猫の身体にとってハンドクリームは危険!おすすめの完全無添加商品

乾燥が気になる冬になると活躍するのがハンドクリーム。良い香りのするハンドクリームや、つけた瞬間から素早く潤う高品質のハンドクリームなど、様々な種類の商品が発売されています。

乾燥が気になる冬に限らず、水仕事が多い方は一年中ハンドクリームを愛用している方も多いのではないでしょうか?しかし、このハンドクリームは猫にとって大変危険なものであるのをご存知ですか?

気に入って使っているいい香りのするハンドクリームを付けた手で愛猫を撫でてしまうと、取り返しのつかない事態を巻き起こす可能性も。今回は意外と知られていない、猫に与えるハンドクリームの危険性についてご紹介しましょう。

猫にとってハンドクリームが危険な理由

生活の身近なアイテムであるハンドクリームは何かと乾燥しやすい手を保護するために大変便利なものですよね。さらに、ハンドクリームによってはとても良い香りがするものも多いので、自分のお気に入りの香りのするアイテムを探すのが趣味となっている方も多いのでは?

しかし、何気なく使っているそのハンドクリームは猫にとって大変危険なアイテムとなっている可能性があるのをご存知でしょうか?特に良い香りがするハンドクリームは猫にとって中毒を引き起こす原因となっていることも。

ハンドクリームに含まれるアロマオイルが原因

ハンドクリームが猫にとって危険な理由としては、使用されている香料に関係があります。お花の香りなど、思わずうっとりしてしまう匂いのハンドクリームにはアロマオイルやエッセンシャルオイルが使われています。

このアロマオイルやエッセンシャルオイルは、人間にとっては癒し効果をもたらすアイテムですが、猫にとっては体に取り込んでしまうと分解ができない危険な成分であることをご存知でしょうか?

これは人間の肝臓と違って、猫の肝臓はアロマオイルなどの成分を分解できないことに関係があります。そのため、アロマオイルが使われているハンドクリームを付けた手で愛猫を撫でてしまうと、被毛についたハンドクリームの成分をグルーミング時に舐めてしまい中毒を引き起こすのです。

さらに、人間にとっては心地よい香りのものでも嗅覚が優れている猫にとっては激臭に感じてしまう場合もあります。

全てのハンドクリームが当てはまるわけではありませんし、アロマオイルの中には猫に害のない種類もあるようですが、素人判断で使用をするのは危険ですから、あまりにも香りのきついハンドクリームは避けるようにしましょう。

ハンドクリームに使用されている成分が危険

ハンドクリームは人が使用をしても基本的に安全であるものが販売されていますが、この安全性が確認をされているのはあくまでも人に対してです。人間と猫では体の作りも分解できる成分も違いますので、人間には安全なハンドクリームでも猫にとっては十分に害となる成分がたくさん使われています。

たとえ「肌に優しい」と言っている商品でも、ハンドクリームに使われている保存料、香料、化学薬品は猫にとって危険なものである可能性は十分にあります。

たとえその成分が人間にとってはほぼ無害なものであっても、猫にとっては少量でも中毒を引き起こす原因となることも珍しくはありません。ぜひ、愛猫のことを大切に思うのであればどれだけ肌に優しいハンドクリームでも、直接愛猫が口に入れないように細心の注意を払ってください。

ハンドクリームを好んで舐める猫も

ハンドクリームは猫にとって危険なものであるにも関わらず、なぜか飼い主様がハンドクリームを付けるとわざわざ舐めようとしてくる変わった猫ちゃんも少なくないようです。ハンドクリームを付けた手を舐めたがる猫ちゃんの真意はわかりませんが、その理由は様々なことが言われています。

ハンドクリームの味が好き、飼い主様の手についた不快なものを取ろうとしてくれている、ハンドクリームの匂いが気に入らず舐めとろうとしているなどなど。その理由はわかりませんが、猫がハンドクリームを舐めてしまうのは非常に危険です。

できればハンドクリームを使用しないようにするか、ハンドクリームを付けたら愛猫と接触をしないようにするなどの工夫をしましょう。

猫に安全なおすすめハンドクリーム

ハンドクリームは愛猫にとって危険とはわかっていても、手が乾燥してしまうのはつらいですし、ハンドクリームを付けないとアカギレだらけになってしまうという方もいらっしゃるでしょう。そんな方にはこちらのハンドクリームがおすすめです。

▼サプミーレ ハンドクリーム
サプミーレハンドクリームの商品画像

こちらは大変珍しい完全無添加のハンドクリームです。天然100%由来の成分しか使われていないため、猫が舐めても安心安全だと数多くのサイトでも紹介されているおすすめの商品です。

完全無添加であるため、使用期限は3ヶ月と通常のハンドクリームよりも短いですがその分、愛猫が舐めても安心です。ぜひ猫が舐めても安心なハンドクリームをお探しならば試してはいかがでしょうか。

ハンドクリームを使わない選択肢も

猫に安全なハンドクリームは天然成分100%の商品です。しかし、そのような商品でも猫に積極的に舐めさせていいということではありません。ハンドクリーム自体が猫にとっては不要なものですから、できれば猫を撫でるならば使用を避けるのが無難です。

それでも、手の乾燥が気になる、猫を触りたいけれど手荒れはどうにかしたいという方はハンドクリームの代わりにオリーブオイルを使用してはいかがでしょうか?

高品質なオリーブオイルは肌に潤いを与えてくれるため、美容のために好んで顔などに使用をしている方もいらっしゃいますし、食品ですから猫の口に入っても安全です。また、ワセリンも動物病院で治療のために処方されることもあるほど、猫への安全性は高いのでハンドクリームの代わりに使用するのはおすすめです。

さらにハンドクリームよりも安価で手に入りやすいのもオススメのポイントです。愛猫の安全を考えるのであれば、ハンドクリームではなくハンドクリームの代わりになるものを使用するようにしてはいかがでしょうか?

ハンドクリームの危険性を知って愛猫の健康を守ろう

ハンドクリームによって中毒を起こし嘔吐や下痢、さらには肝臓機能の低下を引き起こす猫は意外にも多く、ちょっとだけという気の緩みが愛猫の健康を脅かしている可能性はとても高くなっています。

とても身近で何気なく使用しているハンドクリームが愛猫にとっては危険なアイテムだったという事実に驚いている方も少なくないでしょう。たとえ人間にとっては安全なものでも、猫にとっては命を脅かす大変危険なものはたくさんあります。

これを機会に、もう一度周りの物を見渡して愛猫にとって危険なものがお部屋にないか確認をしてみましょう。その行為が、愛猫の命を救うことに繋がるのです。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ