれることも多い、固形のフードです。肉や魚などのたんぱく質に、穀物やそのほかの食材を足して粒上にし乾燥させたものです。
ウェットフード 肉や魚を生のまま、その他必要なものも添付してパックにしたものです。

形状による分け方の他に、含有する栄養バランスの観点から分けると次のようなものがあります。

総合栄養食 猫が健康を維持するために必要とする栄養素をすべて含むフードのことです。基準を満たしたものしか「総合栄養食」を明記することができません。基本的にはほかのご飯を与えなくてもこれだけで必要な栄養を摂取することができます。
一般食 総合栄養食に対してこちらは栄養バランスに関する規定にはあてはまらないため、おやつや食欲がない時に口にしてもらうきっかけとしてとらえてください。
療法食 特定の病気になった時に必要な効能を補うために食べてもらうご飯です。健康を害したときや病気の予防のために獣医師さんから勧められて始めるのが一般的です。

そのほか、鶏ささみや魚を加工した嗜好性の高いおやつのようなフードもあります。

基本的には日常食べてもらうご飯は総合栄養食を利用しながら、その他必要に応じて別のご飯を与えて補っていくのが理想的でしょう。

カリカリ、ドライフードのメリットとデメリット

では、ドライフードのメリットとデメリットについてみていきましょう。

メリット

  • 硬いものをカリカリ噛んで食べるため、歯石がつくのを予防することができる
  • ウェットフードより安価なので長期にわたって与える時に経済的負担が少ない
  • 乾燥させてあるため日持ちする

愛する猫のためなら多少の出費は仕方ない、とは思いつつもやはり経済的負担に関しては気になるところです。ドライフードはウェットフードに比べると費用が安いのでその点は安心です。

また、都合により1~2日家を空けて猫だけお留守番ということも起きると思います。そのような場合はご飯を多めにセットしたり自動給餌機を使うことになると思います。ドライフードであればしばらく出しておいても傷みにくいので安心です。

デメリット

  • 老猫など、歯が悪い状態だと食べられない
  • 別に水分補給が必要となる

ある程度の硬さがあるため、噛み砕くためにはもちろん丈夫な歯が必要です。あとは含まれる水分が少ないため、ドライフードのほかに一定量以上の水分を摂ってもらう必要があります。

猫は腎臓の病気になりやすいのですが、それは水分不足も原因の一つと言われています。

猫は水を飲む場所さえ用意すれば自分で飲むことができますが、健康を考えてみずから意識して水分補給をするわけではないので、放っておくと水分不足になりがちです。

水飲み場を複数準備する、飲みやすい容器にする、常に新鮮な水を飲めるようにしておく、などの工夫をしましょう。

カリカリドライフードの選び方、購入のコツ

先述の通り「総合栄養食」と記載のあるものを選びましょう。どんなご飯にも猫との相性の良しあしがあります。

いきなり大袋で買ってしまうと、何らかの理由でそのご飯を使わないと判断した場合、大半が無駄になってしまいます。小分けのものやサンプルがあるものはまずそちらで試してみるのが良いでしょう。

また、極端に安いものは材料が粗悪だったり、添加物や保存料が多く含まれていることがあるので避けたほうが無難です。着色料が使われているものは見栄えはしますが、猫にとっては必要ないものです。

できるだけ猫に必要のない成分が多く含まれていないフードを選ぶよう心がけてください。

与えていたドライフードに飽きてしまったら

一定期間同じご飯を食べていると、飽きてしまって食べなくなることがあります。いくら頑張って選んだドライフードでも食べてくれなければ意味がありません。何らかの対策が必要となります。

もちろん、食べなくなった時にご飯を変えるというのがまず考え付く方法だと思います。ただ、食べなくなるたび次々に新しいご飯に変える、というのはいずれ使えるフードがなくなってしまいます。

健康管理の観点からみて、良いフードを2~3種類選んでおいて、飽きたら別のフード、そちらも飽きたら元のフードに戻す、などローテーションで回せるようになっておくと便利です。

また、ドライフードはウェットフードに比べて味が簡素なのかあまり食べてくれない子も多いようです。なのでウェットフードと併用するという方も非常に多いです。

ウェットフードは野生で狩りをしたときに食べる食料に近いので嗜好性が高いというメリットがあります。

一方で、一度パウチや缶を開けてしまうと日持ちしないのと費用がドライフードに比べてかかるという問題もあります。

また、食べなくなるたびにウェットフードを出していると、「食べなければおいしいご飯を出してもらえる」と習慣づいてしまうデメリットもあります。

療法食としてドライフードを食べてもらう必要が出てくるときもあるのと、一定時間フードの交換ができないときのためにドライフードも食べられるようにしておきたいです。

そのため、食欲がない時にはウェットフードを併用しながらドライフードも食べてもらうようにするのが理想的です。

猫が急にご飯を食べなくなるのは、フードに飽きた意外に体調が悪いからという理由のこともあります。おしっこやうんちがいつも通り出ているか、嘔吐などしていないかなどよく観察し、様子がおかしければ動物病院に相談しましょう。

それぞれの特徴を把握して、バランスよく

いかがでしたか?猫のフードには形状や目的、特性などによってさまざまな選択肢があります。何よりも、猫が気に入ってくれるかどうか、に尽きるのです。

猫のフード選びは1日にして成らずです。それぞれのフードのメリットデメリットを理解して、猫ちゃんの健やかな毎日に最も適したフードを選びましょう。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ