カカカ、ケケケと猫が鳴くクラッキングの秘密。あやしい噂もご紹介

猫と生活している方なら聞いたことがある言葉「クラッキング」。聞いたことはあるけどクラッキングって何?という方。

虫や鳥を見た時に猫が出すあの鳴き声と言えばわかるでしょうか?歯を打ち鳴らすあの特有の音をクラッキングというのです。

しかし、このクラッキングという鳴き声を猫はなぜあげるのでしょう?今回はとっても不思議な猫の鳴き声であるクラッキングをご紹介します。

何かに取りつかれたようにクラッキングをする猫ちゃんの本音は果たして?

ケケケ、カカカ、これは猫のクラッキング

クラッキングとは猫が鳥や虫を見た時にあげる「ケケケ」や「カカカ」といった、普段とは違う音のことをいいます。

窓の外をおとなしく眺めていた猫ちゃんが急に「カカカカカ」とクラッキングを始めて驚いたという方も多いのではないでしょうか?

クラッキングをそもそも聞いたことがないという方は、まずはこちらをご覧ください。

▼YouTube動画「鳥を見てクラッキングする猫」

こちらが猫のクラッキングです。聞けば聞くほど不思議ですよね。

いったいこのクラッキングという行動の意味とは何でしょう?

クラッキングは「獲物が取れずイライラしている」

獲物が取れずイライラしている猫のイラスト

猫がクラッキングをするタイミングで代表的なのが、窓の外に虫や鳥を見つけた時ではないでしょうか?

猫は元々狩猟をする動物で、自分の食べ物を得るため以外にもストレス解消や運動不足を解消するという意味でも、獲物を追いかけて捕まえます。

この本能があるからこそ、飼い猫で狩猟をしなくても食べ物を得られるのに虫を捕ってきたりネズミを捕まえたり、飼い主とねこじゃらしで疑似狩猟体験をしたりするのです。

そんな猫ちゃんが窓の外に獲物を見つけたとき、外の獲物を捕まえたいと思っても窓の外に出ることもできないため追いかけることも捕まえることもできませんよね。

そんな獲物を捕まえられないイライラからクラッキングをすると考えられています。

窓の外を見ながらクラッキングをしていたら、その視線の先に虫や鳥がいるかもしれませんので探してみると面白いかもしれませんね。

クラッキングは「獲物を見つけて興奮している」

獲物を見つけて興奮している猫のイラスト

愛猫がクラッキングをしていることに不審に思い、視線の先を見ると小さな虫がいた!そんな経験ありませんか?我が家はしょっちゅうあります。

瞬きもせずに虫を見つめながらクラッキングをする愛猫ですが、虫を外に逃がすと今までのクラッキングが嘘のようにピタッとやみます。

このように猫は、室内で虫を見つけた時にクラッキングをして自分の気持ちを盛り上げているという説もあります。

クラッキングをするのは獲物を見つけた喜びや、興奮を表しているのでしょうか?

クラッキングは「警戒音」

警戒音を出す猫のイラスト

クラッキングは獲物に対する警戒音という説もあります。威嚇音と同じような意味ですね。

獲物を見つけたらその獲物に対して警戒音を出すことで、獲物に自分の強さを主張しているという説です。

本当にそのような意味合いがあってクラッキングをしているのかは、残念ながら解明はされていませんが、もしそうだとしたら犬が獲物に吠えるのと同じ意味合いになるということですね。

クラッキングは「居場所を知らせている」

居場所を知らせている猫のイラスト

猫はクラッキングをすることで、獲物の位置を仲間に伝えているという説もあります。獲物を見つけたらクラッキングの音を鳴らして「皆見て!ここに獲物がいたよ!」と、訴えているといのです。

それこそ本当に?と、疑いたくなりますし、そもそも猫は単独で狩りをする動物なので仲間を呼ぶ行為に果たして意味があるのかはわかりませんが、考えとしてはとても面白いですよね。

虫を見つけてクラッキングをしている猫はもしかしたら飼い主様に「見て!虫がいるよ!」と一生懸命教えてくれているのかもしれません。

クラッキングは「擬態している鳴き声?」

擬態している鳴き声を出す猫のイラスト

クラッキングは擬態をしている時に出す鳴き声だという説もあります。その理由としては、猫の遠い親戚でもある山猫がクラッキングをすることで猿に擬態したという報告があるからです。

また、猫のクラッキングは鳥のさえずりを擬態しているという説もあります。

鳴き声をまねることで狩りをしやすくしているのでしょうか?もともと猫は狩猟をする動物ですから、説得力のある説明だともいえますね。

猫のクラッキングの仕組み

猫のクラッキングをする意味についてご紹介しましたが、いったいどうやってこのような鳴き声を出しているのか不思議に思いませんか?

そこで猫のクラッキングの仕組みを調べてみたところ、どうやらクラッキングは歯を素早く打ち鳴らすことで出しているようです。

猫のクラッキングの仕組みのイラスト

また一説では、この音を出しているのは猫の条件反射であるとも言われています。

何も知らずにクラッキングを見たら「何かの発作かな!?」「病気かな!?」と、心配になってしまいますが至って自然な現象なので安心してくださいね。

猫のクラッキングは宇宙と交信している?クラッキングの不思議な噂

クラッキングで宇宙と交信する猫のイラスト

猫がクラッキングをする理由には様々な説が唱えられていますが、実は猫がなぜクラッキングをするのかは解明されていないのです。

さらに、クラッキングはどんな猫でもするわけではなく、クラッキングをしない猫というのもいます。

いったいクラッキングをする猫としない猫の間にはどんな差があるのか?そもそもクラッキングとはどんな意味が隠されているのか?そんな謎の行動に様々なおもしろい噂もささやかれているのです。

そんな、クラッキングの不思議な噂もせっかくなのでご紹介しておきましょう!

宇宙と交信している

とっても胡散臭い話ですが、猫がクラッキングをするのは宇宙と交信をしているためという説があります。

誰が言い出したのか、何を根拠にそのような噂が生まれたのかはわかりませんが、クラッキングをなぜするのかという謎が解けていない以上、絶対にありえないとは言えないですよね。

猫は元々神秘的な動物ですし、不思議な話もたくさん存在していますのでもしかしたら本当にクラッキングをすることで宇宙と交信しているのかもしれませんね。すべては猫のみぞ知るというやつです。

虫や鳥と会話をしている

猫のクラッキングは小鳥の鳴き声にも似ているような気がしませんか?

そのようなことから、猫がクラッキングをしているのは虫や鳥を捕らえようとしているのではなく虫や鳥と友好的に会話をしているのだという素敵な説もあります。

確かに、我が家の愛猫の毎朝の日課はベランダに来る小鳥にクラッキングをすることなので、あれは警戒音をあげていたのではなく友達と会話をしていたのかも!?と思えたりもします。

もしクラッキングをすることで、小鳥や虫と会話をしているのだとしたら、クラッキングをしている猫の目の前で虫を処理したり逃がしたりするのは少々かわいそうかもしれませんね。

遠くの仲間と交信をしている

猫はテレパシーで遠くの猫と交信しているという怪しい噂があるのをご存知でしょうか?この交信をするときに使うツールこそがクラッキングだというのです。

獲物である虫や鳥を見つけた時にクラッキングをすることで、遠くの場所にいる仲間の猫にテレパシーを送って知らせているというのです。

嘘か誠か。信じるも信じないもあなた次第ですよ。

クラッキングの謎が解き明かされるとき、意外な真実が明らかになるかも?

クラッキングは現在なぞこのような行動をするのかわからないというのが現状です。もっとも有力なのが、小鳥や虫を見た時に狩猟本能が刺激されて出す鳴き声だということです。

しかし、クラッキングがなんのためにあるのかということはわかっていないため、本当に宇宙と交信していたり、テレパシーを使っている可能性もあります。何が真実なのかわからない、それがクラッキングなのです。

愛猫のクラッキング、あなたはどう思いますか?

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ