【実験写真あり】なぜ猫は鍋に入る?いっぽう入らない猫の特徴とは

猫鍋と聞いたら猫の鍋かと驚く方もいるかも知れませんがもちろん違います。猫鍋とは、置かれた鍋に自ら入り寛ぐ姿のことを言います。とってもかわいいです。

ではなぜ猫ちゃんは自ら好んで鍋に入るのでしょうか?いやいや、うちの子はそんなことしないよ。でも入っているところを見てみたい…そんな飼い主さんもいるでしょう。

鍋が好きな猫ちゃんとそうでない猫ちゃんの違いとは?うち子たちの実験もふまえて、猫と鍋の不思議な謎に迫りましょう。

猫が鍋に入る理由はいくつかある!入りやすい猫の性格とは?

狭い鍋に体をねじ込みギュウギュウに入っている姿に癒されている愛猫家も多いはず。でも猫はなぜ鍋に自ら入るのでしょうか?その理由と、歴史についてまずは紐解いてみましょう。

猫は狭いところが好き

猫は鍋に限らず狭いところが大好きです。ダンボール、紙袋、箱、戸棚、家具の隙間、とにかく四方を囲まれた狭い空間があればとりあえず入ってみる猫ちゃん。

実はこの習性はイエネコの祖先だと言われるリビアヤマネコの時代にまで遡ります。

狭い場所=安全な場所

猫科の動物は瞬発力にとても優れています。その反面持久力はなく獲物を捕らえるときも、天敵から逃げるときも短期決戦となります。

そのため野生の時代は天敵の姿を見つけら狭いところに入りやり過ごす、獲物見つければ狭い場所に隠れ獲物を一瞬でとらえられる距離に来るまでジッと待つということをしていました。

この名残で現在のイエネコも狭い箱や鍋を見たら本能的に中に入ってしまうのです。かつて野生で生きていた時代の知恵が遺伝子に組み込まれているということですから生命の不思議を感じますね。

鍋のひんやり感が気持ちいい

猫は野生で生きていた時代、影になっていてひんやりとしている岩陰に身を寄せて涼んでいたこともあります。

その名残なのかひんやりとした鍋の感触が心地よく感じるようです。鍋のひんやり感にうっとりしてそのまま寝てしまう猫ちゃんも見かけます。

興味本位

猫は好奇心が旺盛な動物です。

あまり見慣れない物体が目の前にあったらとりあえず近づいてみる、穴があったらとりあえず入ってみる、おもしろそうだからとりあえず寛いでみるといったただの興味本位で猫鍋になっているということも考えられます。

何せ猫は自由な生き物です。そのマイペースで気まぐれなところが猫の魅力でもあり可愛いところでもありますね。

猫鍋はどんな猫でもできるとは限らない

猫が鍋に入った姿を現す言葉、猫鍋。猫なら鍋を差し出せば絶対に入ると思っている愛猫家さん、実は世の中には鍋に入りたがらない猫も存在します。

実は私も自宅にいる3匹の猫で、猫鍋の写真を撮ろうと何度かトライしましたがなぜか一向に入ってくれませんでした。

もちろん我が家の猫も狭いところも大好きですし、いい感じの箱があれば目を離したすきに入っています。ではなぜ鍋に入ってくれないのか?その謎について調べてみました。

見慣れないものに警戒している

猫は警戒心が強い生き物です。当たり前のように日常にある鍋でも目の前に差し出されるという経験は今までなかったでしょう。台所に行くことがないご家庭の猫なら鍋を見る機会すらあまりなかったかもしれません。

そんな馴染みのない鍋を見た猫ちゃんの中には警戒して入ってくれない子もいます。

そういう場合は数日鍋を置いたままにしてみましょう。危険ではないものとわかってくれたら入ってくれるかもしれません。

ひんやりするのが嫌い

夏ならいいですが冬の寒い日だと、ひんやりする鍋は嫌がって入ってくれないかもしれません。対策としては鍋を暖房の部屋にしばらくおいて常温にする。

火で熱すると熱くなりすぎて猫ちゃんが火傷をする可能性がありますのでやめてくださいね。

気分が乗らない

猫は気分屋なのでやりたくないことはやりませんし、気分が乗らなければ見向きもしません。また鍋よりも魅力的な箱やおもちゃがあればわざわざ鍋に入ろうとは思わない可能性もあります。

しかし逆を言えば気分が乗ればいつか鍋に入ってくれる可能性はあります。是非根気よく試してみてください。

鍋が気に入らない

猫にも好きな鍋、嫌いな鍋というものがあるようです。土鍋には入らなかったけど普通の鍋なら入った!愛猫はアルミ鍋が好み!鍋は全滅したけどフライパンなら入った!

なんていう声もよく耳にします。そこで我が愛猫でも試してみました。

土鍋は興味を示すけど入りません。

鍋と猫の写真

普通の鍋も駄目でした。興味はありそう?だったらフライパンはどうだ!

フライパンと猫の写真

フライパンの横で寛いでしまいました。我が家の猫的には気分が乗らないようです。3匹とも興味は示すけど結局入りませんでした。しばらく置いていたら入るのかもしれませんが。皆様も是非愛猫で試してみてください。

猫鍋の冷感、防寒おすすめグッズをご紹介

我が家の愛猫は鍋に入ってくれませんでしたが、これなら入ってくれるかもと思ったのが猫鍋の冷感、防寒グッズです。

中に入ってヒンヤリ、ポカポカで猫も嬉しくその姿を見た飼い主様もあまりの可愛さに悶えるという素晴らしい商品の数々の中でもおすすめの商品をご紹介します。

ひんやりクール猫鍋

ひんやりクール猫鍋商品イメージ
マルカン-ひんやりクール猫鍋-猫用-CT-313

アルミ素材の猫が入りたくなるような素材で作られた猫鍋専用の鍋。電気がいらないのでエコであるのと同時にお留守番時も安心して使えますね。夏の暑い時期には大活躍しそうな商品です。

ニャン太のあったかヒーター猫鍋

あったかヒーター猫鍋商品イメージ
マルカン-CT-392-あったかヒーター猫鍋-カーペット付

丸くなって寛げる、あったか猫鍋型ヒーター。電気ヒーターでとても温かく、寒い冬も安心して過ごせる商品です。鍋の中で丸くなって寛ぐ姿も可愛くて癒されます。

ツメとぎトレイ 鍋型

マルカン-ツメとぎトレイ商品イメージ
マルカン-ツメとぎトレイ-鍋型

冷暖房グッズではないですが、鍋型の爪とぎもあります。爪とぎなら猫ちゃんも大好きですし警戒せずに使ってくれそうですよね。比較的リーズナブルな値段なのも嬉しいです。

猫鍋に癒されたい方は是非愛猫でトライしてみてください

愛猫家の間で話題の猫鍋ですが、我が家の愛猫の他にも猫鍋を見たいのに愛猫が鍋に入ってくれないと嘆いている飼い主様は多いようです。

逆に料理をしようと鍋をだしたらどこからともなく愛猫が飛んできて鍋に入ってしまい料理ができない!という飼い主様もいます。

どちらにも言えることはそんな気まぐれでマイペースな猫ちゃんはやっぱり可愛いということですね。まだ猫鍋を試したことのない飼い主様は是非、猫鍋にトライしてみてはいかがでしょうか?

みんなのコメント

  • 小夜 より:

    興味深いことでしたね。この猫鍋は。うちの子達も入らはい猫組です。入ってくれたらたら感動なのにぁって。参考になりました(^o^)

  • タルト より:

    前から気になっていたことなので、とても面白かったです!ねこが鍋に入っているところはとてもかわいいですよね~(≧▽≦)

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ