人懐こいヨーロピアンショートヘア。はじめて猫を飼う人にもおすすめ

ヨーロピアンショートヘアという猫はセルティックショートヘアともよばれ、品種として認められたのがまだ最近のことなので、はじめて名前を聞く人もいるかもしれません。

丸顔でがっしりした体型のかわいらしいヨーロピアンショートヘアについてまとめました。

土着猫だったヨーロピアンショートヘア。そのルーツとは

ヨーロピアンショートヘアは、その名の通りヨーロッパで誕生した猫種です。

もともとその土地で自然に生息していた猫なので、ブリーダーの交配による繁殖ではありません。

約二千年前、ローマ皇帝の時代にヨーロピアンショートヘアの記録が残っているといわれるほど長い歴史をもっているにも関わらず、血統登録団体に認定されたのは最近という変わったルーツをもつ猫です。

実は、1982年までヨーロピアンショートヘアはブリティッシュショートヘアと同じグループに分類されていました。

ブリティッシュショートヘアは、イギリス最古の歴史をもつ猫ともいわれている、その名の通り短毛でかわいらしい品種の猫です。

あの『ふしぎの国のアリス』に登場するチェシャ猫のモデルにもなったといわれています。

ヨーロピアンショートヘアに比べると個体数も多いので、ペットショップで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

このブリティッシュショートヘアがヨーロッパでとても有名な猫だったので、見た目が似ているヨーロピアンショートヘアは、同じような猫種として扱われていました。

ヨーロピアンショートヘアは、もともとスウェーデンに生息していた猫です。ブリティッシュショートヘアと勘違いされながらも、ヨーロッパのさまざまな場所で生きてきました。

1982年、スカンジナビア半島の土着猫として生息していたヨーロピアンショートヘアは、1「国際ネコ科連盟(Fédération internationale féline)」という血統登録団体に品種として認定されました。

土着とはその土地に長く住み着いているという意味です。

1982年の品種登録は、ヨーロッパに長く住みついている猫をひとつの種類として確立させようという取り組みのひとつかもしれません。

まだまだめずらしい猫で、日本でも希少価値の高いヨーロピアンショートヘアですが、ヨーロッパの地方ではなじみのある人気の猫です。

ヨーロピアンショートヘアの特徴

そんなに古いルーツをもつヨーロピアンショートヘアの特徴は、どのようなものがあるのでしょうか。

長い間、ヨーロピアンショートヘアはイギリスのブリティッシュショートヘアやアメリカのアメリカンショートヘアに似ている猫として知られていました。

たしかに、まん丸い目や筋肉質な身体がブリティッシュショートヘアに似ていますが、ブリティッシュショートヘアと比べると、少しだけスリムです。

平均の体重はオス5.5〜7kg、メス3.5〜5kgくらいで、一般的な体重の猫種といえます。

体型はがっちりとした筋肉質で、セミコビータイプに分類されます。

猫は大きくわけて、

  • コビー
  • セミコビー
  • フォーリン
  • セミフォーリン
  • オリエンタル
  • ロングアンドサブスタンシャル

の6体格に分けられるのですが、ヨーロピアンショートヘアの体型は

  • アメリカンショートヘア
  • マンチカン
  • スコティッシュフォールド
  • シンガプーラ

と同じセミコビータイプです。運動が得意な太めの四肢がかわいらしい猫ちゃんです。

被毛の色は、

  • ブラック
  • レッド
  • ブルー
  • クリーム
  • タビー
  • ホワイト

などさまざまです。

また、まったく色素のないヨーロピアンショートヘアも確認されています。

この突然変異の猫種はヨーロピアンアルビノとよばれ、今のところ血統を公認している団体はありません。

毛色の模様は

  • 縞(しま)
  • 単色
  • パッチ

の3タイプです。

縞はご想像通り、毛色の模様がしましまになったタイプです。タビーとよばれることもあります。

色アメリカンショートヘアなども、縞模様の猫ちゃんが多いですね。縞になっている被毛の色の組み合わせはさまざまです。

単色は毛色の種類が一つだけのタイプで、ソリッドとよばれることもあります。

被毛のほとんどが単色ですが身体の一部だけ他の毛色になっている場合もあります。

パッチは縞にもう一色入り3色の模様になった毛色をさします。

ヨーロピアンショートヘアのパッチは、三毛猫のように三色がだいたい均等にあらわれるのではなく、縞ともう一色の部分の面積はあまり大きくあらわれない場合が多いです。

シルクのように光沢があるやわらかい毛質は短毛で、アンダーコートが生えていません。

猫は一般的に

  • オーバーコート
  • アンダーコート

という2種類の被毛が生えています。

オーバーコートは身体の表面を覆う被毛で、水をはじいたり紫外線を避けるなど、外の刺激から身体を守る働きをしています。

部屋のあちこちにちらばる毛は主にこのオーバーコートで、しっかりとした毛なので洋服やカーペットにつくとなかなか取りにくいです。

アンダーコートは身体の内側に生えている細くて柔らかい毛で、体温を保持する役割があり、季節にあわせて抜け替わるなど、体温調節にも役立っています。

ヨーロピアンショートヘアにはこのアンダーコートがないので、抜け毛は少ないです。

短毛でも週に1回程度は必ずブラッシングをしてあげましょう。

ふけや皮膚病の予防になるだけでなく、飼い主さんと愛猫のコミュニケーションにもなる大切なトリミングです。

くるんと丸い目もかわいらしいヨーロピアンショートヘアですが、目の色は被毛によってさまざまなパターンがあります。

賢く人懐こいヨーロピアンショートヘアははじめて猫を飼う人にもぴったり

ヨーロピアンショートヘアは警戒心も低く、人に懐きやすい猫だといわれています。

もともとヨーロッパの自然に生息していたこともあり、大変活発です。

遊ぶことが大好きなので、飼い主さんは15分でも良いので毎日遊んであげてください。

もともと野生に住んでいたヨーロピアンショートヘアは、ネズミ捕りが得意だったため、飼い主さんのおもちゃに積極的にじゃれてくれるでしょう。

運動が大好きなので、元気に走り回ることができる環境を整えてあげてください。家具も危なくないように配置しましょう。

適応力も高く頭も良いヨーロピアンショートヘアは、性格もフレンドリーなので、お子さんがいる家庭にも向いています。ファミリー向けの猫ちゃんですね。

しかし、縄張り意識が強い猫なので、多頭飼いをするときは自分だけのテリトリーを守ってあげてください。

ヨーロピアンショートヘアが先住猫の場合、あとから来た猫ちゃんと性格があわないときは部屋を別につくるなど、気を使ってあげましょう。

ヨーロピアンショートヘアのオスは、メスと比べて甘えん坊でいたずら好きです。

これは一般的な猫にもいえることですが、メスはオスよりクールで気分屋な一面もあります。

たくさんかまって遊んであげることができる飼い主さんはオスを、クールな猫ちゃんと穏やかに暮らしたいという飼い主さんはメスを選ぶなど、性別でお迎えする猫ちゃんを選ぶのもよいかもしれません。

健康な猫種だけど、日ごろの不摂生には気をつけて

ヨーロピアンショートヘアの平均寿命は16~19年といわれ、平均的な猫の寿命より少し長生きです。遺伝的な疾患もないので、特別かかりやすい病気もありません。

もちろん、猫種や個体差によって寿命の平均はありますが、それよりも大切なのは毎日の食事や運動です。

特に、去勢・避妊した猫に多くみられる肥満や、猫がかかりやすい慢性腎不には気をつけて早くから対策をはじめましょう。

猫は自分でダイエットをしたり、病気を予防することもできません。飼い主さんの努力が必要です。

例えば、肥満を防ぐために、キャットフードを一日にまとめて与えるのではなく、何度かにわけて与えたり、カロリーを考えておやつを控えめにするなど、食事ひとつをとっても飼い主さんの心がけによって変わります。

フードは良質なタンパク質をふくんだものを適量与え、新鮮な水がいつでも飲めるように気をつけてあげてください。

食事と同じくらい運動も大切です。運動は肥満の予防だけでなく、ストレス解消にもなります。

ヨーロピアンショートヘアのように活発な猫ちゃんは、一人でも遊べるようにキャットタワーを用意してあげれば、飼い主さんがかまえないときでも上下運動で運動不足を解消することができます。

健康体の子が多いといわれているヨーロピアンショートヘアですが、日ごろから食事や体調をしっかり管理することでいつまでも健康に過ごせるよう予防と対策を徹底しましょう。

ヨーロピアンショートヘアと一緒に暮らすためには

ヨーロピアンショートヘアはとても飼いやすく、猫を飼ったことがない人にもおすすめの猫種です。

しかし、ペットショップに行ってすぐに出会える猫ちゃんではありません。

品種として確立された歴史も浅く、ブリーダーに注目されはじめたのも最近なので、ブリティッシュショートヘアやアメリカンショートヘアに比べると繁殖も少ないのが現状です。

日本では飼い猫としてまだまだめずらしい猫です。海外から輸入する方法もありますが、輸入費用や手数料もかかるため、購入の費用はそれなりの額になることを覚えておきましょう。

遊び好きで人懐こいヨーロピアンショートヘアは、しっかりスキンシップをとりたい飼い主さんにも向いています。

また、ヨーロピアンショートヘアはしつけをしやすいだけでなく、褒められることによろこびを感じやすい猫だといわれています。

言葉だけでなく、身体をなでるなど、たくさんコミュニケーションをとって、かわいらしく活発なヨーロピアンショートヘアと楽しく暮らしましょう。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ