猫がピンチなら119番へ。消防へのペットレスキューは要請してOK

猫が何らかの理由によりピンチに陥ったり、救助が必要になった場合、どこに助けを求めれば良いのか困ってしまいますよね。人間の場合であれば119に連絡をすればすぐに駆けつけてくれますが、ペットのこととなるとどのようにすればいいのかわからなくなりますよね。

自分にとっては大切な家族であり、かけがえのない存在であっても、他人にとって猫は所詮猫だと思っている方もいれば、猫ごときでレスキュー隊を呼ぶなんて!と思われてしまうかもしれない。

しかし、大切な愛猫をどうにかして助けたい!そんな方のために、今回は猫がピンチに陥った時やレスキューを頼むべきところについてご紹介しましょう。

猫のレスキュー要請は消防にしてOK

結論から申し上げますと、飼い猫のレスキューは消防隊に連絡をすれば行ってくれます。実際に猫を始めとしたペットの救助要請は年間500〜600件ほどあり、そのほとんどに消防隊が出動しています。

また、犬猫の飼育頭数は現在日本でも2000万頭以上と言われており、年々ペット関連の救援要請が多くなっている傾向にあるようです。そんなペット事情に合わせて消防隊員もペットレスキューの技術を向上させているようです。

そのため、猫が高いところから降りられなくなった、穴に落ちてしまった、出られなくなってしまったなど、素人では救助が困難であるような場合も、消防隊に連絡をすれば助けてくれる場合があるということです。

ただし猫のレスキューよりも人間が優先される

猫のレスキューを消防隊がやってくれるという事実に驚いた方もいらっしゃるでしょうが、注意をしてもらいたいのが、猫のレスキューはあくまでも時と場合によります。そのため、猫のレスキューよりも優先されるのは人命救助であり、ペットである猫は二の次となってしまいます。

消防隊員やレスキュー隊員はあくまでも人間を助けるために存在している機関であり、助けなければいけない人間がいるのであれば人命が優先されるのは仕方がないことです。特に災害時などは、助けを必要とする人が存在していますので場合によっては猫まで手が回らないことがあるのも事実です。

ただ、手が空いていれば消防隊員も助けるために全力を尽くしてくれるはずですから、もし愛猫がピンチに陥った時は助けを求めてみるようにしましょう。

野良猫のレスキューは残念ながら受けてくれないことも

消防隊員は人間だけではなくペットも助けてくれるという何ともありがたい存在ですが、ペットではなく野良猫の場合は残念ながら消防隊員もレスキューはしないということです。その理由としては、消防隊員がペットを助けるのは法律で「財産を災害や火災から守ること」という項目があるためです。

これは「消防法第一条」によって定められており、法律上共有財産として認められているペットはこの消防法第一条の「火災からの保護、災害による被害の軽減」の対象となっているためです。

しかし、飼い主のいない野良猫は残念ながら誰の共有財産でもなければ誰の物でもありません。そのため消防隊員も保護をしなければならないということは一切なく、出動をする義務もないのです。

仮に野良猫を救出したとしても、消防は保護施設でもなければ動物の愛護団体でもないため猫の長期間保護や飼育を行うことはできません。

ただし、レスキューを要している猫を連絡した人が責任を持って保護をするという場合は話が別でしょうから、もしレスキューを必要とする野良猫を見つけて、貴女が責任を持って飼育できるというならば、消防隊に一度相談をしてみましょう。

ただし、連絡をした時に、他の救助要請が入っていたり、救助が必要な人間がその場にいた場合はそちらが優先されますのであらかじめ了承しておきましょう。

海外ではペットレスキューは当たり前

最近ではペットが増加するにあたり日本でもペットレスキューに関する認識が広がって来ていますが、ペット先進国であるイギリス・カナダ・フランス・ドイツなどではどのような災害現場でも、人命救助の次にペットの救助や応急処置、救命活動を行うのは当たり前のことだとされています。

その理由は、ペット先進国ならではの考えで「火災現場や災害現場から飼い主だけが助かっても、その場に置き去りにしたペットがいるとしたら自分だけが助かったことに罪悪感を覚え、激しいトラウマやペットロスに苦しむ人生を歩むことになるため」というものです。

それほど海外では「ペット=家族」という認識が高いということです。実際に海外の消防隊やレスキュー隊の車にはペット用の応急処置道具が搭載されています。また消防隊員もペットレスキューの知識を身につけており、災害現場で被災しているペットを発見すればすぐに救命活動を行えるようになっています。

▼YouTube動画 GoPro: Fireman Saves Kitten

こちらは海外でおきた火災現場から救出される猫の様子を納めた動画です。火災現場で命を落とそうとしていて子猫が、消防隊員の救命活動により息を吹き返す姿は感動します。

おそらく日本では、このような猫の救命活動は難しいでしょうが、いつの日かこの子猫のように、当たり前のように救出されるペットが増えることを願うばかりです。

日本で実際にレスキューされた猫の事例

海外のようにペットレスキューはそこまで普及していないですが、それでも年間500〜600匹のペット達が消防隊員によって救出をされているのは事実です。そんな日本で実際に起こった動物レスキューの中でも猫が関連している事案は以下のような物があります。

  • 排水溝に落ちた子猫の救出
  • マンホールに落ちた猫の救出
  • ビルの外壁で立ち尽くす猫の救出
  • 木から降りられなくなった猫の救出
  • 川の中洲に取り残された猫の救出
  • 火災現場にて飼い主と共に救出された猫
  • 交通事故により動けなくなった猫

などなど。消防隊員は飼い主様の救助要請にできるだけのことはしてくれます。人命が優先されるため、時には悲しい選択を迫られることもあるでしょうが、愛猫の命を救えるのは飼い主様しかいません。

何も行動をせずに諦めるのではなく、できる限りの手を尽くし、考えつく限りの救助要請を懇願すれば、助かる命もあるはずですよ。

民間企業でも猫のレスキューに協力をしてくれるところも

消防隊がなかなか到着しない、消防隊を呼ぶのはちょっと、という方は民間企業を頼るのも方法です。そこまで多くはないですが、猫のレスキューに協力をしてくれる企業や団体がいくつか存在しているようです。

また、街の便利屋さんなどでも猫のレスキューを手伝ってくれる場合もあるようです。レスキューに必要な機材であったり、専門の知識が必要な場合は消防へ連絡をする方が良いでしょうが、いざという時は民間企業にダメもとでお願いをしてみる方法もあるというのは覚えておきましょう。

また、多頭飼育崩壊や飼い主が亡くなったことにより取り残された飼い猫の保護は地域のボランティア団体などに問い合わせてみると、知恵を貸してくれることもあります。猫の保護団体はほぼボランティアで活動をしているだけではなく、保護をする余裕がない場合もあります。

しかし、相談をすれば必ず何らかの知恵は貸してくれるはずですから困った時はぜひ頼ってみましょう。もし動ける場合は一時保護をして、ご自身で里親を見つけるのも方法ですよ。

猫のレスキューが発展することを願うばかり

災害時や何らかの事故に巻き込まれた時、消防隊に連絡をして救助が要請できるというだけで愛猫家としては気持ちが楽になったのではないでしょうか?しかし、諸外国に比べてペットレスキューの技術や認識がまだまだ乏しいのは否めません。

これから先、少しずつでもいいからペットも人間と同じ大切な命であるという考えが広がり、消防隊員が猫を助けるのは当たり前という認識が広がればいいですね。

あなたの一言もどうぞ

ページトップへ