猫がゴロゴロしない理由6つ。隠された嬉しい&ショック!な理由とは

甘えるときに出してくれるゴロゴロというあの独特の音はヒトに対して癒し効果があるとして、近年注目をあびていましたが、猫によってはゴロゴロしない子も存在しています。

猫はリラックスをしているときはゴロゴロすると聞いていたのにしないってことは、まさか本当は安心してくつろいでくれていないの?そもそも信頼されていないの?愛情が伝わっていないの?

なんて不安に思っている方たちのために、今回は猫がゴロゴロしない理由をご紹介しましょう!

猫がゴロゴロしない6つの理由

「うちの愛猫は顔を撫でてあげるとすぐゴロゴロ言ってくれるの」「私の愛猫は家に帰ったとたんにゴロゴロ言ってくれる!」

そんな話を聞いて、ゴロゴロしない自分の愛猫はどこか病気なのだろうか?もしかして自分は嫌われているのではないだろうか?なんて不安になっていませんか?

しかし、猫がゴロゴロする、ゴロゴロしないというのは個体差が大きく関係しています。まずは、猫がゴロゴロしない理由について考えてみましょう。

警戒心が強い

ゴロゴロしない猫の性格としてまずあげられるのが、警戒心が強いという特徴があげられます。

特に野良猫や、野良猫生活が長かった猫はヒトに限らず他者に対して完全に信頼をすることがない、または他者を信用することを知らない場合もありますので、なかなかゴロゴロ言ってくれない場合が多いようです。

しかし、そんな警戒心の強い猫ちゃんでも長く生活を共にしていたり、根気よく愛情を注いであげると徐々に信頼感を持ってくれて、フトした瞬間にゴロゴロしてくれる場合もあります。

ちょっと警戒心が強くて、接しにくいと感じたとしても、その猫のペースで焦らずゆっくりと慣らしてあげるようにしてくださいね。

自立心が強い

猫がゴロゴロする理由をご存知ですか?喉を鳴らすのは子猫が母猫に対して甘えているからです。つまり、愛猫が飼い主様に対してゴロゴロと音を鳴らすのは母猫だと思って甘えているのです。

そんなゴロゴロと喉を鳴らす猫と違い、ゴロゴロしない猫は親離れがきちんとできている自立心のある猫だといえます。実際に野生で生きる猫は、物心がついたころにきっちりと親離れができているため子猫のような甘え方をしません。

しかし、幼いころからヒトに飼われている猫の場合、親離れが上手にできていないことが多いようです。そのため精神的に幼い猫が多く飼い主様に対してゴロゴロと甘えるようです。

ただ飼い猫の中でも自立心が元々強い大人っぽい猫ならばゴロゴロしないのです。

ゴロゴロ以外で愛情表現をしている

猫の中でもゴロゴロしないだけで、ちゃんと飼い主様に甘えたり愛情を表現していたりすることもあります。

たとえば飼い主様の目を見ながらゆっくりまばたきをする、帰宅するとすぐに飼い主様にスリスリして自分のニオイをつける、寝るときは必ず近くにいるなど、その猫によって甘え方はさまざまです。

そのため多くの猫がするゴロゴロをしないからといって、愛猫が全く甘えていないと思わないようにしてあげましょう。普段何気なくしている愛猫の行動は、もしかしたら飼い主様に対しての精一杯の愛情表現かもしれませんよ?

▼猫からの愛情表現は色々あります
猫からどれだけ信頼されてる?しぐさでわかる10の愛情表現

去勢、避妊をした

猫のゴロゴロは通常子猫時代に行う甘え行動です。そのため以前はゴロゴロと喉を鳴らしていたのに、避妊手術を行ったらゴロゴロしなくなった!という猫も多く存在しているようです。

特に、もともとゴロゴロ言わない猫だった場合、避妊去勢手術をきっかけに全くしなくなる確率が高いという話もあります。

手術をきっかけに自立心が芽生えたのか?何か大人になるターニングポイントとなったのか?たまたま大人になったタイミングと手術のタイミングがあっただけなのか?

その理由はわかりませんが、避妊去勢手術が一つのきっかけとなることも多いとのことです。

▼避妊去勢手術のあとは太りやすくなるので、ごはんにも気を付けていきたいですね
猫の去勢後・避妊後の食事は要注意!手術後の餌の選び方

撫でるのが下手

ちょっと考えたら悲しくなりますが、撫でるのが下手でゴロゴロしないということも考えられます。

猫がゴロゴロするときはリラックスしているときや、撫でられて気持ちいいと感じているときが多いのです。つまり、撫でられてもあまり気持ちいいと思わなければゴロゴロしないということです。

もし愛猫がゴロゴロしないというときは、撫で方を変えてみたり、撫でるポイントを変えてみたりしましょう。

猫が気持ちいいと感じるポイントは個体によって違います。あまりゴロゴロしないときは、撫でるポイントや撫でる力加減を変えるだけでツボに入るかもしれませんので、ぜひいろいろな撫で方を試してみましょう。

▼猫を撫でるのにはタイミングも大事なんです
猫の撫で方、完全版!猫が気持ちいいところとタイミング

小さな声でゴロゴロしている

愛猫がゴロゴロしないと悩んでいる方、本当に猫ちゃんはゴロゴロしていないのでしょうか?

もし、ゴロゴロしないけど撫でられると気持ちよさそうに目を細めたり、ごろんと寝たりする場合は、飼い主様が気付かないくらいの小さな声でゴロゴロ言っているかもしれませんよ。

ゴロゴロという音は猫によってボリュームが違い、少し離れたところにいてもゴロゴロという音が聞こえる子もいれば、お腹に耳をピッタリとくっつけないと聞こえない場合もあります。

ゴロゴロしそうな顔をしているのに、ゴロゴロしないというときはそっと愛猫のお腹や喉元に耳を近づけてみてください。本当に小さな音でゴロゴロしているかもしれませんよ?

▼もしかするとゴロゴロ…でない場合もあります
猫から聞こえるグーグー音の正体。鼻・お腹・喉のどこで鳴ってる?

猫がゴロゴロしないときに考えられる病気

いつもは盛大にゴロゴロと喉を鳴らして甘えてくる愛猫が最近ゴロゴロしない。そんなとき飼い主様なら心配になってしまいますよね。

前述したように、猫がゴロゴロしないのは自立心が芽生えて、子猫気分がなくなった。つまり大人になったということも考えられますが、中には病気の可能性があります。

ストレス

猫がゴロゴロしないのと同時に、過度なグルーミングや元気減退、食欲不振などが見られる場合は、ストレスが原因となっているかもしれません。ゴロゴロと喉を鳴らすということは、心身共にリラックスをしている状態ではないとしません。

そのためストレスで精神的に不安定になっているときや、不安や恐怖で頭がいっぱいになっている状態だと、どうしてもゴロゴロしなくなるのです。

もし、愛猫が急にゴロゴロしなくなり、他のストレス症状が出ているという場合は、生活環境を改めてあげるようにしましょう。

風邪

ゴロゴロしないのと同時に、寒そうにぶるぶる震えている、下痢をしている、鼻水が出ているという場合は風邪の可能性を疑いましょう。特に猫は、寒いのが苦手なので風邪は引いていないとしても室内が寒すぎて、風邪のような症状が現れることもあります。

▼猫風邪か、それとも別の病気なのか…猫の様子を観察してみよう
猫のくしゃみの原因6つ。危険なくしゃみの特徴はコレ!

もし、お部屋が寒すぎて震えているようならば部屋の温度を上げて、体を温めてあげてから体調を見てあげるようにしましょう。

あまりにも症状がひどい場合は、獣医師に相談をして適切な治療を受けさせてあげてくださいね。

内臓疾患

猫は病気をしても、飼い主様に隠してしまう動物です。そのため、愛猫の様子がおかしいと思って受診をしたら、すでに病気が重症化していた!なんてこともめずらしくはありません。

猫の病気を早期発見するには、ちょっとした愛猫の変化や普段の生活をしっかりと観察してあげるのが大切です。

特に気を付けないといけないのは泌尿器系と腎臓疾患です。この二つの病気は猫の死因となる可能性の高いものです。

  • 多飲多尿
  • 脱水症状
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 血便
  • 下痢
  • 嘔吐

このような症状と共に、ゴロゴロしない日々が続くようでしたら病気の可能性を疑うようにしましょう。

▼システムトイレなら猫のおしっこの状態を確認しやすくなります
猫砂よりシステムトイレがおすすめ!におわない仕組み&活用法

ゴロゴロしない猫が見せる愛情表現を知っておこう!

我が家の愛猫はゴロゴロしない、もしかして愛情を持ってくれていないのかも?信頼してくれていないのかも?なんて不安になっている方は、愛猫が本当にゴロゴロしないのかよくよく観察してみましょう。

もしかしたら聞こえていないだけで、いつもゴロゴロしてくれているのかもしれませんよ。また、ゴロゴロしない場合でも飼い主様に愛のサインを送ってくれているかもしれません。

ゴロゴロしない=愛情がないというわけではありません。ゴロゴロいう猫が多いというだけで、世の中にはたくさんゴロゴロしないのに愛情深い猫が存在しています!

大切なのは、その愛猫のサインに飼い主様が気付いて答えてあげられるかということ。ぜひ愛猫の愛情表現を見逃さないようにしましょう。

みんなのコメント

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ