猫の嫌いな10の音。身近な音が猫にとってはストレスの原因に!

猫ちゃんが嫌いな音とはどんな音か知っていますか?猫ちゃんはとても耳が良く人間では聞こえないような高音の音、小さな音が聞こえるといいます。

そんな耳がとてもいい猫ちゃんだからこそ、人間ではなにも感じない嫌いな音も多いのです。でも具体的に嫌いな音とはどんな音なのでしょうか?

さらに猫の聴力と人間の聴力ではどれくらいの差があるのでしょうか?そんな素朴な疑問を解決して大好きな愛猫のことをもっと知りましょう!

猫が嫌いな音10通り!ストレスにもなるので注意が必要

それではまず、猫が嫌いな音をご紹介します。個体差によって平気な猫ちゃんももちろんいると思いますが、一般的に猫ちゃんが嫌いだと言われている音なので平気に見えても実はストレスを感じている可能性もありえます。

可能であれば、嫌いな音があまり聞こえない空間で生活させてあげるようにしましょう。

掃除機

猫は大きな音が苦手です。そういった理由から掃除機の大きなあのうるさい音が嫌いで逃げていく猫が大変多い傾向にあります。

掃除機をかけないというわけにはいきませんが、掃除機を嫌がって逃げる猫ちゃんを面白がって追いかけるなんてことは絶対にしないようにしましょう。

ドライヤー

電化製品の大きな音が苦手な猫ちゃん、ドライヤーの音が苦手な猫ちゃんも多いです。

もちろん、最近の電化製品は音が静かな物も多いですし個体差はあるでしょう。しかし、やはり苦手とする猫ちゃんは多いのでドライヤーを使うときは気をつけてあげるようにしましょう。

金属音

「カーン」「キーン」という耳に不快な金属音も猫ちゃんが嫌いな音です。キーンという甲高い音を聞くと驚いてしまうだけではなく、痙攣や発作を起こす猫ちゃんもいます。

特に10歳を越えたシニア猫ちゃんは痙攣や発作を起こしやすいので、シニア猫と暮らす飼い主様は金属音に気をつけてあげるようにしましょう。

玄関の呼び鈴

静かな部屋に急になる玄関の「ピンポーン」という呼び鈴の音。びっくりしてどこかに隠れてしまうという猫ちゃんも多いのではないでしょうか?

音もそうですが、人見知りの猫ちゃんの場合は「チャイムが鳴る=知らない人が入ってくる」という経験から逃げてしまう子もいます。

雷の落ちる地鳴りのような大きな音、人間でも驚いてしまいますが猫ちゃんも嫌いな子は多いです。

実際玄関のドアや窓を開けたタイミングで鳴った大きな雷の音に驚き猫ちゃんが外に飛び出しちゃった!という脱走事故を何回か耳にしたことがあります。雷が鳴っている時は猫ちゃんが脱走しないように気をつけてあげましょう。

破裂音

猫は大きな破裂音が嫌いです。風船の割れる音のようなけたたましい破裂音は猫ちゃんが驚く音の代表とも言えるでしょう。

テレビから聞こえる風船の割れる音にすら目を丸くして驚く猫ちゃんもいますので、テレビの音の大きさには注意してあげるようにしましょう。

くしゃみ

強烈な破裂音つながりでくしゃみも嫌いな猫ちゃんは多いです。くしゃみはいわば人間の口から放たれる爆風です。

くしゃみが爆風って大げさだなと思った方、人間のくしゃみは最大で時速300Kmの勢いで放たれるそうです。時速300Kmと言えば新幹線と同じ早さなのですから、間違いなく爆風でしょう。

そんな爆風の中で聞こえる音は猫ちゃんを驚かせるのに十分な音を放っています。猫ちゃんを驚かせたくないならくしゃみをする時は控えめにしてあげるようにするといいかもしれませんね。

低い音や声

猫ちゃんは男性の声が苦手。そんな話を聞いたことありませんか?実は猫ちゃんは男性の声が苦手というわけではなく低い声や音が苦手なのです。

女性より男性の方が声が低い=猫ちゃんは男性の声が苦手という風になったのです。

特に低い声で怒鳴られるのが一番苦手でパニックから過呼吸になる猫ちゃんや度重なる怒鳴り声でストレスがたまり重篤な症状を引き起こすといったこともあります。怒鳴るのだけは絶対にやめてあげましょう。

手を叩く

前述した通り破裂音が嫌いな猫ちゃんは手を叩く「パン!!」という音も嫌いです。手を叩くという行為自体が猫ちゃんにとってストレスとなってしまうのです。

しかしこの手を叩く音が苦手な猫ちゃんの習性を利用してしつけに使う人もいます。

何かのイタズラやいけないことをした瞬間、手を強く叩く「パン!!」という音を鳴らすことで「イタズラをしたら怖い音が鳴った!」と覚えてもらうことでしつけをするというものです。

いつもいつも、この行為をするとストレスを与えてしまいますが、しつけの為に行うなら怒鳴ったり叩いたりするよりはいいと言われています。

しかし猫ちゃんはストレスによって様々な病気を引き起こす動物なので注意をするようにしましょう。

甲高い音や声

低い音も嫌がりますが、必要以上に甲高い音も嫌がる傾向にあります。猫は聴力が人間よりもはるかにいいので甲高い音は頭に響く音なのでとても嫌がります。

人間が聞いていて不快になるような甲高い音は猫も嫌いなので甲高い声をあげたりしないようにしましょう。

猫の聴力は人間の10倍!嫌いな音に過剰反応することも

猫ちゃんは人間よりとても耳がいいです。どれくらい耳がいいのかというと、人間が1.5~2万ヘルツまでの高い音を聞き分けられるのに対して、犬は約2倍程の4万ヘルツまでの音を聞くことができます。

これでもすごいことなのですが、猫ちゃんはなんとその倍以上の10万ヘルツの音を聞き分けるというのです。つまり人間の約10倍の聴力を持っているということです。

そのため猫は人間では聞き取れないような遠くで聞こえる音に反応してなにもない場所を見つめたり、飼い主が帰ってくる音を聞きつけて玄関で待っていてくれたりするのです。

しかしその聴力の音が災いして、日常生活に溢れている様々な生活音に不快感を抱くのです。

猫が好きな音、高くて小さな音で仲良くなる

逆に猫ちゃんが好む音というのも存在します。それは高くて小さな音です。子猫が出す2000~6000ヘルツくらいの音が特に好まれるようで、高くて小さな音は喜びや興奮などの感情を表す音なので猫ちゃんも好きなのだとか。

もし猫ちゃんと仲良くなりたい、好かれたいと思うならばこの習性を利用して子猫が出すくらいの高くてか細い声で猫ちゃんに優しく呼びかけてあげると好感を持って接してくれるはずです。是非お試しください!

猫ちゃんにとって嫌いな音はストレスの原因

一緒に生活しているうえで、猫ちゃんが嫌いな音を全く出さずに生活をすることは不可能です。そのような細心の注意を払った生活は、猫ちゃんにはストレスを与えない生活かもしれませんが飼い主様の生活に支障をきたします。

共同生活を送る以上、お互いの妥協は大切ですし我慢をすることも大切です。しかし可愛い愛猫のため、極力ストレスを与えないように気をつけてあげながら仲良く暮らすようにこころがけましょう。

みんなのコメント

  • 神守清子 より:

    おー。

  • 神守清子 より:

    猫は嫌いな音がいっぱいだな

  • はな より:

    今、お隣さんが塗装の為に足場を組んでいます。
    その金属音が嫌いなようで明らかにビクッとして落ち着かなく、ウロウロしています。塗装は20日位らしいので我慢しないといけませんね。
    掃除機とドライヤーのも嫌みたいです。

    ただ雷の音は全然平気で、ピンポンのチャイムの音は人見知りなのに「誰?誰?」という感じで興味を持ちます(笑)
    後、男性と間違えられた事があるくらい私の声は低いのですが、家族の中で一番懐いています(笑)

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ