オス三毛猫が生れる確率は3万分の1!?珍しい理由と福猫エピソード

三毛猫ってほとんどメスしかいないってご存知ですか?実はオスの三毛猫ってとても珍しくて、滅多にお目にかかることができないんだとか。他の種類の猫ではオス猫が珍しいとかそんな話は聞かないけど、どうして三毛猫のオスだけ希少性が高いのでしょうか。

今回はそんなオスの三毛猫の謎について迫ってみました。

三毛猫のオスが生まれる確率はなんと3万分の1!?

三毛猫のオスが珍しいと言われるのは何故でしょうか?それは、オスの三毛猫が生まれてくる確率にあります。三毛猫のオスが生まれる確率はなんと、3万分の1と言われるほど生まれる確率が低い珍しい猫なのです。

オスの三毛猫が生まれる確率はかなり低いのはなぜでしょうか?その原因は猫の遺伝子に関係してきます。

人間と同様、猫も染色体によって性別が決まってきます。その染色体が正常であれば、生まれてくる三毛猫はすべてメスになります。ですが、たまに染色体が異常を起こしてしまい、その結果、三毛猫のオスが生まれることがあります。

性染色体がXXならメス、XYならオス

染色体は常染色体と性染色体の2種類ありますが、性染色体は2本で1対のセットになっています。赤ちゃん猫はこの性染色体を、母猫と父猫から1本ずつ譲り受けます。

この性染色体にはX染色体とY染色体とがあり、この組み合わせによって生まれてくる赤ちゃん猫の性別が決まります。

親猫から譲り受けた性染色体の組み合わせがXXならメス、XYならばオスに生まれます。この性別を決める性染色体と一緒に、猫の毛の色を決定する遺伝子も同時に譲り受けることになります。

茶色のカラー遺伝子は特殊

猫には9種類の毛の色を決定する遺伝子がありますが、このカラー遺伝子の組み合わせによって猫の柄や毛の色が決まります。三毛猫として生まれるには「黒」、「白」、「茶色」の3種類の色が必要です。

この3種類の中でもカギを握るのは茶色のカラー遺伝子です。9種類ある内の8種類のカラー遺伝子は常染色体に存在できますが、この茶色のカラー遺伝子Oは特殊で性染色体にしか存在することができません。

オスとして生まれるのは性染色体の組合せはXYですが、茶色のカラー遺伝子OはY染色体に存在することができないので、理屈上は生まれてくる三毛猫の性別はすべてメス猫になります。

染色体の異常でオスの三毛猫が生まれる

染色体が正常であれば生まれてくる三毛猫はメスになりますが、クラインフェルター症候群という染色体の異常によって、染色体が1つ増えてXXYとなることがあります。この染色体XXYにOoのカラー遺伝子が含まれていれば、オスの三毛猫が生まれます。

クラインフェルター症候群のオスの三毛猫は生殖機能がないことがほとんどです。オスの三毛猫は染色体を赤ちゃん猫に渡すことができないためです。

また、X染色体にあったO遺伝子が何かの原因で切断され、他に付着して遺伝子の位置が変わってしまった場合もオスの三毛猫が生まれます。その他にも身体に何かしら障害があるなど、短命であることが多いようです。

オスの三毛猫は幸運を招く猫と呼ばれている

生まれる確率がかなり低いオスの三毛猫は、その希少性の高さから「幸福を招く猫」と昔から言われています。「三毛猫を飼うとお金に困らない」、「三毛猫がいれば商売が繁盛する」などといった言い伝えもあります。

お店などによく置かれている招き猫ですが、あの猫の柄も「縁起が良い」などという理由から、三毛猫であることが多いと思います。

また、「オスの三毛猫を乗せると嵐にあっても遭難しない」と船乗りの間では信じられていました。確かな記録などは残っていませんが、江戸時代の頃からオスの三毛猫は高い値段で取引されたと言われています。

最近の話では、アメリカのオークションでは、オスの三毛猫が2000万円で落札されたという記録も残っていることから、現在も昔と変わらずオスの三毛猫の希少性の高さがうかがえます。

オスの三毛猫のエピソード

オスの三毛猫は縁起が良いとして、1956年、第一次南極観測隊にオスの三毛猫が贈られました。観測隊の隊長である永田武の名前から「タケシ」と名付けられ、昭和基地でペットとして飼われました。

帰国後は隊員の家から脱走して行方不明になってしまいましたが、この話は「こねこのタケシ」という絵本になりました。

最近では、カンニング竹山さんが主演された亀井亨監督の「ねこタクシー」に「みーすけ」という三毛猫が登場しますが、この「みーすけ」を演じた三毛猫もオスの三毛猫です。

オスの三毛猫はメスと性格が違うとも言われている

このように話題になることもありますが、身近なところで見かけることはほとんどありません。希少性も高く、高値で売買されたりする珍しいオスの三毛猫を一度は見てみたくなりますよね。オスの三毛猫はメスの三毛猫よりも

  • 自尊心が低い
  • おとなしい
  • とても活発

などと言われていますが、数が少ないため、はっきりとはわかりません。三毛猫は日本人にとっては見慣れた猫かもしれませんが、そのほとんどがメスの三毛猫です。オスの三毛猫は数が少なくて貴重な猫なので、皆で大事にしていきましょう。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ